7月の転職求人数は前年同月比31.3%減、転職希望者数は同5.7%増 パーソルキャリア調べ

2020年9月02日

7月の転職求人数は前年同月比31.3%減、転職希望者数は同5.7%増 パーソルキャリア調べ

 パーソルキャリアがまとめた「doda転職求人倍率レポート」によると、7月の転職求人数は前月比3.9%減、前年同月比31.3%減となった。転職希望者数は前月比1.1%減、前年同月比5.7%増だった。

 転職求人倍率は前月比0.05ポイント減、前年同月比0.87ポイント減の1.61倍だった。

 7月の状況についてパーソルキャリアは、「求人数は、7月中旬から東京・大阪・愛知などの大都市圏を中心に、新型コロナウイルスの感染が再拡大したことを受けて、採用活動を再度縮小・一時停止する企業が増え、前月から微減となった」とした。

 一方で、「転職希望者数は前月比でわずかに減少したが、オンライン面接の普及などによって1日で複数社の面接を受けたりと、引き続き意欲的に転職活動を行っている人も多く、前年同月比では増加した」と分析している。

 業種別にみると、求人数の前月比は8業種(その他を含まない)のうち「金融」(前月比2.8%増)のみで増加した。

 「金融」では、生命保険や損害保険関連の企業で引き続き採用活動が活発な傾向が見られ、また銀行ではデータ分析やWebのスキル・経験がある人材を中途採用する動きが高まっている。

【業種別 求人数増加率(前月比)】
金融    2.8%増
IT・通信  2.8%減
サービス  3.4%減
メディカル 4.3%減
メーカー  4.9%減
商社・流通 9.4%減
メディア  10.8%減
小売・外食 13.9%減

その他   4.4%減

 職種別では、求人数の前月比は11職種のうち「専門職」(前月比3.8%増)のみで増加した。

 「専門職」では、業務改革コンサルタントや戦略・経営コンサルタントの募集が新しく始まるなど、新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに従業員の働き方を変えようとしている企業の増加が見受けられた。

【職種別 求人数増加率(前月比)】
専門職       3.8%増
技術系(建築・土木)1.8%減
営業系       1.9%減
事務・アシスタント系2.0%減
技術系(化学・食品)2.4%減
企画・管理系    3.0%減
技術系(IT・通信) 4.0%減
技術系(メディカル)4.2%減
クリエイティブ系  5.0%減
技術系(電気・機械)6.8%減
販売・サービス系  17.3%減

 7月以降の転職市場についてパーソルキャリアでは、「新型コロナウイルスの影響により先行き不透明な状況が続いているため、採用計画の見直しを進める企業が増えている。一方で、ITインフラの整備や情報セキュリティ構築に関わる職種などでは、経験者や即戦力を引き続き積極的に採用している企業もある」とした。

 また、転職を検討している人に対して「8月以降、徐々に採用活動を再開する動きもみられるので、できるだけ早めに動くことをおすすめする」としている。

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

人事のお役立ちコンテンツ

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。