営業職「誰もやらない」101の秘策

 【「売る」仕組みを作るマーケティング】

営業職「誰もやらない」101の秘策

マーケティングにおける営業部門の役割

「売る」仕組みを作るマーケティング 【10】

マーケティングにおける営業部門の役割

「マーケティング」と聞くと、商品開発をする部門や、企業戦略を立てる部署の人たちが携わるもの、と思いがちですが、日々お客さまの声に直に触れ、またマーケティング戦略を実際に展開する立場にある営業部門こそ、マーケティングと日々格闘している部署といえます。


■市場調査としてのマーケティング


「モノやサービス」を売りたいと思うならば、まず、どこにその「モノやサービス」を買ってくれる人がいるのかを知る必要があります。販売エリアや販売チャネルを調査し、販売活動のターゲットを決める、といったことがその具体的な活動内容であり、主としてその活動には「営業部門」の人が携わることになります。


■販売促進としてのマーケティング


「モノ・サービス」を販売するターゲットが決まれば、次はどのように売るかが課題となってきます。他社のモノと比べてお客さまに、より魅力的に思ってもらうためには、自社のモノの特徴をアピールすることが必要です。また、実際に選んでもらうためには価格も重要な要素です。

自社のモノ・サービスを認知してもらうための広告・宣伝を打ったり、価格政策を含めた販売促進策を展開するといったことが具体的な活動として取られることになります。

これらの活動には、「販売促進部門」と「営業部門」とが連携する形で携わることになります。


■製造計画としてのマーケティング


実際にお客さまのもとにモノやサービスを届けるためには、需要に合わせてモノ・サービスを安定的に供給することが必要になります。

お客さまが欲しいと思うモノが欲しい時に供給できなければ「売り逃し」になりますし、売れないものをどんどん作ってしまうと「不良在庫」になってしまいます。

「営業部門」は商品の動きを「製造部門」に伝え、「製造部門」は製造計画の調整に動く、といった形で携わることになります。


■企画・開発としてのマーケティング


モノやサービスを提供する際には、お客さまから様々なモノ・サービスに対するご要望を聞く機会が生まれます。そこからお客さまのニーズを汲み取り、新たな商品開発に生かすことで、さらに売れるモノづくりへの循環が生まれることになります。

「営業部門」は顧客のニーズを「企画・開発部門」にあげ、「企画・開発部門」はその情報をもとに新たな商品・サービスの企画・開発を行う、という形で携わることになります。
 

このように、営業部門をはじめとする組織の中のあらゆる部門がマーケティングと関わりながら、結果として一体的に機能するようになることで、マーケティング戦略が機能することになるのです。


☆「『売る』仕組みを作るマーケティング」はこれで終わりです。


 次週もお楽しみに!


おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー