2020年に転職した人の平均年齢32.0歳、調査開始以降最も高い結果に パーソルキャリア調べ

2021年3月24日

2020年に転職した人の平均年齢32.0歳、調査開始以降最も高い結果に パーソルキャリア調べ

 2020年に転職した人の平均年齢は32.0歳だったことが総合人材サービス会社であるパーソルキャリア(東京・千代田、峯尾太郎社長)の調査で分かった。2019年の平均年齢と比べ0.3歳上昇しており、調査を開始した2008年以降で最も高い年齢となった。

 2020年に転職した人の平均年齢は32.0歳となった。男女別では、男性は前回から0.4歳上昇の32.5歳、女性は0.3歳上昇の29.8歳と、ともに平均年齢が上がり、いずれも調査を開始した2008年以降で最も高い年齢だった。

 転職成功者の内訳を年代別に見てみると、「24歳以下」が2019年の10.3%から0.9ポイント減の9.4%、「25~29歳」が2019年の39.4%から0.6ポイント減の38.8%だった。

 一方、「30~34歳」は23.2%から0.2ポイント増の23.4%、40歳以上は14.3%から1.2ポイント増の15.5%と増加した。

 この要因についてパーソルキャリアでは「新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、多くの業界で景気が後退したことで即戦力となる人材の採用が主流となり、未経験者の採用が減少傾向であるため、30歳以上の割合が増加した」と指摘。

 転職成功者の職種別の割合を2019年と2020年で比較すると、すべての年代で「技術系(IT・通信)」で転職する人の割合が増加した。

 具体的には、「24歳以下」で2.7ポイント増の16.8%、「25~29歳」で4.0ポイント増の19.2%、「30~34歳」で2.4ポイント増の20.0%、「35~39歳」で4.1ポイント増の24.3%、「40歳以上」で7.2ポイント増の28.1%と、すべての年代で他の職種に比べ「技術系(IT・通信)」が最も数値を伸ばす結果となった。

 この背景についてパーソルキャリアでは「コロナ禍で生じた"専門スキル・経験"を重視する傾向がある。また、非対面サービスの普及やテレワークに代表されるウィズコロナの働き方を支えるIT人材へのニーズの高まりも影響している」とした。

 調査は、2008年~2020年の間に、dodaエージェントサービスを利用して転職したビジネスパーソン約24万人のデータをもとに算出。

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修