クレーム対応の勘所

 【「現場のクレーム対応」より】

クレーム対応の勘所

物販店でのクレーム対応

「現場のクレーム対応」より 【第2話】

物販店でのクレーム対応

---------------------------------------------------
■今週のポイント
 
 謝罪や商品の返還に応じる前に、お客さまのお話をしっかり聴こう。
----------------------------------------------------

◇商品の欠陥・故障・汚れに関するクレーム

物販店では、「バックに傷がついていた」「純金製のネックレスのチェーン
が切れた」「服が汚れていた」など、商品の欠陥・破損(故障)・汚れなど
に関するクレームがたびたび起こります。

このようなクレームが発生した時には、お客さまの言い分をしっかり

聴いた上で(心情理解)、お客さまが不快にならないよう十分に注意
しながら、破損(故障)が発生した際の、商品の使用状態や保管方法を
手短かに確認して下さい(事実確認)。

その結果、店側に非がある場合は、お客さまにお詫びをして、商品の
交換や代金の返却に応じることになりますが、お客さまの側に非がある
場合も、「期待に沿えない」ことを伝えるだけでなく(二次クレームに
なります!)、商品のプロとして、できるだけわかりやすい言葉で、
丁寧に事実関係を説明しましょう。絶対にお客さまを見下したり、
お客さまを疑ったりするそぶりをしてはいけません。

◇釣り銭トラブル

釣り銭のトラブルは、物販店をはじめ飲食店でも多いクレームです。
対処方法は、お客さまに一大事であることを告げ(心情確認)、全力で
すぐ、徹底的に調査します(事実確認)。

ただ、これに関しては、コンビニチェーンなどで徹底されている、
「お札の枚数をお客さまに確認していただきながら数える」ということを
励行すれば問題が起きにくいでしょう。また、この方法は、店側の
釣り銭ミスを防ぐという意味でも効果があります。

◇よく起こるクレームの芽を未然に摘み取る

返品や代金の返却・釣り銭のクレームなど、よく起こるものに関しては、
「レシートの無い商品の返却はご容赦願います」、「下着の返品は
ご容赦願います」など、店頭に文書を掲示したり、商品の受け渡しの際に
お客さまに伝えたり、会員カードがある場合はそこに記載するなど、
クレームの芽を未然に摘み取る必要もあります。


◇クレーム対応研修 ~基本編(1日間)
https://www.insource.co.jp/claim/cl_claim1.html?mls101207
◇クレーム対応研修 ~クレーム2次対応編(1日間)
https://www.insource.co.jp/claim/cl_claim_nijitaio.html?mls101207

おすすめ研修

エントリー

ご登録はこちら

下記の登録フォームにメールアドレスを入力後、登録(または購読)ボタンをクリックしていただきますと購読のお申込みができます。

日本初・世界最大級のメールマガジン (メルマガ)ポータル。

「まぐまぐ!」購読規約

▼その他メルマガサイトからの登録はこちら
(※配信内容は各サイト同一の内容です)

 

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



1名から参加できるクレーム対応研修

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー