loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

レジリエンス研修~しなやかにストレスと向き合い、回復力を身につける

レジリエンス研修~しなやかにストレスと向き合い、回復力を身につける

レジリエンス(精神的回復力)を鍛えて、しなやかに感情をコントロールし、困難を乗り越えて成長する

研修No.1900801

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

レジリエンスを強化したい方

※チーム全体で困難を乗り越える力を高めたい方には「リーダーのためのレジリエンス研修~自分・部下・チームのレジリエンスを高める」がおすすめです

よくあるお悩み・ニーズ

  • ストレスと上手に付き合う方法が知りたい
  • 困難をしなやかにたくましく乗り越える力を身につけたい
  • レジリエンスを鍛える方法が知りたい

研修内容・特徴outline・feature

レジリエンス(resilience)とは「精神的回復力」のことを指します。レジリエンスを身につけることで、ストレスと上手に付き合い、困難を乗り越え成長することができるようになります。 日々様々なストレスやプレッシャーにさらされるビジネスパーソンにとって、レジリエンスを身につけることは大切です。

本研修では、レジリエンスを向上させるために以下のポイントを学びます。
 ①捉え方を変え、気持ちを切り替える ~感情コントロール
 ②自信を持ち、強みを活かす ~自尊感情
 ③自分の成長を感じ、成長チャンスを増やす ~自己効力感
 ④心の支えを作る ~良好な人間関係
ワークを通じて、自分と向き合いながら感情コントロールの仕方や自尊感情・自己効力感の高め方を学んでいただきます。

到達目標goal

  • ①ABCDE理論を活用することで、自分の感情をコントロールできるようになる
  • ②自分の強みを認識することで、自信を持ち自尊感情を高められるようになる
  • ③自分の成功体験を振り返り、「私はできる」という自信を持てるようになる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.レジリエンスとは
    【ワーク】自分が受けた苦しい体験を振り返り、乗り越えた方法とその時に得たこと(成長した点)を書き出す
    (1)レジリエンスとは ~「精神的回復力」
    (2)レジリエンスを鍛える目的
     ①心の健康を保つ
     ②ストレスを自分の成長につなげる
    (3)レジリエンスを向上させるためのポイント
     ①感情コントロール
     ②自尊感情
     ③自己効力感
     ④良好な人間関係
講義
ワーク
  • 2.捉え方を変え、気持ちを切り替える ~感情コントロール
    (1)「切り替え力」を身につけ、感情をコントロールする
    (2)ABCDE理論を活用し、切り替える
    (3)自分の思考の傾向を洗い出す
    【ワーク】ABCDE理論を活用し、気持ちを切り替えるトレーニングをする
講義
ワーク
  • 3.自信を持ち、強みを活かす ~自尊感情
    (1)自尊感情とは ~「自分には価値がある」と感じること
    (2)自己肯定感は自分で育てる
    (3)自分の強みを知り、自尊感情を高める
    【ワーク】自分の強みをできるだけ多く挙げる
    (4)自分の弱みを知る
    【ワーク】自分の弱みを挙げ、それをポジティブな表現に言い換える
講義
ワーク
  • 4.自分の成長を感じ、成長チャンスを増やす ~自己効力感
    (1)自己効力感とは ~「私はできる」という自信を持つ
    (2)自己効力感は成長チャンスを増やす
    (3)自分の成長を感じる
    【ワーク】自分の成功体験を振り返り、そこで身についた知識やスキルを書き出す
    (4)身近な人の成功体験を観察する ~モデリング
    【ワーク】身近な人で「自分が真似したい」と思う人を挙げ、その人のどこを真似したいのか考える
講義
ワーク
  • 5.心の支えを作る ~良好な人間関係
    (1)良好な人間関係が心の支えとなる
    (2)心理的安全性の高い職場とは
    (3)自己開示をする
    (4)情報を自ら発信する
    (5)相手の話を傾聴する
    (6)メンバー同士でほめ合う
    【ワーク】職場のメンバーのほめるポイントを発見する
    【参考】マインドフルネスで心の疲れを解消する
講義
ワーク
  • 6.まとめ
ワーク

5939

企画者コメントcomment

同じような困難にぶつかった場合でも、「困難をチャンスに変えて成長できる人」「不安を抱く人」「困難を避けようとする人」など反応はさまざまです。 自分の心の持ち方や物事の捉え方を変えることで、ストレスと上手に付き合い、しなやかに困難を乗り越えることができるようになります。
本研修をご受講いただくことで、「困難をチャンスに変えて成長できる人」を目指していただきます。

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

95.6%

講師:大変良かった・良かった

94.1%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年8月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分の実力をポジティブに考え、様々な成長チャンスを掴んでいこうと思いました。
  • 物事の捉え方を変えることを意識していきたいです。自分の考えに凝り固まってしまうこともあるので少しずつ意識を変えます。
  • ABCDE理論はとても参考になりました。日頃の業務、生活に取り入れていきたいです。
  • 業務や私生活でもストレスのかかる困難な状況や逆境に直面した時に、自分の考え方のくせを認識することで、良い行動に繋がるようにしたい。ABCDE理論は具体的に使っていきたい。
  • 挨拶の仕方、相手を褒めることを大切にしていきたいと思います。最終的にはやはりコミュニケーションのやり方に繋がることを学びました。

実施、実施対象
2020年7月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 良好な人間関係を築けるように挨拶をしたり、人の話をきちんと聞いて良い印象を与えられるように取り組んでいきます。
  • 失敗したことに落ち込むのではなく、「今のうち学べた」というプラスのマインドに変えて業務を前向きに取り組んでいきます。
  • ABCDE理論を活用したい。仕事をしていると知らないうちに限界がきてしまうこともあるので、その前に気づくようにすることが大切だと思った。
  • 弱みを強みとして捉え、苦手な事があってもチャレンジしていきます。

実施、実施対象
2020年6月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
80%
参加者の声
  • 困難なことが起きても柔軟に対応できる考え方を身につけ、実践していきたいです。また、後輩にも伝えていき、離職率を下げたいです。
  • 不平不満を述べても成長につながらないということと、自信を持つために自己効力感を高めることの重要さを感じました。1日3個のラッキーを見つけることを実践したいと思います。
  • 業務はもちろん、日ごろ生きていくうえで必要な内容だったと思います。考え方や捉え方に対する内容が多かったので、一つひとつの業務のビジョン、こうありたいと思うものに向けて取り組んでいきたいと思います。

実施、実施対象
2020年2月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 職場の人間関係を良好にして、ストレス耐性をアップしていきたい。職員へのセミナーに役立てていきたい。
  • 自分に自信を持ち相手も受け入れることで、より良い関係を築いていく。また、捉え方を変えてみる。
  • 自分の成長だけでなく、他者の成長の要素として変えていきたい。
  • 日々の言動に感謝を伝えること、相手を変えようとしないというところを活かしていきたいと思いました。
  • 本日学んだレジリエンスの力を、自分だけでなく周りも高められるように、情報を共有していきたい。

実施、実施対象
2020年2月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • やる気を見失いがちでしたが、自分のこれまでしてきたことや考え方を切り替えることで自分を励ましながら業務を続けてみようと思います。アサーションのお話やメラビアンの法則は勉強になりました。
  • 本日の研修で、私もストレスを受けていたことが自覚できました。同時にその対応法も学ぶことができ、有益な時間を過ごすことができました。私の中で、自分の強みをうまく出せなかったこともあり、恐らく職場の同僚も簡単には自分の強みを言語化できないのではないかと思います。なので、私から進んで同僚の強みを言語化することで、お互い言い合える風潮が作れたらと思っています。他にも学んだことをやれることから少しずつやっていき、ストレスを減らしてより良い働き方を目指したいです。
  • ストレスを感じた際に要因をおさえて、考え方を良い方に変えられるように意識して業務に活かしたいと思います。また同僚や周りのメンバーをもっと気にかけ、良い関係づくりにも気をつけていきたいと思います。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
95.6
講師がとても良い・良い
94.1

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修