loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

対人関係構築研修~円滑なコミュニケーションのためのスキルを習得する

コミュニケーション

対人関係構築研修~円滑なコミュニケーションのためのスキルを習得する

外向きの意識、適度な自信、テクニックと行動習慣で仕事における対人関係の苦手を克服する

No. 5200490 9901008

対象者

  • 新入社員
  • 若手層
  • 中堅層

・職場内やお客さまとのコミュニケーションに苦手意識がある方
・コミュニケーションの研修は受講したが、職場で実際にどう進めていいか実践に課題を感じている方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 職場の人ともっとコミュニケーションを取りたいが、適度な距離感がつかめない
  • お客さまと良好な関係を築くために、具体的にどのような行動をすればよいかを知りたい
  • 仕事上、苦手な人ともコミュニケーションを取る必要があるが、苦手意識が先行しなかなかうまくいかない

研修内容・特徴outline・feature

対人関係の構築を促進するためのテクニックや考え方を身につけていただく研修です。 相手と適切な距離感を保ち、良い関係を築くには具体的にどのような行動をすれば良いのかを、明日から取り組める基本的なものからタイプ別の対応法まで、じっくりワークを通じて学んでいただきます。

到達目標goal

  • ①適度な自信を持つためのポイントを習得する
  • ②対人関係を構築するために必要なテクニックを習得する
  • ③対人関係構築を促進するための行動習慣を理解し、今後改善すべき点を把握する
  • ④相手のタイプを把握し、その特徴を踏まえた対応方法を理解する

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.何が対人関係を難しく感じさせるのか
    【ワーク】仕事において、人とのコミュニケーションで難しい、苦手だと感じる場面を振り返る
    (1)対人関係は永遠の課題
    (2)相手との距離~遠すぎても近すぎても難しい
    (3)変わるべきは誰か
講義
ワーク
  • 2.内向きの意識を外に向ける
    (1)「自分を守りたい」という意識が行動に制約をかける
    【ワーク】対人関係で困難を感じたケースを思い出し、その時障害になっていた「自分を守りたい」という意識について振り返る
    (2)自己中心的な思考が相手を遠ざける
講義
ワーク
  • 3.適度な自信を持つ
    (1)適度な自信が対人関係を後押しする
    (2)自信の土台となる自己肯定感
    (3)自己肯定と他者肯定
    【ワーク】自分自身を4つの象限にあてはめるとすると、どこに位置するか考える
    (4)自己否定を止めることが全てのスタート
    【ワーク】自己肯定感を取り戻すワーク
講義
ワーク
  • 4.対人関係構築に役立つテクニック
    (1)コミュニケーションの基盤となる信頼関係
    (2)ラポールとは
    (3)ラポールを構築するためのテクニック
    【ワーク】ペアになって、ラポールの4つのテクニックのいずれかを使い、お互いに話を引き出してみる
講義
ワーク
  • 5.対人関係の構築を促進する行動習慣
    (1)挨拶
    (2)傾聴
    (3)返事・呼び方
    (4)身だしなみ
    【ワーク】対人関係の構築を促進する上で、できていると思う点と、改善したいと思う点を具体的に挙げてみる
講義
ワーク
  • 6.苦手意識をカバーするためのノウハウ
    (1)苦手な相手との関係構築
    (2)話が不得手な人の関係構築
    【ワーク】対人関係の構築において、自分が苦手だと思っている点をカバーするために努力していることや工夫していることをグループ内で共有する
講義
ワーク
  • 7.タイプ別の相手との接し方
    (1)ソーシャルスタイル理論とは
    (2)2つの尺度による4つのソーシャルスタイル分類と特徴
    (3)相手の特徴を踏まえた対応
    【ワーク】5名のソーシャルスタイルを分析し、自分のタイプを踏まえた上でコミュニケーションにおける留意点を書き出してみる
講義
ワーク
  • 8.まとめ
ワーク

企画者コメントcomment

職場の人やお客さまと良好な関係を築きたいと思うものの、適度な距離の保ち方や具体的な行動の仕方が分からないと悩まれる方もいらっしゃいます。本研修では、はじめについ自分に向きがちな意識を外に向けるためのコツをお伝えします。そのうえで、適度な自信の持ち方、対人関係構築に役立つテクニックや行動習慣を身につけていただきます。自らなかなかコミュニケーションを取りづらいと感じる苦手な相手との関係構築やタイプ別の相手との接し方に関しても具体的に学んでいただきます。

スケジュール・お申込み
(オンライン/セミナールーム開催)schedule・application

オンライン開催

セミナールーム開催

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります
  • カリキュラムは一部変更となる可能性があります。大幅な変更の際は、申込ご担当者さまへご連絡いたします。

事前のご案内

受講できそうな日時がない… 日程を増やしてほしい… 
そんな時には「研修リクエスト」

研修リクエストサービス

「研修リクエスト」とは、お客さまのご希望の日程、内容、会場で、1名さまから インソースの公開講座を追加設定するサービスです。 サービスの詳細や、リクエスト方法はこちらをご確認ください。

※受講者数1名以上の場合から、リクエストを受け付けております

※ご連絡いただいてから研修実施まで、通常2か月程度かかります(2か月以内での急ぎの実施も、ご相談可能です)

受講者の評価evaluation

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

99.6%

講師:大変良かった・良かった

98.0%

※2022年10月~2023年9月

実施、実施対象
2023年8月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • あいさつから仕事が始まるので、1日のスタートを笑顔で始めていけるように意識していきたいと思いました。また、自分の考え方次第と日々気持ちをポジティブに持つようにします。
  • ライオンタイプ、うさぎタイプなど、様々なソーシャルタイプがいることを理解したので、それぞれのタイプに合ったアプローチの仕方を実践していきます。
  • 対人関係を構築するうえで、苦手だと思う人にこそ、タイプ別関わり方を意識してチャレンジしていこうと思いました。色々なタイプの人がいて、その中でタイプに合った接し方をすれば受け入れられるということを実践します。
  • 自己肯定感をもっと高められるようにしていきたいと思いました。小さなことから自分をほめて、もっと気軽に人と話すようにします。

実施、実施対象
2023年7月     21名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
95.2%
参加者の声
  • 目上の先輩方のコミュニケーションに活用したいです。まずは怖がらずに元気よく挨拶をし、話しやすい雰囲気作りをしていきたいと思います。
  • 自分の感情の癖を知り、上手くコントロールすることで、相手側の視点から物事を捉える。また、相手のいいところを見つけて褒める。
  • 相手は変えられないので、自分が変わるべきと意識する。毎日顔を合わせる上司・同僚とよりよい関係を築いて、仕事を円滑に進めたい。
  • 相手のタイプ考えて、話し方や接し方を変えるように意識することが大切だと学びました。また、ラポールを積極的に取り入れて、仕事で関わる方々とより円滑なコミュニケーションを取れるように努力していきたいです。
  • 相手の事を理解できるようにラポールを身につけて活かしていきます。今後の人間関係の構築に役立てたいです。

実施、実施対象
2023年6月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相手にとって話しやすい聞き方を学んだので、仕事での会話に活かしていきたい。視点を外に向けるよう意識したい。誰に対してもニュートラルでよく聞くようにし、新人教育に活かしていく。
  • 社内の関係性づくりにおいて、自己開示と素直なフィードバックの受け取りを活かしていく。また、相手をソーシャルスタイルの表にあてはめて、特徴に合わせたアプローチを行う。
  • 人の話を最後までクリアな頭で聴いてから対応したいと思いました。小さい事ですが、朝のあいさつをきちんとやっていくようにします。
  • 相手の話を傾聴する姿勢を心掛ける。そして、相手によってコミュニケーションの取り方、アプローチの仕方を変化させていく。
  • 今回の研修を通して、内向きの意識が強すぎて守ろうとしていることに気付きました。今後の業務では、考え方を相手向きのベクトルで物事を捉えていき、円滑にコミュニケーションをとっていきます。

実施、実施対象
2023年5月     13名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分のコミュニケーションが内向きであり、課題であることが分かりましたので、外へのコミュニケーションにチャレンジします。タイプ別コミュニケーションも人の性絡が分かって有益でした。
  • 仕事について、業務の引き継ぎや、後輩の指導などに、コミュニケーションの取り方、バックトラッキング法、ソーシャルスタイル理論などを積極的に使用していく。そして、プロレベル迄、伸ばしていきたい。
  • 内向きな意識が強い自分に気付けた。これからは、「どうすれば相手の役に立てるか」という「相手向きのベクトル」を意識していく。
  • 相手にもキャラクターがあり、それに合わせてコミュニケーションを取ることが大切であると分かった。あいさつを疎かにしていたと感じたので、コミュニケーションを円滑にするためにも、より意識して行動にうつす。
  • 本日の研修では、バックトラッキング等のテクニック的なことから、価値観が人々それぞれ異なっており、それを受け入れることの大切さなど、考え方まで学べた。今後の社会人生活においてこれらのことを胸に刻み、どんな人ともフィルターを通さずにコミュニケーションをする。

実施、実施対象
2023年3月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相手に偏見を持たず、まずは相手を分析して相手の特徴を踏まえたコミュニケーションの取り方を行う。聞き手に回る際は、ラポールの構築を意識して相手が話しやすいようにし、何か教えてもらう場面ではメモを取る等する。
  • これまで自分の欠点ばかり気にして自己否定してしまうところがあったので、気にしすぎないようにします。また、職場の上司や後輩がソーシャルスタイル理論4タイプすべて該当したので、対応を変えてコミュニケーションをとっていこうと思いました。
  • ラポール構築の4つのテクニックをワークで実際に取り組んでみて、意外とできてないことが多かった。簡単なテクニックから実践で使ってみたいと思った。
  • 苦手意識をもっている相手でも、仕事上の関係と割り切って、コミュニケーションを避けないようにする。対人関係を構築する行動習慣として、身だしなみ、あいさつも意識していきたい。
  • 自己開示をし、絶対評価で自分を見つめることで、本来の目的を果たす仕事をしたいと考えました。まずは自己肯定感を高めるところから始め、スムーズに仕事ができる人間関係を構築を目指します。

お問合せ・ご質問

よくいただくご質問~お申込み方法や当日までの準備物など、公開講座について詳しくご説明

最新作・ニュース

新卒対応speed&challenge

新卒採用に関するお知らせ オンライン・全国で会社説明会開催中

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
99.6
講師がとても良い・良い
98.0

※2022年10月~2023年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

同ジャンルの研修を探す

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

コンテンツクリエイターズワークス

生理の貧困対策支援PJ(企業向け)全力Q&A

生理の貧困対策支援PJ(自治体向け)全力Q&A

生理の貧困対策支援PJ自治体のお声

  • WEBins
  • 20周年特別タイアップ企画
  • モンシャン

公開講座からの新着メッセージ


    直近の公開講座開催研修