事務職のための業務改善研修~オペレーションミスを防止する編

事務職のための業務改善研修~オペレーションミスを防止する編

研修No.2110100

  • 研修プログラム例
  • スケジュール
  • 受講者の評価
  • お問合せ

対象者対象者

・業務でのミスを減らしたい方
・ミス防止について、業務改善に取り組みたい方

◆受講される方やご担当者さまのお悩み
 「どうすればミスを減らすことが出来るのか、わからない」
 「確認することを心がけているが、どうしてもミスしてしまうことがある」
 「わかっていてもおざなりにしてしまい、結果ミスに繋がってしまう」

研修内容研修内容

本研修では、ミスの起こる原因や特徴を理解します。まず自分がミスを起こさないポイントを整理します。「人間はミスをしてしまうもの」を前提として、ミスを防止する仕組みについて学んでいただきます。

◆研修のポイント
①ミス防止のための思考
②仕事の分解
③適正なチェック
④業務の見直し
⑤ミス防止対策の計画作成

ワークのポイントワークのポイント

①過去の経験から、なぜミスは起きるのか改めて振り返っていただきます。
②業務の流れを分解し、間違いが起きると重大な事故になる作業を考えます。
③分解された業務をもとに、ミス防止のチェックリストを作成します。
④自部署の業務の洗い出しをし、対策案の検討・評価を行います。
⑤ミス防止のために、現場でやるべき具体的なことを考えていただきます。

おすすめおすすめリンク

研修プログラム研修プログラム例

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.ミス防止の考え方
    【ワーク】ミスはなぜ発生するのか考える
    (1)人はミスを犯すもの
    (2)ミスの種類と要因
    (3)ミス防止のためのシステム思考①
         ~まず個々人がやっておくべきこと
    【ワーク】課長の依頼を引き受ける際に確認すべきことを「QDCR」の
    枠組みで考える
    (4)ミス防止のためのシステム思考② ~ミス発生後
    (5)ミス防止はPDCAサイクルで考える
講義
ワーク
  • 2. ミスが起きやすいポイントの見つけ方
    (1)仕事の流れを整理する
    【ワーク】幹事として、歓迎会の案内をメールするまでの仕事の流れを
    整理し、注意すべきポイントを考える
    (2)仕事の流れを検証する視点
    (3)【演習】請求書送付をもとに考える
    (4)【演習】自分の業務について考える
講義
ワーク
  • 3. ミス防止のための適正なチェックとは
    (1)チェックリスト作成の原則
    (2)チェックした後の動きを明確にする
    (3)【演習】請求書誤送付、メール誤送付防止のチェックリストを考える
    (4)【演習】自分の業務について、ミスのチェックリストを考える
講義
ワーク
  • 4. ミス防止のための仕組みとしかけ
    (1)業務見直しの考え方
    (2)仕組み・しかけの工夫
    (3)ミスに事前に気づくための工夫
    (4)対策案の評価方法
    (5)【演習】仕組み・しかけの工夫による対策検討
講義
ワーク
  • 5.実際の業務におけるミス防止を考える
    (1)業務の整理・見直し
    【演習】自部署の業務の整理・見直し
    (2)【演習】対策案の検討
講義
ワーク
  • 6.ミス防止のための計画作成
    (1)計画作成におけるポイント
    (2)計画実施時の注意点
    (3)対策実行後の振り返り
講義
  • 7.まとめ
    【演習】研修を踏まえ、現場でやるべきことを具体的に考える
ワーク

スケジュールスケジュール

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
※一部の研修は、割引対象外となります。
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

注意点お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

(1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
(2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
(3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。

※登壇予定の講師は予告なく変更になる場合がございますことをご了承くださいませ

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。
公開講座部(03-5259-0071)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

評価受講者の評価

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた
97.9%
講師:大変良かった・良かった
96.7%

※2017年4月~2018年3月

実施、実施対象
2018年 3月     9名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ミスが発生した後、発生しそうな状況があった場合、それで終わるのではなく、なぜミスが発生するのか原因・考え・改善策を共有し、実行することが大切だと改めて感じた。
  • 自分ですぐにできる、エクセルの書式設定などから、事務ミスを誘発する精神的なケアまで色々勉強させていただいたので、会社で広めていきたいと思いました。

実施、実施対象
2018年 2月     8名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 動機をよく考え行動にうつしていきたいと思いました。1つ1つ意識的に考えることでミスを減らせるようにしたいです。
  • 自分の思い込みにとらわれず、1回考えて作業したいと思いました。また、業務での「見える化」や動機をプラスに考えてから取り組むとミスがなくなるという事を学んだのでそれを活かしていきたいと思います。
  • ミスをしてはいけない、怒られたくないと思えば思うほど、ミスをしている自分に気が付きました。被害者意識や義務感からではなく、責任感・使命感をもって明日からの業務を頑張ります!

