営業職「誰もやらない」101の秘策

 【内気営業「中島」のマル秘営業テクニック】

営業職「誰もやらない」101の秘策

内気な営業が活躍できる時代背景

内気営業「中島」のマル秘営業テクニック 【34】

内気な営業が活躍できる時代背景

内気な営業が活躍できる時代背景
  ~内気営業「中島」のマル秘営業テクニック

■内気な営業が活躍できる時代になった

今回は、内気な営業担当者が活躍できる時代が到来した時代背景を過
去にさかのぼって考えてみたいと思います。


◇高度成長期からバブル期~「ガンガン努力の明るい営業」の時代

ひるがえって考えれば、高度成長期から80年代後半のバブル期は右肩
上がり経済の中で、希望溢れる時代でした。ジュリアナ東京に代表される
ように、「毎日がお祭り」の明るい時代でした。誰にもチャンスがあり、組
織力で戦う時代であったかもしれません。ですから、「チャンスはいっぱい!みんなガンバレ!」の時代であったと思います。

この時代の営業担当者はとにかく熱意と努力で日に夜を継いで、お客様
にアプローチし案件を獲得するという熱血営業の時代と言えましょう。
つまり、「明るい外向的な人材がひたすら顧客にアタックするのが営業」と
いう時代であったと言えます。これはこれで今でも正しい営業の姿だと思
いますし、現在も求められる営業スタイルであると思います。


◇失われた10年からリーマンショックまで~「成果主義営業」の時代

その後、90年代以降の失われた10年からリーマンショックまでの時代
は、経済の停滞から実感なき好景気と続く中、新自由主義経済が叫ば
れ、成功は個人の努力の結果であり、グローバルスタンダードは「成果
主義」であることが声高に叫ばれた時代でした。

この時代の営業担当者は、成果さえ上げれば報酬で報いますという分か
り易い尺度でのみ評価された時代でもありました。チームプレイではな
く、プロ営業として、個人の方法論、人脈などをつかって自立して戦えの
時代です。これはこれで今でも存在するやり方でもあります。


◇リーマンショック以降~「総動員営業」の時代

そして、2008年9月のリーマンショックがやって来ました。米国の住宅
バブルがはじけたという事で、当初日本への影響は限定的だと言われ
ていました。しかし、結果的には日本も極めて大きなダメージを受けま
した。また同時に、中国など新興国が台頭し、得意の輸出が振るわな
くなったため、日本企業全体の売上げが激減しました。

危機的な状況の中、日本企業では再び、全員が一致団結し、困難を乗
り切っていく事が指向される時代になりました。(教育サービスを提供す
る中でひしひしと感じています)。

売上げの回復は急務であり、各部門から人員を捻出し、営業人員を増
員した企業も多かったと思います。その結果、営業部門に、エンジニア
出身、事務職出身、研究者出身、管理部門出身など、本来、営業戦力
と見なされなかった方々が営業担当者として進出することになりました。
また、不況による就職難から、やむなく営業職を選んだ方も多かったと
思います。

私は企業にとって、多様な人材、特に「営業ちっくでない人材」が営業
部門に進出することはすごく良い事であると考えています。不幸にも
営業になった皆さんは現在、ご苦労されている方も多いと思いますが、
「明るい元気な」「成果主義の」営業担当者だけでは残念ながら売れ
なかったのです。ですから、皆さんの出番が来たと胸を張って良いと
思います。


おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー