従業員300人超のテレワーク企業は「メリットの方が多い」が約8割

2022年3月16日

従業員300人超のテレワーク企業は「メリットの方が多い」が約8割

帝国データバンクの「企業がテレワークで感じたメリット・デメリットに関するアンケート」によると、テレワークを実施している従業員300人超の企業では約8割が「メリットの方が多い」と回答したことが分かった。

テレワークを実施している企業は31.5%。従業員「300人超」57.6%、「101~300人」48.7%、「51~100人」34.4%、「21~50人」30.0%、「6~20人」25.8%、「5人以下」24.2%となっている。

テレワーク実施企業のうち、「メリットの方が多い」と回答した企業は47.9%、「デメリットの方が多い」と回答した企業は52.1%。

「メリットの方が多い」と回答した企業は、従業員「300人超」で78.9%と高く、従業員が少ない企業では5割程度となっている。

業種別に見ると、「情報サービス(ソフト受託開発やパッケージソフト等)」(81.0%)、「専門サービス(土木建築サービスや経営コンサルタント等)」(62.7%)などはテレワークを実施している企業が多く、「メリットの方が多い」と回答した企業はともに6割程度。

「メリットの方が多い」と回答した企業では「通勤時間や移動時間を有効活用できる」(35.7%)、「新型コロナの感染を防げる」(15.2%)、「ワークライフバランスを実現できる」(13.0%)などを具体的なメリットとして挙げている。

一方、「デメリットの方が多い」と回答した企業では、「社内コミュニケーションが減少する、意思疎通が困難」などコミュニケーションに関する問題が26.6%で最も多く、次いで、「できる業務が限られる」(19.3%)、「進捗や成果が把握しにくい」(14.6%)が続いた。

調査は、2022年2月4日~8日、全国の企業を対象にインターネットで実施し、1837社の有効回答を得た。

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

人事のお役立ちコンテンツ

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。