テレワーク実施率が過去最低、首都圏の実施率が低下

2022年3月02日

テレワーク実施率が過去最低、首都圏の実施率が低下

日本生産性本部が1月に実施した「第8回 働く人の意識に関する調査」によると、テレワーク実施率が前回調査(2021年10月)の22.7%から18.5%へ低下し、過去最低となったことが分かった。

テレワーク実施率は2020年5月調査の31.5%が最も高く、その後の調査では概ね20%前後で推移してきた。

まん延防止等重点措置が3県で適用中、13都県で適用される直前の1月17日~18日に実施した今回の調査では18.5%となり、過去最低となった。

従業員規模別に前回調査と比べると、100人以下では3.2ポイント(14.3%→11.1%)、101~1000人では7.4ポイント(29.4%→22.0%)、1001人以上では7.3ポイント(37.1%→29.8%)低下した。

首都圏(1都3県)のテレワーク実施率が前回調査から10.1ポイント低下(36.9%→26.8%)したのに対し、その他地域では1.3ポイントの低下(14.2%→12.9%)だった。

職種別では、これまで実施率の高かった「管理的な仕事」(47.1%→38.1%)、「事務的な仕事」(29.3%→18.8%)が前回調査から10ポイント前後低下した。

勤め先は健康に十分配慮をしてくれているかを聞いたところ、「そう思う」(13.6%)、「まずまずそう思う」(54.3%)を合わせて67.9%となり、2020年5月調査に次ぐ高い割合となった。

勤め先の業績について「不安を感じない(「全く不安は感じない」「どちらかと言えば不安は感じない」の合計)」が45.9%で、1年前の調査(36.9%)から10ポイント増加している。

今後の自身の雇用について「不安を感じない(同上)」が51.4%で、前回調査に続いて半数を超えた。

今後の自身の収入について「不安を感じない(同上)」は38.3%で、2020年5月の調査開始以来、ほぼ同じ水準で推移している。

勤め先への信頼の程度は「信頼している」(9.6%)、「まずまず信頼している」(50.6%)を合わせて60.2%となった。

健康への配慮、業績・雇用・収入の3つの不安感と、勤め先への信頼の程度との関連性の強さについて、日本生産性本部が分析したところ、勤め先への信頼と最も関連性が強いのは健康配慮、次いで、雇用不安と収入不安。最も関連性が弱いのは業績不安だった。

調査は、1月17~18日、20歳以上の日本の企業・団体に雇用されている者(雇用者=就業者から自営業者、家族従業者等を除いたもの)1100人を対象にインターネットで実施した。

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

人事のお役立ちコンテンツ

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。