クレーム対応の勘所

 

クレーム対応の勘所

お客さま対応の基本は「心情理解」

お客さま対応の基本は「心情理解」

下記の状況において、お客さまの心情を想像してください。また、お客さまに対し、どのようにアプローチをすべきかも考えてください。


【ケース】
あなたはレストランのホールで働いています。20代女性のお客さまが、小さなお子さまを1人連れて、ランチを召し上がっています。すると、お子さまが大きな声で泣き始めてしまいました(今日は平日の昼間で、ビジネスパーソンのお客さまも多くご利用されていますこの時の、20代女性のお客さまの心情とはどんな状態でしょうか。また、それを踏まえて、どのようにアプローチすべきでしょうか。


■お客さまの心情を推測してみましょう


・ビジネスパーソンが多い中で、子どもが泣き出してしまい、いたたまれ

 ない気持ち
・周囲に迷惑をかけてしまっていることへの申し訳なさ
・せっかくランチを楽しみにきたのに、ゆっくり楽しめないことへの残念さ
・わかってはいるが、どう対応していいかわからない


■クレームに発展するNG対応とそのポイント


やってしまいがちで、決してやってはいけないNG対応があります。

困った表情で「お客さま・・・あの・・・他のお客さまの迷惑となりますので・・・」と切り出してしまうことです。

別室対応をすすめる場合においても、上記のような対応ですすめると、「自分も客だ!」という感情がわいてしまいます。また、いきなり解決策から提示するから、こじれてしまうもの。

まずはいかにお客さまの心情を理解し、それに相応しい対応ができるかを考えましょう。「お料理は楽しんでいただいていますか?」など、さりげなく声をかけ、お客さまがお困りの様子だったら、それに対する提案として別室対応をご提案します。

「自分が周囲に迷惑をかけているのでは」という気持ちは、お客さま自身が一番持たれている。その心情を理解した対応が望まれます。

クレーム対応に限らず、お客さま対応の基本は、まず「お客さまの心情を理解すること」です。お客さまの状況・お気持ちを踏まえた対応が取れていたら、クレームには発展しなかったというケースがたくさんあるのです。


■お客さまが困っている事実に対して、その心情を理解し、共感する


最初に目指すのは「お客さまに冷静になっていただくこと」です。困っているお客さまに対して「共感」を示し、気持ちを落ち着けていただきます。お客さまのお気持ちを無視して問題の解決に踏み込もうとすると、それが更なるクレームの激化に繋がってしまいます。いきなり解決してしまおうとせずに、まずはお客さまが困っている事実とその心情を理解し、「声をかけること」です。


☆次回もお楽しみに!


おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



1名から参加できるクレーム対応研修

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー