loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

アサーティブコミュニケーション研修(1日間)

アサーティブコミュニケーション研修(1日間)

自分の思考パターンを整理しながら、相手を尊重する話の聴き方や、伝えにくいことを上手く伝える手法を習得する

研修No.B CMN520-0300-0679

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 全階層

・言いにくいことを伝えることが苦手で、もっとうまく伝えられないかと思っている方
・自分の思っていることや意見を、素直に相手に伝えることができない方
・逆に、自分の意見ばかりを主張してしまい、かえって相手から反発を受けることが多い方

研修内容・特徴outline・feature

アサーティブ・コミュニケーションの目的は、相手の状況・気持ちを尊重しながら、自分の主張を正直に伝えることにより、業務を円滑化することです。本研修では、アサーティブであるための心の持ち方と、伝えにくいことを伝えるための具体的な手法を、講義とワークを通じて身につけます。

まず、自分がアサーティブになれない場面を具体的に考えることで、自分の思考パターンを整理します。次に、相手を大切にするための話の聴き方を身につけます。そのうえで、伝えにくいことを伝える方法や、相手に配慮した言い方(Iメッセージ)など、アサーティブ・コミュニケーションの主要スキルをケーススタディを通じて実践的に身につけます。最後は、冒頭で洗い出した「アサーティブになれない場面」について、研修内容を踏まえた対処法を考え、現場での実践につなげます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.こういう場合どうする?
    <自分の思考・行動パターンを振り返る>

     【ワーク】自分がイチ押しするアイディアを、会議で真っ向から否定された
ワーク
  • 2.アサーティブであるということ~考え方と行動
    <アサーティブの定義を理解する>

    (1)考え方と行動のパターン(非主張的、攻撃的、アサーティブ)
    (2)アサーティブな思考とは
    (3)意見を伝えにくい場面を考える
     【ワーク】アサーティブでありたいにもかかわらず、それが難しい場面を考える
    (4)意見を伝える前に感情を整理する
     【参考】変えるべき考え方を知る ~ 認知の歪み
講義
ワーク
  • 3.コミュニケーションにおける心構え
    <真意を伝える・理解することの難しさを理解>

    (1)自分の思ったことが100%伝わることはない
    (2)表情、動作も使って伝える
    (3)相手の感情を察する
     【参考】非言語要素の一般的なイメージ
講義
  • 4.相手の同意を得るための伝え方
    <伝え方の手順とコツを学ぶ>

    (1)状況を客観的に伝える
     ①伝える内容を整理する ~事実と感情をわける ②事実を簡潔に伝える
    (2)相手の話を受け止める。相手の言葉に反応を示す
     ①最後まで話を聴く ②背景にまで思いをはせる
     ③相手の言葉に反応を示す
     ④相手の言葉を反復する・言い換える(事実・要約フィードバック)
     ⑤具体的な言葉で、相手の感情に理解を示す(感情フィードバック)
    (3)自分の考えを伝える ~Ⅰ(アイ=私)メッセージの活用
     ①成功を願い信じる ②考えを明確にし、相手に合わせて伝える
     ③単刀直入に分かりやすく伝える
    (4)論点を確認し、最良と思われる解決策を導き出す
     ①論点を確認する ②最良と思われる解決策を導き出す
講義
ワーク
  • 5.ケーススタディ
    <アサーティブコミュニケーションを実践する>

    ※ケースごとに①シナリオ作り②ロールプレイング③振り返りを行う
     【ケース例1】異動してきたベテラン従業員に、処理手順を現部署のものに変更してほしい
     【ケース例2】仕事が山積みのため、参加必須でない説明会への出席を今回は断りたい
講義
ワーク
  • 6.シナリオ作り~自身の課題を考える
    <具体的な行動計画を立てる>

     【ワーク】第2章(3)のワークで挙げた課題に対しアサーティブに対応するシナリオを作成する
ワーク

3910

1214173

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年6月     12名
業種
製造業(日用品)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • アサーティブな考えをすることで、自分や周囲がどのように変化するかが分かり、メリットが大きいと感じた。後輩から相談を受けた際に方法を提案できるように、普段から意識して使いたい。
  • コミュニケーションが必須な仕事のため、受け身の姿勢から改善して、相手を受け入れつつ、自分のことも理解してもらえるようになりたいです。
  • 自分の考えを相手に効率よく伝えられるようにしていきたい。もっとアサーティブな考え方を深め、他者とうまくコミュニケ―ションを取っていきたいと思いました。

実施、実施対象
2019年12月     16名
業種
医療
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 人間関係、上下関係を大切にしつつ、伝え方を考えて行動したいです。みんなが気持ちよくお互いを思いやれる雰囲気づくりを目指します。
  • 意見を言わなくてはならないとき、とはいえ波風を立てたくないときに、今回の研修内容を思い出して伝えるようにしたい。
  • 関わる全ての方に活用できる技術であり利用者さんとのコミュニケーションだけでなくスタッフとの良好なコミュニケーションを図るツールになると感じた。

実施、実施対象
2019年10月     27名
業種
不動産
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.3%
講師:大変良かった・良かった
92.6%
参加者の声
  • これまで自分が非主張型でストレスをためてしまいがちだったことで、会話や認識のすれ違いが生まれる場面があった。今後はアサーティブコミュニケーションを活用し、気持ちよく協力し合って業務を進めていこうと思う。
  • 我慢・非主張ばかりではお互いのためにならないので、思ったことはアサーティブに伝えたいです。
  • 言いにくいことを我慢せず、また相手を責めずにコミュニケーションをしっかりとることを意識して業務に取り組む。


実施、実施対象
2019年7月     22名
業種
製造業(電気機器・機械)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • コミュニケーション相手のタイプ、特性に合わせてコミュニケーションできるように相手の特徴をしっかり理解することを意識して業務に取り組むようにしたい。
  • 仕事でのコミュニケーションにおいて問題が発生した際、焦点を人ではなく事象、課題で話すことは重要だと思うので意識したい。
  • 様々な考え方を持つ人がいるからこそ、相手に合わせたコミュニケーションが取れるようになったら、職場の人たちとの関係がスムーズになり、業務につながると思いました。

実施、実施対象
2019年2月     14名
業種
人材・教育サービス・BPO
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.9%
講師:大変良かった・良かった
92.9%
参加者の声
  • シナリオを作ってアサーティブコミュニケーションを実践していくところが良かったです。
  • 相手に何かを注意したり伝えたいときには、論点をブレさせず、簡潔に伝えられるように心掛けたいと思います。
  • 自分の思いや要望などをはっきり伝えず、相手に察してほしいと、相手任せな伝え方になりがちだと改めて気づきました。相手にゆだねることなく、少しずつでも自分の想いをはっきり言ってみようと思います。

開発者コメントcomment

アサーティブコミュニケーションというものがどういうものなのかを理解し、習得することで、コミュニケーションに対するストレスを軽減してもらいたいという思いで作成したカリキュラムです。職場でのコミュニケーションに積極的に参加していただければ、充実した仕事を行うことができ、コミュニケーションを取ることが楽しくなり、自分自身に自信をつけることになります。自信がつくことでさらに仕事が充実化する良い流れになります。職場も受講者自身も成長するための大前提として忘れて欲しくない部分を気づける研修としてオススメいたします。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

コミュニケーション研修
年間総受講者数
31,560
内容をよく理解・理解
95.7
講師がとても良い・良い
94.8

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

ブラインドサッカーを活用した体験型研修 OFF TIME Biz

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ハラスメント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ナレッジマネジメント

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!