loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(若手向け)コミュニケーション研修~デキる「ホウ・レン・ソウ」

(若手向け)コミュニケーション研修~デキる「ホウ・レン・ソウ」

「簡潔で」「相手に伝わる」ホウ・レン・ソウで、周囲から信頼され、効率的に仕事を進めるコツを学ぶ

研修No.3040400

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 新入社員
  • 若手層

・上司や関係者にわかりやすく、伝わるホウレンソウをするコツを学びたい若手の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • どこまでホウレンソウすべきか、見極めが難しいと感じている
  • 上司が忙しいとき、簡潔かつ明確にホウレンソウすることができない
  • どのタイミングでホウレンソウすればいいか考えてしまう

研修内容・特徴outline・feature

チームの一員として働き、周囲と信頼関係を築くうえで、適切なホウ・レン・ソウは欠かせません。本研修では、ビジネスパーソンに求められるホウ・レン・ソウの目的や意義を理解し、「報告」「連絡」「相談」それぞれのポイントや伝え方を習得します。 様々なビジネスシーンを題材にしたケーススタディやロールプレイングなどのワークを中心に、実施的に学んでいただきます。

<ワークのポイント>
①判断が難しい状況で、自分ならどうホウレンソウするかを考える
②2人1組で、先輩・後輩役に分かれ、ホウレンソウを分かりやすく説明する
③明日から、職場で実践することを考え、宣言する

到達目標goal

  • ①社会人としてホウレンソウの重要性を理解し、目的や意義について理解する
  • ②ホウレンソウを行う際、具体的にどのようなポイントに留意すべきか考える
  • ③ワークやロールプレイングを通じて、現場で明日から使えるホウレンソウの仕方を習得する

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.はじめに
    【ワーク】あるケースにおいて、あなたはどのような行動を取るか考えましょう
講義
ワーク
  • 2.ビジネスパーソンにおける情報の取り扱い方
    (1)ビジネスには「情報」が欠かせない
    (2)相手の立場で、「情報」の価値を考える
    (3)情報のやり取りで、ビジネスパーソンとして信頼を得る
講義
  • 3.新人・若手に求められる3つのスキル
    (1)ビジネスパーソンに求められる「ホウ・レン・ソウ」
    (2)「報告」「連絡」「相談」それぞれの違い
    (3)ホウ・レン・ソウの目的と意義
    (4)ホウ・レン・ソウするかどうかの判断基準
    (5)大事なのは自分から情報を収集すること
講義
  • 4.報告する
    (1)新人・若手に求められる「報告」
    (2)悪いことこそ早く伝える
    【ミニワーク】フレーズにふさわしい表情の練習をしてみましょう
    (3)伝え方~相手の立場で考える
    【ワーク】2パターンの報告を読み比べ、どちらの方が報告を受ける立場の人にとって分かりやすいか、理由を含めて考えましょう
    (4)困った時は「クッション言葉」
    【ワーク】報告や依頼について、クッション言葉を使い、相手が気持ちよく聞き入れてくれる表現を考えましょう
    (5)こんな時どうする~報告の手段を考える
    【ワーク】電話・メール・メモで報告をする際の注意点や、それをカバーするための対策や工夫を考えましょう
    【ワーク】実際に、メモを作ってみましょう
講義
ワーク
  • 5.連絡する
    (1)報告と連絡の違い
    (2)利害関係者を思い浮かべる
    (3)連絡をする際の注意点
講義
  • 6.相談する
    (1)聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥
    (2)相談の前にすること
    【ワーク】 分からないことを相談する際に、上司や先輩にとって、どの
    ような姿勢・心構え・行動が好ましいか具体的に考えましょう
    (3)成長とともに変えていく相談の仕方
    (4)相談の後には、必ず感謝を伝える
講義
ワーク
  • 7.報告・連絡・相談は組み合わせて実施する
    (1)「報告」「連絡」「相談」は組み合わせ
    (2)相手に伝える際は、細分化する
    【ワーク】ある状況において、どのように対応するか考えてみましょう
講義
ワーク
  • 8.まとめ
    【ワーク】職場でのホウ・レン・ソウについて、意識することを具体的に考えましょう
ワーク

企画者コメントcomment

「上司から何を言っているのかわからないと言われてしまった」「上司からホウレンソウを催促されてしまう」など、よく若手の方からホウ・レン・ソウに関するお悩みを伺います。

そんな方々に、自信を持ってホウ・レン・ソウをしていただけるよう、研修内では実際に起きた失敗事例や具体的なホウレンソウの会話例・文章例をお伝えします。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.7%

