クレーム対応の勘所

 【困難クレームと向き合う】

クレーム対応の勘所

相手のねらいが「合理的な解決」ではない場合

困難クレームと向き合う 【5】

相手のねらいが「合理的な解決」ではない場合

クレームがスムーズに解決へと進まないもう一つの理由として、相手が合理的な決着を望んでいないこと、すなわち「悪質なクレーム」であることが考えられます。

ただし、早計に「悪質」と判断して対応してしまうと、深刻なこじれを引き起こしてしまう恐れがありますので気をつける必要があります。

■憂さ晴らし型

解決に向けた提案をしようとすると、頭からその解決案を否定したり、別の新たな不満を投げかけてくる等が延々と繰り返されます。最後は、何を要求するでもなく、捨て台詞を吐いて去っていくこともよくあります。

このパターンのお客さまは、「不満をぶつけること」が目的であって、「解決」を求めているわけではありません。ひとしきり言いたいことを言って、こちらが精神的なダメージを受けていることを見届ければ満足するのです。

■愉快犯型

わざとこちらが忙しい時間帯をねらってやってくる、特定の従業員がいる時にだけクレームを言い立てる、人が大勢いる中で声高に文句をいう等の行動が、このパターンの特徴です。うっぷん晴らし型のパターンよりも「こちらを困らせよう」という意図が明確であり、やっかいです。この段階になると、「お客さま」としての対応から「迷惑行為者」としての対応に切り替えることを検討します。

■金品要求型

まず最初に「怒鳴り散らす」「恐喝まがいの責め立て方をする」等で精神的なショックを与えておき、こちらが冷静さを失っているところへ取り引き話を切り出してくるパターンです。金品を要求する、相手に不利な条件をのませる等、ねらいが明確で、戦略的にクレームの展開を組み上げて臨んでくる"熟練者"が相手となれば、かなり手ごわいものとなります。何が法に触れることなのか、自組織としてどこまでの妥協ができるのか、どの一線を越えれば「警察」や「弁護士」に委ねることにするのか、といったガイドラインを設定しておくことが重要です。

☆次回もお楽しみに!


おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



1名から参加できるクレーム対応研修

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー