loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

事務職のための業務改善研修~オペレーションミスを防止する編

事務職のための業務改善研修~オペレーションミスを防止する編

自身の業務を分解し全体像を把握することで、ミスが起こらない仕組みを考えます

研修No.2110100

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • ・業務でのミスを減らしたい方
  • ・ミス防止について、業務改善に取り組みたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • どうすればミスを減らすことが出来るのか、わからない
  • 確認することを心がけているが、どうしてもミスしてしまうことがある
  • わかっていてもおざなりにしてしまい、結果ミスに繋がってしまう

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、ミスの起こる原因や特徴を理解し、まず自分がミスを起こさないポイントを整理します。「人間はミスをしてしまうもの」を前提として、ミスを防止する仕組みについて学んでいただきます。

◆研修のポイント
①ミス防止のための思考
②仕事の分解
③適正なチェック
④業務の見直し
⑤ミス防止対策の計画作成

到達目標goal

  • ①自身の業務において、ミスの起きやすい仕事の仕方を改善することができる
  • ②ミスを防ぐための仕組みや、工夫を知ることができる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.ミス防止の考え方
    【ワーク】ミスはなぜ発生するのか考える
    (1)人はミスを犯すもの
    (2)ミスの種類と要因
    (3)ミス防止のためのシステム思考① ~まず個々人がやっておくべきこと
    【ワーク】課長の依頼を引き受ける際に確認すべきことを「QDCR」の
    枠組みで考える
    (4)ミス防止のためのシステム思考② ~ミス発生後
    (5)ミス防止はPDCAサイクルで考える
講義
ワーク
  • 2. ミスが起きやすいポイントの見つけ方
    (1)仕事の流れを整理する
    【ワーク】幹事として、歓迎会の案内をメールするまでの仕事の流れを
    整理し、注意すべきポイントを考える
    (2)仕事の流れを検証する視点
    (3)【演習】請求書送付をもとに考える
    (4)【演習】自分の業務について考える
講義
ワーク
  • 3. ミス防止のための適正なチェックとは
    (1)チェックリスト作成の原則
    (2)チェックした後の動きを明確にする
    (3)【演習】請求書誤送付、メール誤送付防止のチェックリストを考える
    (4)【演習】自分の業務について、ミスのチェックリストを考える
講義
ワーク
  • 4. ミス防止のための仕組みとしかけ
    (1)業務見直しの考え方
    (2)仕組み・しかけの工夫
    (3)ミスに事前に気づくための工夫
    (4)対策案の評価方法
    (5)【演習】仕組み・しかけの工夫による対策検討
講義
ワーク
  • 5.実際の業務におけるミス防止を考える
    (1)業務の整理・見直し
    【演習】自部署の業務の整理・見直し
    (2)【演習】対策案の検討
講義
ワーク
  • 6.ミス防止のための計画作成
    (1)計画作成におけるポイント
    (2)計画実施時の注意点
    (3)対策実行後の振り返り
講義
  • 7.まとめ
    【演習】研修を踏まえ、現場でやるべきことを具体的に考える
ワーク

企画者コメントcomment

人の手を通して業務を進める限り、ミスをなくすことはできません。ダイバーシティの時代においても、「人」によらない仕事の仕組みづくりは重要です。本研修では業務をしている「人」に焦点を当てるのではなく、状況や環境のように「仕組み」について焦点を当てています。こうすることで、業務の属人化を防ぐことができるとともに、業務の改善につなげます。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.6%

講師:大変良かった・良かった

95.2%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2021年10月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
88.9%
参加者の声
  • 暗黙知を意識して確認事項の洗い出しをすると、経験値の差が明確になるのは気づきであった。業務スキルの均一化のための分析ツールとして活用する。
  • ミスの原因を探るにあたって、無意識的に暗黙知として進めているものはないかを考える。また、ミスの発生しない・ミスに気づける業務フローを探して改善する。
  • 自己の業務の方法などを立ち返って考える良い時間となりました。暗黙知、チェックリスト、コミュニケーション、思い込みによるミスを防ぐ方法を業務に活かします。
  • 自分のミスから職場全体のミスについて考え、業務改善に役立てたいと思いました。根本原因の解明、業務見直しにあたっての廃止検討、チェックリストの作成等、取り入れます。

実施、実施対象
2021年7月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「人はミスを犯すもの」を前提として、ミスしてもチェック機能が働く仕組みを作ることが重要と感じました。また、それは担当者だけが考えるのではなく、全体を巻き込んで一緒に考えること、そして意見を言いやすい環境作りを心掛けます。
  • これまではミスがあった際に、「次はもっと頑張れば良い」と精神論だけで解決しようとしており、それは結果的に現実から逃げていただけということを痛感しました。何が原因だったのか・具体的な対応策は何のかということを突き詰めながら業務にあたります。
  • 自身の業務を細かく整理していき、現在活用しているマニュアルやチェックリストをより適切な形にしていきます。また、依頼をされた際にQCDRの枠組みを意識して対応します。
  • 自分が悩んでいた、何度も繰り返しているミスに関してはチェックシートを個人で作成し、今後の確認の際は、自分の目視と感覚だけでなくシートに基づいた確認をしていきます。
  • 注意力をあげるなど意識的なことも必要ですが、ミス防止のためのチェックリスト作成や業務の見直し、マニュアルの見直しなど、具体的にできることを実践します。

実施、実施対象
2021年6月     15名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
93.3%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ミスを無くす仕組みを考えて、業務のミスを減らすために活かします。現状分析を行い、簡単な方法で行うことができる見える化を実践します。
  • 業務整理を行い、文章化すること、言葉にしてチームで考えること、この2つを念頭に、日常業務を見直していきます。また、5回のなぜを繰り返すのが根本的な原因がわかるということが一番印象に残りました。
  • 業務のミスの防止、改善は自分の仕事の持っていき方次第でできることなのだと改めて思いました。慣れて安易に捉えてしまわないこと、業務の見える化、業務の棚卸し、しくみを変えることなどを心がけます。
  • 業務見直しで、簡素化や標準化できそうなものをまずは実践します。チェックリストを作成し、同じ業務をする人に共有するということも取り入れます。

実施、実施対象
2021年1月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
88.9%
参加者の声
  • ナレッジの整備、職場のコミュニケーションの見直しを実施し、ミス削減につなげていきます。
  • ミス防止や影響を最小限にとどめるため、チェックリストやマニュアルをしっかり整備し、QCDRSも実施します。
  • ヒューマンエラーを無くすために自分なりに、チェックリストを作成して役立てます。また、起りうるミスについても考え、対策していきたいと前向きに捉えられました。
  • 自分の業務におけるミスの削減のみならず、部門内へ展開し組織全体のミス削減に役立てます。
  • ミーティングや再発防止の会議のときに、とにかく沢山の案を出す、ということをすぐに実行します。

実施、実施対象
2020年12月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ミスを防止するためにはどこをチェックすべきか、具体的に誰が見ても同じ内容で伝わるようなチェックリストを作成します。また、過去のミス案件も共有し「ミスは誰でもある」という認識を共有します。
  • ミスのないように進めている仕事でも、小さなミスが大きなミスへとなります。重要度の高いチェック項目を確認し、ミスを少なくしていきます。
  • ミス防止の対策として、研修で習った内容を自業務に反映します。チェック項目を見直し、重点的にチェックしなければならない項目をまとめて作り直します。
  • QCDRを考えながら業務を進めます。チェックリストを作成してみます。
  • ミスを事前に防げる環境をつくることからはじめていきます。まずは、チェックリストを作成してみたいと思っています。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.6
講師がとても良い・良い
95.2

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修