2023年卒学生の就職内定率は76.5%と高水準(6月12日時点)

2022年7月06日

2023年卒学生の就職内定率は76.5%と高水準(6月12日時点)

6月12日時点の大学生(大学院生除く)の就職内定率は、前年同月比2.4ポイント増の76.5%と、高い水準で推移していることが、リクルート(東京・千代田、北村吉弘社長)の就職プロセス調査(2023年卒)「2022年6月12日時点 内定状況」で明らかとなった。6月1日時点と比べると、前年同月差は4.6ポイントから2.4ポイントと小さくなった。

文理別の就職内定率を見ると、文系が73.7%、理系が83.3%と理系が引き続き高く、6月1日時点と比較すると、文系は4.8ポイント増である一方、理系は0.8ポイント増で、傾向が異なる。

男女別の就職内定率をみると、男性は75.9%(前年同月比1.7ポイント増)、女性は77.2%(同3.2ポイント増)だった。

【就職内定率】
大学生全体 76.5%(前年同月74.1%)

文系 73.7%(同71.1%)
理系 83.3%(同81.0%)

男性 75.9%(同74.2%)
女性 77.2%(同74.0%)

関東 78.6%(同77.0%)
中部 79.5%(同75.9%)
近畿 72.1%(同71.4%)
その他地域 73.9%(同69.4%)

各プロセスの活動実施率について、6月13日~30日の予定を見ると、就職活動実施予定の学生のうち47.0%が「エントリーシートなどの書類提出」、67.5%が「面接選考(最終面接含む)」、54.5%が「最終面接」を見込んでいる。

【活動実施率】
合同説明会・セミナー 9.0%
個別企業の説明会・セミナー 19.5%
エントリーシートなどの書類提出 47.0%
面接選考(最終面接含む) 67.5%
最終面接 54.5%

進路確定率は58.4%(前年同月比2.2ポイント増)と高水準となっている。

【進路確定率(6月12日時点)】
2023年卒 58.4%
2022年卒 56.2%
2021年卒 47.0%

調査は、2022年6月12日~6月17日、2023年卒業予定の大学生および大学院生で「リクナビ2023」調査モニターに登録した学生を対象にインターネットで実施し、大学生1358人、大学院生443人の有効回答を得た。

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

人事のお役立ちコンテンツ

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。