研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

RPA(Robotic Process Automation)

「RPA」の導入が各社で進んでいます。RPAは簡単に言えば人間の代わりに働くロボット(のようなシステム)のことで、主には事務処理などの手間を大幅軽減させる目的で導入されています。RPA導入には、作業スピードのアップや正確性の向上、人件費削減など様々なメリットが考えられます。

一方で、正しく使わないと意図せぬ動作をして逆に手間が増えたり、保守を怠るとセキュリティ上の問題が発生するなどリスクもあり、使う側にも相応の知識レベルが求められます。RPAのようなシステムを導入する場合は、それを扱う担当者や対象データ、最適なツールを判断できる知識を持った人材が必要です。

発展途上の分野ということもあり、実態として人材は不足しています。しかし、簡単なツールなどを使いながら学ぶことで、ある程度は誰でも扱うことができるのも事実です。RPAの導入を検討中の企業は、合わせてITやAIに関する基礎知識をつける研修を取り入れてみてはいかがでしょうか。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    今すぐダウンロード

  • 研修会社で実施される社内研修を紹介

    2020年度 社内教育のご紹介
    コロナ禍での全社階層別研修

    今すぐダウンロード

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

キーワード一覧