営業職「誰もやらない」101の秘策

 【信頼される営業担当者としてのビジネスマナー  】

営業職「誰もやらない」101の秘策

「売れる営業」になるための基本(1)

信頼される営業担当者としてのビジネスマナー  

「売れる営業」になるための基本(1)

■マナーとは?

皆さんは、マナーと聞いて何をイメージするでしょうか?マナーは従うべきルールや"しきたり"ではありません。マナーとは、相手を敬う心であり、相手に気持ちよく感じてもらうための作法です。

「相手の視点に立ち、相手に心地よく感じてもらうおもてなしの心」こそが重要になります。


■マナーがなぜ必要か

自分を中心に置いて、「自分が、自分が」という気持ちではお客さまの心は離れてしまいます。マナーとは、「あなたのことを考えています」という姿勢を伝えるメッセージであり、自分自身にその意識を刷り込ませる動機づけでもあります。マナーがしっかりしていると、「この人は私のことをしっかり考えてくれる」「私に配慮してくれる」と相手に安心感を感じて貰えます。
その結果、良好な関係を築くことができ、ひいては営業の結果にもつながっていくのです。


■全てにおいてマナーを意識する

マナーにおいて注意すべき点は、実は非常に多岐に渡ります。身だしなみ、姿勢、話し方、表情など、全てにおいて「相手に気持良ちく接してもらう」ための意識を張り巡らせる必要があります。とは言え、単にマナーの型を覚え、上辺だけ見繕うだけでは不十分です。常に相手の心情に気を配ってこそ、相手にも伝わる気持ちの良いマナーになります。


■第一印象が大切!

最初に悪い印象を与えてしまうと、その後、ささいなことも悪くとられがちになるものです。なぜなら、第一印象が与えるインパクトは大きく、第一印象を払しょくするのは難しいからです。特に営業先の担当者など、接触頻度の低い相手だとなおさらのことです。

営業担当者にとって、第一印象を良くするために心がけるべきことは、組織を代表して営業しているという意識を忘れないこと。また、「自分」ではなく「相手」に快いと常に感じさせることです。


おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー