クレーム対応の勘所

 【クレーム対応のイロハからお詫びメールまで押さえておきたいポイント34】

クレーム対応の勘所

自社の管轄外のことでクレームを受けたら

クレーム対応のイロハからお詫びメールまで押さえておきたいポイント34 【18】

自社の管轄外のことでクレームを受けたら

クレームは決してなくなりません。これはあらゆる業界を通じて共通しています。日常的に発生するクレームの多くは、一定の手順を覚え、お客さまの心情を理解し、冷静に対応すれば、必要以上にあわてる必要のないものです。それどころかしっかりしたクレームの「作法」を身につければ、クレームを自分の味方にすることもできます。

◇9/17出版!

「クレーム対応の基本がしっかり身につく本」<改定版>


今回の改訂では、「お客さまとの円滑なコミュニケーションの方法」や、みなさまからのご質問の多い「激しく正当性を主張されるお客さまへのクレーム対応」「クレームeメール対応」を新たに追加しました。

前回の読者の方にも、初めて本書を手にされる方にも、新しい気づきを得ていただけることと思います。この出版を記念いたしまして、今週もその本の一部をメルマガにてご紹介いたします。

─────────────────────────
●事例● 他社が原因のクレームが寄せられたケース

当社とB社の夜間工事が近隣で同時に実施されていました。その際にB社が原因の騒音苦情が寄せられました。その方はかなり感情的になっていたため、当社の工事をしばらく中断せざるを得なくなりました。当社には責任がありませんが、B社にも連絡し、その夜、当社とB社の現場責任者が一緒に先方にお詫びに行き、ご納得いただきました〈建設会社〉。

─────────────────────────

■管轄外であっても、お客さまの事情を聞く

今回取った対応でおおむねよいと思います。ほかの会社や他部署など、管轄外のクレームがきた場合であっても、苦情の内容を、相手が納得されるまで、話をさえぎらずに聞くのが望ましい対応です。何か事情があって「うるさい」とおっしゃっているわけですから、その理由をよく聞くことが最大のポイントです。お客さまの事情に共感することなしに、他社の工事に責任があることを説明しても、すぐに納得していただくことは困難です。


■「スピード」と「連携」を大切に

今回のクレームの特徴は、他社への苦情であるため、お客さまに要求されても、すぐに応じられないことです。このときに必要なのが対応のスピードです。事例では、「自社のことではない」とせずに、即座に対応したことがクレーム解決に好影響を与えたと思います。また、自社へのクレームであっても、複数の部署がかかわっているクレームについては、どこか一部署が対応にあたるのではなく、お互い連携を取ってともにお客さまに謝罪をするなど、協力してクレームの対応にあたるほうが得策です。


■二次クレームにならないために

最も避けるべきは「うちに言われてもね・・・関係ないですから」などと対応をしないことです。また、「責任がないから、忙しいから」と言って、形だけの対応はしないようにしましょう。形だけの対応はクレームを大きくし、さらに忙しさを招いてしまいます。忙しいときほど、心情理解、迅速の対応を心がけ、ひとつひとつのクレームに誠実に対応しましょう。


☆来週もお楽しみに。


おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



1名から参加できるクレーム対応研修

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー