2101新入社員研修 ~ビジネス基礎「チームで働ける新人になる編」(2日間)

新入社員研修 ~ビジネス基礎「チームで働ける新人になる編」(2日間)

お客さまのご都合に応じた受講方法をご用意しております。

本研修の「ねらい」

新人研修テキスト販売の詳細はこちらへ
新人研修テキストのカスタマイズはこちらへ

社会人・組織人としての意識を高め、ビジネス場面で求められるマナーや知識を幅広く習得します。

カリキュラムの特徴

カリキュラムの一番の特徴は、冒頭でまず受講者さまに意識の変容を促していることにあります。意識の部分が変容しない限り、どの様なマナーや知識を身につけても形式だけになってしまいます。そこで冒頭で学生と社会人に求められる意識の違いを認識し、変容を促すことで、その後に続く研修内容を意識レベルから体得することが可能となります。また、本研修は社会人にとって必須となる「ルール」「マナー」を習得するとともに、「チームで働ける新人になる」ことを目標としたカリキュラムとなっています。

研修の進め方

全体的に、講義・演習・グループワーク・ロールプレイングなどをバランス良く取り入れ、理解だけでなく行動レベルで体得する内容となっています。研修内では必要に応じてミニテストや発表を行ない、随時受講生の理解度・習得度を確認しながら進めていきます。

※演習量を増やすことでより実践度を高めた3日間版もございます
■新入社員研修 ~ビジネス基礎「実践ワークで完璧マスター編」(3日間)

※ポイントを絞って学ぶ1日間版もございます
■新入社員研修 ~ビジネス基礎「速習編」(1日間)

【私の学びシート】ダウンロードコーナー

配属時、新人の皆さんに「ビジネス基礎研修」で学んだことを再確認していただくとともに、新人を受け入れる職場の上司・先輩にも共有し、新人が研修でどんなことを学んできたのかを把握したうえで、現場での指導、OJTにつなげていただきたく考えています。
PDFファイル <私の学びシート >


研修プログラム例

研修プログラム例 (所要時間:1日目/2日間)
内容
手法
  • 1.社会人としての考え方
     【ワーク①】学生と社会人の違いについて考える
    (1)働くということ
    (2)社会人はチームの一員として働く
    (3)チームプレーを発揮するための基礎
     【ワーク②】なぜ「基礎」が必要なのか考える
    【参考】組織で求められる人材とは
ワーク
講義
  • 2.社会人としてのルールの遵守① ~社会のルール
    (1)コンプライアンス(法令遵守)
     【ワーク】やってはいけないことをチェックする
     【参考】個人情報保護・ソーシャルメディア(SNS)の使い方
ワーク
講義
  • 3.社会人としてのルールの遵守② ~職場のルール
     【ワーク①】社会人として「気をつけるべきこと」「守るべきルール」を考える
    (1)出勤時のポイント
    (2)勤務中のポイント
    (3)外出・休憩時のポイント
    (4)退勤時のポイント
    (5)社外でのマナー
    (6)健康管理の徹底
    (7)休暇のとり方
    (8)遅刻しそうな時
     【ワーク②】健康管理するためには、具体的にどのような行動が必要か考える
ワーク
講義
  • 4.ビジネスマナー① ~社会人としての基本動作
    (1)第一印象の重要性
    (2)身だしなみ ~「ふさわしい」身だしなみを確認する 
     【ワーク】学生と社会人(ビジネス)における服装の違いを考える
     【参考】クールビズの身だしなみ・世間一般のクールビズの実態
    (3)表情・態度
    (4)社会人の基本~あいさつ
    (5)お辞儀の種類とポイント
 ワーク
講義
  • .ビジネスマナー② ~言葉遣い・敬語
    (1)社会人に求められる言葉遣い
     【ワーク①】不自然・不適切と感じる言葉遣いに下線を引く
    (2)言葉遣いの基本
     【ワーク②】声に出して練習
ワーク
講義

研修プログラム例 (所要時間:2日目/2日間)
内容
手法
  • 6.ビジネスマナー③ ~電話応対
    (1)電話応対の3つの鉄則 ~会社の顔として、相手に配慮する
    (2)電話応対の基本フロー
    (3)電話の応対の基本 ~受け方・取次ぎ方
    (4)担当部署が違う電話の応対
    (5)ビジネス電話でよく使われる表現
    (6)電話のかけ方
     【ワーク】こんなときどうする?
ワーク
講義
  • 7.ビジネスマナー④~訪問時のマナー
    (1)訪問の基本マナー (2)席次 (3)名刺交換
     【ロールプレイ】名刺交換
ワーク
講義
  • 8.ビジネスマナー⑤~来客応対のマナー
    (1)来客応対の基本姿勢
    (2)来客応対の基本マナー
    (3)ご案内の仕方
    (4)お見送りの際の気配り
     【ロールプレイ】来客応対(挨拶、誘導、名刺交換)
     【参考】お茶出しの基本マナー
ワーク
講義
  • 9.チームに貢献する仕事の進め方
    (1)新人の仕事の進め方
    (2)仕事の依頼を受ける
     【ワーク】メモ取り
    (3)計画を立てる
    (4)判断軸~仕事の5要素「QCDRS」
     【ケーススタディ】「QCDRS」をふまえて仕事の計画を立てる
    (5)コストを意識する
    (6)仕事を始める
    (7)中間報告
    (8)報告・連絡・相談とは
    (9)終了報告前のチェック
    (10)終了報告
     【ワーク】提出資料のチェック
     【参考】タイムマネジメント
ワーク
講義
  • 10.報告演習
ワーク
  • 11.まとめ
     【ワーク】「私の行動目標シート」作成・宣言
ワーク

※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

テキスト作成者から

■新人が現場で困るリアルな悩みに対応したコラム、ワークを拡充
 ・体調不良で休みを取りたいとき、誰にいつ連絡するかのワークを追加
 ・電話応対にて「急ぎの用件」と言われたときの対応についてコラムを追加
 ・商談途中に役職が高い方が現れた際の名刺交換についてコラムを追加
 ・終了報告時に、上司が不在の場合についてコラムを追加  など

■ダイバーシティを反映させ、必要以上に「男女」といった表記を削減
 ・LGBTの方にも優しい内容になっています

講師からひとこと

本研修で一般的なマナーの基本を身につけた後は、配属部署の慣例、ルールを確認しながら、職場で実際に活用してください。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2018年 4月     63名
業種
製造業(運送用機器)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
98.4%
講師:大変良かった・良かった
96.8%
参加者の声
  • 礼儀や社会人としての常識など、単に知識の量が増えただけでなく、社会人として生きていく考え方・心構えなど、大切なことを身につけられて良かった。
  • チームワークや報連相、コミュニケーションの重要性をより深く知ることができました。今後は相手の意見をよく聴き理解し、自分の意見をきちんと主張して、人間性、社会性を向上していきたいと思います。
  • 「マナーだから」という切り口でなく、どうしてそうするのか、という論理性を学べた点が良かったです。

実施、実施対象
2018年 4月     9名
業種
介護・福祉
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • メモの取り方や報告の仕方を知って、もう少しホウレンソウを意識しなければと思いました。
  • あいさつをすること、質問の仕方を工夫することを意識したいです。
  • 上司への連絡・相談が苦手なので、研修で学んだ内容を積極的に実践していきたい。

実施、実施対象
2018年 4月     13名
業種
製造業(日用品)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 普段の生活では、自分の声の出し方や表情・姿勢について振り返る機会が無いので、今回は自分を改めて見直す良いきっかけとなりました。
  • マナーやルール、コンプライアンスだけでなく、人間関係や業務の効率化など、すべてにおいて活かせる内容だと思いました。
  • 学生と社会人の違いや働くうえでのマナーなどを細かく学ぶことができ、グループワークで内容を深く理解する事ができた。

実施、実施対象
2018年 4月     23名
業種
非営利団体・官公庁関連組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • トラブルなどの報告では手短に迅速に伝える、ということがどういうことか、よく分かりました。状況に応じて伝え方を変えることを意識していきたいです。
  • 声の出し方やメモの取り方といった自分の弱点が明確になったので、今後改善しながら報告やお客様対応に活かしていきたい。
  • 報・連・相の場面では、まず報告する内容を考えるうえでQCDRSの観点を忘れないようにし、また上司に伝える際はマナーを意識するよう心がけたいと思います。

実施、実施対象
2018年 4月     46名
業種
金融
評価
内容:大変理解できた・理解できた
97.8%
講師:大変良かった・良かった
93.5%
参加者の声
  • 今回の研修を受けて、自分の身についていないマナーや言葉遣い、ノウハウなどの知識を得ることができた。また、実践練習を取り入れることで自分がどれだけできていないかを痛感させられた。
  • 挨拶や返事等の社会人としての基礎から、コンプライアンス遵守やホウ・レン・ソウまで、徹底していきたい。
  • 「ホウレンソウ」などは、意味やタイミングをよく考える習慣をつける中で習得していきたい。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



新入社員研修・新人研修の評価
年間総受講者数
46,950
内容をよく理解・理解
97.3
講師がとても良い・良い
96.4

※2017年4月~2018年3月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
社会人としての基本
職場でのコミュニケーション
その他必須スキル
体感型
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録