2018年度の賃上げ実施予定企業は86.1%、賃上げに取り組む中小企業が増加

2018年4月20日

2018年度の賃上げ実施予定企業は86.1%、賃上げに取り組む中小企業が増加

 2018年度の企業の賃上げは「実施予定」が86.1%となったことが東京商工リサーチの調査で明らかとなった。規模別にみると、大企業が89.4%、中小企業が85.6%と大企業が多かったが、定期昇給額やベースアップ額では、中小企業が上回るケースも生じている。

 「賃上げ」の内訳は、「定期昇給のみ」が33.1%で最も多かった。次いで、「定期昇給+賞与増額」が15.4%、「定期昇給+ベースアップ」が14.1%となった。

 規模別にみると、賃上げを実施する予定は大企業が89.4%、中小企業(資本金1億円未満)は85.6%と3.8ポイントの開きがあった。

 

 ベースアップを実施する予定の企業は、大企業が32.4%、中小企業が33.5%で、中小企業が1.1ポイント上回った。

 「賃上げを実施予定」と回答した企業を対象に定期昇給幅(月額)を聞くと、中央値は大企業、中小企業ともに3000円となった。

 全企業のうち、最多は「5000円以上1万円未満」の29.8%と約3割を占めた。次いで、「3000円以上4000円未満」が24.7%、「2000円以上3000円未満」が16.3%だった。2000円以上の回答は、86.5%と9割弱だった。

 規模別にみると、大企業は「5000円以上」が31.5%に対し、中小企業は37.9%だった。

 「賃上げを実施予定」と回答した企業を対象にベースアップ幅(月額)を聞くと、最多は「5000円以上1万円未満」で24.3%だった。次いで、「3000円以上4000円未満」が20.3%、「2000円以上3000円未満」が19.7%と続いた。

 「1万円以上」も13.3%に上る一方、「1000円未満」は3.8%だった。

 規模別にみると、大企業で5000円以上のベースアップを予定しているのは24.5%に対し、中小企業は39.3%で14.8ポイント上回った。

 大企業の中央値は2500円、中小企業は3000円だった。

 賃上げを実施する理由で最も多かったのは「従業員引き留め」で74.7%だった。次いで、「従業員採用」が31.4%、「業績回復」が26.4%と続いた。

 規模別にみると、大企業は「従業員引き留め」が65.9%に対し、中小企業では76.1%で、中小企業が10.2ポイント上回った。また、「最低賃金の改定」は大企業が4.3%に対し、中小企業は7.2%だった。

 賃上げ理由について東京商工リサーチでは「最低賃金のアップによる"人材確保"への中小企業の強い姿勢がうかがえる」と分析しており、「人件費上昇が経営の圧迫要因になる可能性を含んでいる」と指摘した。

 調査は、2018年2月15日~28日にインターネットでアンケートを実施し、7151社の有効回答を集計、分析した

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

人事のお役立ちコンテンツ

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。