テレワーク実施率は大都市圏で3割超、テレワークが転職希望条件とする割合は4割に迫る

2020年11月25日

テレワーク実施率は大都市圏で3割超、テレワークが転職希望条件とする割合は4割に迫る

 テレワーク実施率は、大都市圏で30.5%、地方主要都市で20.2%となっていることが、人材サービス産業協議会の調査で明らかとなった。

 テレワーク実施率を職種別にみると、「IT系技術職」(72.4%)、「営業職(法人向け営業)」(71.4%)、「総務・人事」(61.3%)の実施割合が高い。

 一方、「販売職」(8.9%)、「(飲食以外)接客・サービス」(6.6%)、「(飲食)接客・サービス」(5.7%)、「製造(組立・加工)」(3.6%)の実施割合は低かった。

 今後「テレワークを活用していきたい」とした人の割合はテレワーク実施者で73.3%、非実施者でも28.3%と3割弱が活用意向を示している。

 今後「テレワークを活用していきたい」とした人の割合は大都市圏で44.5%、地方主要都市で34.9%と10ポイント程度の差となっている。

 テレワークを転職希望条件とする割合は大都市圏で43.2%、地方主要都市でも35.7%と高い。

 職種別にみると、「IT系技術職」(68.4%)で7割弱、「営業職(法人向け営業)」(51.4%)、「総務・人事」(57.7%)、「営業職(個人向け営業)」(47.2%)、「財務・会計・経理・法務」(52.1%)で5割前後が転職の希望条件として回答した。テレワーク実施率の低い「販売職」「接客・サービス」「製造(組立・加工)」でも2?3割前後が希望条件としている。

 テレワーク転職希望条件の理由は、「通勤負荷が減少する」(61.4%)を最も多く挙げており、「自分のペースで仕事の時間を管理できる」(49.9%)が約5割と続く。

 転職先企業に求める施策は、「テレワークに対する会社の方針が明確になっていること」(61.1%)を挙げる割合が最も高い。次いで「労働時間の管理」(49.8%)、「通信費・光熱費など自宅のテレワーク環境の支援」(49.2%)も高い。

 調査は、2020年8月7?11日、大都市(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、京都府、大阪府、兵庫県)、地方主要都市(札幌市、宮城県、愛知県、広島県、福岡県)に住み、現在の職業が雇用者で転職意向のある20~59歳男女2500人を対象にインターネットで実施した。

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

人事のお役立ちコンテンツ

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。