銀子の一筆

新人研修 働くということ

新入社員は新人研修を終えて、いよいよ実務に入っている組織も多いだろう。新人研修では、社会で働く自分を支える指針を得られただろうか?
就職に縁がなかった私には新人研修の経験もないのだが、初めて社会で仕事をすることの厳しさを肝に銘じたことがあった。

1967年当時、大卒初任給が約3万円だった頃、在学中にアルバイトの代わりとして始めた仕事の報酬は軽くその2~3倍になった。当然のように就活もせず、広告や編集の勉強をしてフリーランスのライターになった。あるとき、取引先の紹介で大手企業のマニュアルを作ることになり、ひと月ほど出向して研修を受けた。

出向先のリーダーは、自他に厳しく取りつく島もない人で、目の前で社員が何人も泣かされていた。案の定、私もご多分に漏れず、思わず涙が落ちるほど、すぐにでも逃げ出したい辛い日々だった。

ある日、私を紹介した人が様子を見に来てくれて、外に呼び出された。

「僕は、君の預金口座にいくらあるのか知らない。仮に実家がどれほどの資産家であっても、今、眼の前にあるこの仕事で、自分は食べていくんだと思わなきゃだめだよ。リーダーは問題の多い人だとは知っているが、彼の仕事は完璧だよ。悔しかったら、『なぜ彼は嫌な人なのか』じゃなくて、『なぜ彼の仕事が評価されるのか』を考えなきゃ。仕事って、そういうことだよ」

目からウロコが落ちるというのはこのことだった。

その日からリーダーの人柄なんてどうでもよくなった。黙々と自分の眼の前の仕事に専念した。当たり前のことだけれど、どう思われるかではなく、何をすべきかが最優先になった。出向を終えたとき、あのリーダーが「お疲れさん。頑張りましたね」と言ったうえで、以降の外注契約をしてくれた。

良いことがあって舞い上がりそうなとき、悪いことがあって落ち込みそうなとき、疲れて怠けてしまいそうなとき、時々思い出しては気を確かに持つように自戒している。

思えば今も忘れないあのときが、社会に出るための私の新人研修だったのかもしれない。

2019年 4月 24日 (水) 銀子

もっと見る

記事一覧へ

関連リンク

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。