講師:大変良かった・良かった

97.6%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2021年2月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • PREP法、ホールパート法のフレームを手に持ちながらホウ・レン・ソウをする、順序を考えて話すの二点を意識して業務に取り組んでいきます。
  • 資料作成を行う業務について相談を行う際、具体的に質問したい内容を考えてから質問をします。相談の際に上司の状況をうかがうことは大事ですが、緊急性の高いものは状況を伺わずに即伝えることが大事だと気づきました。
  • 「ホウレンソウ」は日々欠かせないことは分かっていますが、今回自分ができていないと感じたことも多々ありました。「ホウレンソウ」の方法をもっと工夫してやっていきます。
  • 自分でまずは考えること、考えをまとめた上で報告・連絡・相談することが大切だと感じたため、業務に活かしていきたいと思います。また、多くの情報を手に入れることで、知識も増え、スキルアップにも繋がることを学びました。
  • 報告・連絡・相談の重要性を改めて、気づくことができ非常に有益な研修であった。信頼を得ていくため、使えるからできるように意識して明日からの業務に実践する。

実施、実施対象
2021年1月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ホウレンソウの前に、自分の話す内容を考えてから、簡潔に伝えるようにします。上司とのメールや相談する姿勢などに活かします。
  • 上司に報告・相談する際は、伝える内容をまず自分で6W3Hにまとめ、ステップを踏むように心がけます。また、相手の事を考えて内容を整理し、報・連・相します。
  • 業務における報告の仕方や、日々の進捗確認会の場面で活かします。また、日頃から報連相の思考のクセづけをしようと思います。

実施、実施対象
2020年12月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
87.5%
参加者の声
  • 相手が理解できるよう、数字を使うなどしてより具体的に説明していきます。また、言葉使いも学ぶことができたので今後どんどん実践します。
  • 上司に相談する時など要点をまとめて具体的に話をしていきます。具体的な数字で報告や相談できていなかったため取り入れます。
  • 相談を上司にする際に、丸投げにせず、プラスアルファで自分の考えを一緒に伝えていきます。
  • 業務内での報告や、相談について、自分の中で分かりやすくまとめるだけでなく、相手から聞いてもしっかり理解できる言葉を選ぶようにします。

実施、実施対象
2020年11月     17名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 入社3年目になりますが、あらためて上司への相談の仕方や、報告・連絡の重要性を再認識できました。3年目なりに、自分の意見や対応方法をもって業務には励みたいです。
  • 上司の頭の中を想像しながら、報告・連絡・相談を適切なタイミングで必要なだけするように心がけます。そのためにも、その内容から重要度・緊急度を順位づけられるようになりたいと思います。
  • 迷ったら相談するのは勿論のこととして、その時にただ指示を待つだけではなく「自分なりの考え」を用意してから相談するようにします。
  • どこから相談すべきか、その頻度や基準に迷っていましたが、些細なことでも共有することが大切だと分かりました。上司へ報告・連絡・相談をする際には、具体的に簡潔に伝えるように意識します。結論から話すなどの、わかりやすい伝え方も心がけようと思いました。目的をもって、相手の視点を想像しながらコミュニケーションをすることが大事だと思いました。
  • 報告・連絡・相談の違いを理解して、使い分けることが第一歩であると思いました。物事を簡潔に、漏れなくまとめて、相手に伝えるようにします。「報告が0件、相談が△件あります。」という具体的な表現なども学ぶことができたので、これからしっかり身につけていきたいです。

実施、実施対象
2020年9月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分が得た情報については積極的に共有するということを、業務でしっかりと実践していきたいと思いました。また、報告の仕方も相手に分かりやすく伝えるにはどうしたらよいのかということについても、例を交じえながら学んだので、私も上司などに報告する時には分かりやすい報告ができるように心がけたいと思います。
  • 感謝の伝え方であったり、メモの書き方など、少しの工夫が相手にとって印象が良くなったり、分かりやすくなったりすることを学びました。そのため、今後の業務では、ダブルチェックや一手間加えることで良い方法へ変えたり、人間関係も良くなることかあると思うので、意識して行いたいと思います。
  • 「まず、重要度と緊急度を考える」ということを活かしていきたいと思いました。私はまだ新人で分からない業務もしばしばあるのですが、一気に全て相談するのではなく、一度自分の中で考えてから、質問しようと思いました。また、相談するためにも、良い人間関係を築いていきたいです。
  • これから色々な仕事を任せていただけるようになると思います。その際に報告・連絡・相談はもちろんのこと、その伝え方や聞き方をどうするのか、工夫していきたいです。細い内容でも相手に良い印象を与えられるような人でありたいと思いました。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.7
講師がとても良い・良い
97.6

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
58,332
開催数※1
8,445
講座数※2
2,859
WEBinsource
ご利用社数※2
13,492

※1 2019年10月~2020年9月

※2 2020年9月末時点

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修