コロナ関連破綻率は0.056%、ワーストは東京都

2021年9月29日

コロナ関連破綻率は0.056%、ワーストは東京都

現存の企業数に占めるコロナ関連破綻率は0.056%で、都道府県別にみるとワーストは東京都となっていることが、東京商工リサーチの調査で明らかとなった。

 「新型コロナ」関連破綻は8月31日、累計2000件に達した。2020年2月の第一号から1年半で到達した。コロナ関連破綻の2000件を、総務省の「経済センサス」の企業数(358万9333社)を基にするとコロナ破綻率は0.056%だった。

 都道府県別にコロナ破綻率をみると、ワーストは東京都(破綻率0.111%、コロナ破綻466件)が突出している。以下、2位は香川県(0.081%)、3位が大阪府(0.078%)、4位が栃木県(0.071%)、5位が佐賀県(0.070%)と、地域はバラツキが目立つ。

 東京は企業数が多いことを織り込んでも、相次ぐ緊急事態宣言の発令で飲食業を中心に疲弊し、コロナ破綻の約4分の1(構成比23.3%)を占める。

 2位の香川県(コロナ破綻25件)は、全国のコロナ破綻が1000件目の時点で6件だったが、2000件目到達時は25件に急増し、同期間の増加率は全国ワーストの316.6%増。3位の大阪府(同212件)も、飲食、飲食向け食品卸などで増加が目立った。

【コロナ破綻率 ワースト10】
        破綻率   破綻件数
1位  東京都 0.111% 、466件
2位  香川県 同0.081%、同25件
3位  大阪府 同0.078%、同212件
4位  栃木県 同0.071%、同43件
5位  佐賀県 同0.070%、同17件
6位  広島県 同0.069%、同57件
7位  富山県 同0.066%、同23件
8位  福井県 同0.065%、同19件
9位  山形県 同0.064%、同25件
10位  福岡県 同0.064%、同87件

 一方、コロナ破綻率が低かった47位は、山梨県(0.013%)で、コロナ破綻は鳥取県とともに全国最少の4件。46位は秋田県(0.015%)、45位は鹿児島県(0.022%)、44位は最少件数の鳥取県(0.025%)、43位は宮崎県(0.026%)と、西日本が目立つ。

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    今すぐダウンロード

  • 研修会社で実施される社内研修を紹介

    2020年度 社内教育のご紹介
    コロナ禍での全社階層別研修

    今すぐダウンロード

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

動画百貨店ランキングページ

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

直近の公開講座開催研修