実施、実施対象
2017年 12月     8名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ミスを起こしてしまったときはその原因を考え、記録するようにして業務に臨みたいと思いました。
  • ミスがおこることを突き止めるきっかけを教えてもらえたので、QCDRや5つのなぜなぜを使っていきたい。
  • 作業の見える化、また、どのようなミスに対してどのような処理をした等の記録を残していきたいと思いました。

実施、実施対象
2017年 10月     24名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分が普段の業務の中で自然と工夫していた点に改めて気づける良い機会でした。ミスをしてしまう原因を突き止め、正しく対応していきたいと思います。
  • 指示を出す側になったときに、相手が分かっているかを考えて伝えることが重要であると気づきました。コミュニケーションミス、油断が出ている部分を洗い出して、確認を徹底していきたいと思います。

実施、実施対象
2017年 9月     15名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • チェックリストを明確にして、業務によってはチェックリストを作成してみたいと思いました。「やらなくても良い」作業については廃止できるよう、業務を精査したいです。
  • 余裕をもって日々の業務を行うことや、余分な業務をはぶくことの重要性を学ぶことができたので、上司と話し合い精査をしていき、社内全体で共有ができるよう意見をすることから始めていきたいです。
  • ミス防止のポイントとして、やらなくても良いことを廃止することを学べたので、まずはその精査をしたいと思いました。また、他の企業の方の意見ややり方を聞くことができたので、社内でも共有したいと思います。

実施、実施対象
2017年 8月     17名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 普段の何気ない業務を考えさせられる有意義な時間でした。明日から自分の業務プロセスを見直して、PDCAサイクルを考えながら対策案を掲示していきたいと思います。
  • 今回の研修を受けてほかの業種の方と色々な意見交換ができたことはとても良かったです。日頃やっている業務と近い部分での研修なので参考になりました。

実施、実施対象
2017年 7月     10名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 作業工程を細分化する、そして書き出してみることで注意すべきポイントが浮かんでくることを実感した。「細分化して書き出す」を習慣づけるようにしたい。
  • 他業種の方から率直な意見をいただき、これまで気づかなかった視点で対策を検討することができました。実際の業務に反映させたいと思います。
  • 抽象的な内容でなく、また少人数グループで話し合うことができ、他の方の仕事や困っていることなどを話し合うことにより、改めて自身の仕事について改善する点を発見できたりしました。時間も長すぎず短すぎず、飽きることなく受講することができました。

実施、実施対象
2017年 5月     5名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 他の業種の方と交流をもて、自分一人で考えるのではなく、チームで意見交換をすることで新たな気づきを得ることができた。ミスを人のせいにするのではなく、「なぜ」「どのように」と考える指導者にならなければと思いました。
  • ミスを起こしても「次、気を付けよう」で終わってしまっていたので、なぜそうなるのか、起こらないようにどうすれべきかを考え今後は業務にあたろうと思います。チェックを何度もすればよいわけではなく、不用なやめるという判断も必要だと思いました。
  • 個人的に業務作業内のミスが多いので、その対応策を知りたかったので参加させていただき、今回、チェックリストの作成が大事だと感じました。また、QCDRや改善するための考え方、手順も教えてもらったので、予防、改善する際に生かしていきたいと思います。

実施、実施対象
2017年 5月     6名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 改善をするための方法を学び、今まで自分が気付かなかった事がよくわかりました。業務を明確にし、仕組み、仕掛けを工夫し、受講したことを役立てたいです。
  • ダブルチェックの有効性、優先事項の把握の大切さがよくわかったので、明日から早速取り入れられる部分に取り入れたいと思いました。
  • ミスはしてしまうかもしれないけれど、重点をおいて、ミスしてはいけない所はしないように気をつけていきたい。

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.9
講師がとても良い・良い
96.7

※2017年4月~2018年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
49,686
開催数※1
6,577
講座数※2
2,124
WEBinsource
ご利用社数※2
6,970

※1 2017年4月~2018年3月

※2 2018年3月末時点

お得なサービスプラン
WEBinsource
6,970社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2018年3月までの累計
人財育成スマートパック

公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております

くわしくはこちら

公開講座Leaf

受講者が研修を申し込めるシステムです。

くわしくはこちら

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録