人材派遣の実稼働者数、全地域平均は前年同期比102.7% 21四半期連続で前年同期比プラス

2018年11月30日

人材派遣の実稼働者数、全地域平均は前年同期比102.7% 21四半期連続で前年同期比プラス

 人材派遣の実稼動者数の四半期平均の前年同期比は102.7%となっていることが、日本人材派遣協会の労働者派遣事業統計調査で分かった。地域別に見てもすべての地域で前年同期比がプラスとなっている。

 2018年7~9月期の派遣社員の実稼動者数(月平均)は前年同期比102.7%の35万3062人で、21四半期連続で前年同期を上回った。

 派遣社員の実稼動者数の前年同月比を地域別に見ると、北海道(101.9%)、東北(102.1%)、南関東(101.5%)、北関東・甲信(104.7%)、北陸(106.5%)、東海(106.2%)、近畿(104.4%)、中国(101.4%)、四国(101.8%)、九州(103.3%)となり、すべての地域で前年同期と比べ増加した。

 最も前年同期比が高かった「北陸(106.5%)」は、8四半期期連続で105.0%を超えており増加傾向が続いている。また、「北関東・甲信地域」の実稼働者数(四半期平均) 1万7843人は、第2四半期に引き続き調査開始以来の最多人数となった。

 業務別に見ると、情報処理システム開発(100.4%)、機器操作(91.2%)、財務(80.3%)、貿易(139.8%)、一般事務(113.4%)、営業(95.5%)、販売(90.5%)、製造(104.5%)、軽作業(101.6%)だった。

 業務別の実稼働者数は「貿易」(139.8%)と「一般事務」(113.4%)が前年同期比の伸び率が高い。また、「製造」(104.5%)は2013年第4四半期(10〜12月期)から20四半期連続の増加となった。

 一方、「営業」(95.5%)は5四半期ぶりにマイナスに転じている。また、「財務」(80.3%)は2015年第4四半期(10〜12月期)から12四半期連続、「販売」(90.5%)は2016年第4四半期(10〜12月期)から8四半期連続のマイナスとなった。

 紹介予定派遣の実稼働者数(月平均)は前年同期比102.8%の5610人で、13四半期ぶりに増加に転じた。

 短期派遣(30日以内)の実労働者数(月平均)は前年同期比109.5%の8万8276人となった。

 調査は、労働者派遣事業を行う全国の514事業所を対象に実施した。

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

お仕事歳時記

人材育成の7つのポイント

スピード見積もり

インソース採用情報