研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

ラポール

「ラポール(Rapport)」とは、フランス語で「橋をかける」という意味の言葉で、もともとはカウンセリングにおける臨床心理学用語です。セラピストとクライエントとの間での、警戒心を解きリラックスした状態を意味します。

仕事におけるコミュニケーションを機能させるためには、相手の言いたいことを理解し、自分の話を分かりやすく伝える「情報伝達スキル」が欠かせません。しかし、その情報伝達スキルが機能するためには、相手との間に信頼関係、ラポールが築かれていることが大前提となります。ラポールが成立していれば、職場や営業の場においても人とストレスなく過ごせ、仕事の成果につなげていくことが可能です。

ラポール構築のために、ベースとなる基本的な姿勢は次の通りです。
① ありのままの自分であること (自己肯定)
② 無条件に相手を受け入れること (他者肯定)
③ 相手の気持ちと同化すること (理解)

さらにいくつかのテクニックを身につけることによって、より効果的にラポールの構築が可能になります。
① ミラーリング:相手の動きや姿勢を自然にまねて警戒心をとく。
② ペーシング:相手の話す速さ、リズム、トーンに合わせて、安心感をあたえる。
③ バックトラッキング:話を受け止めていることを、「繰り返し」で伝える。
④ キャリブレーション:相手が無意識に発するサインを識別する。

なお、いずれも不自然な言動になれば、逆に不信感を与えてしまいます。本来、カウンセリングという真摯な場面での関係なので、正しい認識と基礎的な勉強が必要になります。ラポールが成立すれば、立場を超えた人間同士の良い信頼関係が築け、コミュニケーションがスムーズにできます。

ラポールがあるコミュニケーションは、対外的な営業シーンではもちろん、ステークホルダーや異業種間の関係の向上にも有効です。職場内のメンタルヘルス対策や新人育成の環境づくりなどにも活かすことができます。

不安や緊張の多い社会情勢であるからこそ、人間関係は充分にリラックスして働けるよう、職場への導入をおすすめします。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

キーワード一覧


ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材・テキスト付きeラーニングレンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

直近の公開講座開催研修