新入社員研修を成功させる10のポイント

新入社員研修を成功させる10のポイント
 

1.新入社員研修はまず会場の確保から

大原則:【できる限り早く会場を押さえる】

当たり前のことかもしれませんが、新入社員研修の会場は、できる限り早く押さえて下さい。 値段が安く、環境も良い自治体の公共施設は、早くから予約が入ります。 1年くらい前から、会場を押さえても早すぎることはありません。
とはいえ、現在、研修会場でお困りの担当者の方もいらっしゃると思います。 そんな方に、本日は、研修会場の「穴場」をお教えします。

研修会場探しに困ったとき

研修会場の穴場があります。

【その1】自社の部屋の有効活用

「灯台下暗し」ということもあります。 社内およびグループ会社などの施設が使えるかもしれません。 担当の総務の方に聞いてみて下さい。 自社関連の施設を使えれば、コストも安く済みます。

【その2】不動産会社の物件

例えば、移転直後の事務所や、不動産会社の手持ち物件など、1ヶ月間だけ空き室を借りることができる物件があります。 その中には、研修会場として使用できるものも少なくありません (これは本当に「穴場」です)。 近くに、不動産屋会社があれば、聞いてみてはどうでしょうか。

【その3】民間の研修室の斡旋業者に問い合わせる

それでもだめならば、最終手段として、研修室を紹介している業者に問い合わせてみましょう。

例えば・・・
「MIC(ミーティングインフォメーションセンター)」

立地条件

新入社員は、入社日数が一番短くても、好奇心に満ち溢れているため、会社への関心は最も高いです。 ここで、会場費をケチって、あまり良くない環境で研修をすると、新入社員の愛社心やモチベーションにも影響しかねません。 また、新入社員に安心して学べる環境を提供すれば、彼彼女たちの将来に期待をしている社長・役員は安心するでしょう。

良い立地の研修会場とは、

【1.自社に近いこと】

新入社員の負担にならないよう、あまり遠い会場は避けましょう。 また、研修の雰囲気を気軽にのぞくことができる、という観点からも、「自社に近い」に越したことはありません。

【2.周辺環境が研修に適した地域】

新入社員が遊び気分にならないように、あまり繁華街などに近くない会場の方が良いでしょう。 まれですが、新入社員研修の時期に、講義が終わった後、近くの繁華街に遊びに行き、酔って暴れて問題を起こしたという話も聞いたことがあります。

【3.設備ができる限りきれいなこと】

あとは、もちろん、研修能率を左右する机やPCなどの設備ができるだけ整っていた方が良いでしょう。 周辺地域への気配りも忘れてはなりません。人の出入りが増えることで、研修会場周辺にご迷惑をかけることもあります。
「いつからいつまで、研修を行います。ご迷惑をおかけするかもしれませんが、よろしくお願い致します」というように、会場近くのお店や会社などに、挨拶をしておいた方がよいでしょう。

ページトップへ

本コラムの関連研修・サービスはこちら

新入社員研修を成功させる10のポイント【記事一覧】

ページトップへ

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

ページトップへ

今日の仕事に役立つひとこと

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 17,182
  • 企業内研修
  • 11,620回
  • 公開講座
  • 5,562回
  • お取引先数※2
    • 21,006
  • 受講者数※1
    • 41.5万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

内容評価:%
講師評価:%

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2003年6月から2017年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年10月~2017年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソースのHRMレポート
【講演録】人的資源管理の流れ
日本型経営を支える管理職の役割「現在求められる中間管理職の役割」
管理職に求められる能力について
「成長企業の人材育成」
経営マネジメントのコツ~バーチャルマネジメント研究所

研修運営に役立つレポート
新入社員研修を成功させる10のポイント
研修運営「ちょっと役立つ」101のコツ
研修を語る~ベテラン講師や研修制作者が研修に込めた「想い」とは
新作研修ができるまで

ビジネスに役立つレポート
ビジネス文書文例集
あなたにも簡単にできるクレーム対応の勘所
オフィス節電プロジェクト
インソースが考える「奥の手・猫の手」
インソースマナーブック
社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

 
今月のピックアップテーマ

※上記受講者数は2016年4月~2017年3月の数値です。

INSOURCE TOPIC

インソースブログ

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。