クレーム対応の勘所

 【クレーム対応のイロハからお詫びメールまで押さえておきたいポイント34】

クレーム対応の勘所

かけがえのないものをダメにしてしまったら

クレーム対応のイロハからお詫びメールまで押さえておきたいポイント34 【14】

かけがえのないものをダメにしてしまったら

クレームは決してなくなりません。これはあらゆる業界を通じて共通しています。日常的に発生するクレームの多くは、一定の手順を覚え、お客さまの心情を理解し、冷静に対応すれば、必要以上にあわてる必要のないものです。それどころかしっかりしたクレームの「作法」を身につければ、クレームを自分の味方にすることもできます。

◇9/17出版「クレーム対応の基本がしっかり身につく本」<改定版>

今回の改訂では、「お客さまとの円滑なコミュニケーションの方法」や、みなさまからのご質問の多い「激しく正当性を主張されるお客さまへのクレーム対応」「クレームeメール対応」を新たに追加しました。

前回の読者の方にも、初めて本書を手にされる方にも、新しい気づきを得ていただけることと思います。この出版を記念いたしまして、今週もその本の一部をメルマガにてご紹介いたします。

───────────────────────────────────

●事例● 形見の品を壊してクレームに

引越し作業中のミスにより、ロープがゆるみ、家具を落としてしまいました。その結果、お母さまの形見として大事にしていた家財道具一式が使いものにならなくなってしまいました〈引越業者〉。


───────────────────────────────────

■サプライズ(驚き)と頻度(訪問)で誠意を見せる

本件は、最悪のトラブルの一つです。お母さまの家財道具一式は元通りにはなりません。お金では代えられないものを、自分たちのせいで台無しにしてしまったわけです。お客さまの心の痛みは想像を絶するものがあります。そして、お怒りの激しさも、大変なものがあると思います。

このような取り返しのつかないミスは、何度も何度も訪問し、最大限、当方の誠意を見せるしかありません。何回も足を運んで、お客さまの想像を超えた頻度・熱意で対応します。「来なくていい」と言われるまで100回でも200回でも行くという覚悟が必要です。また、しかるべき立場の人間の早期訪問も必須です。

加えて、補償もお客さまの想定を超えたレベルで、「ここまでしてくれた」と言われるぐらいの対応が必要です。

同等以上の価値のある品物の贈呈などが必要となりますが、社会通念を大幅に超えた額にすべきではないでしょう。コンプライアンス(法令順守)の観点からも、誤った対応はすべきではありません。その際は、法令、社会通念を守り、かつお客さまの心情に訴えるプラスアルファの対応がポイントになります。

■金銭の支出があれば「示談書」をもらう

金銭の支出が発生する場合、額の多寡にかかわらず「示談書」「和解書」などを取り交わす必要があります。

金銭の支払い後、同じ件でクレームが再燃するのを防ぐのに有効です。法務部門や弁護士とも早めに連携して対応してください。


■クレーム対策会議を開いてクレームを減らそう

トラブル・クレーム情報は、ある意味失敗の情報でもあり、同じ職場でもなかなか共有されない性質があります。そこで、即効性のある対策として、月1回、1時間程度の職場内クレーム対策会議を開きます。会議の目的は、次の3つで、進行もほぼこの順になります。

(1)クレーム情報の共有
(2)改善策検討
(3)クレーム対応のスキル強化

会議の中では、各自が過去1カ月間で自分が対応したクレームについて、その対応策、顛末も含めて発表し、情報を共有します。手に汗握るクレーム対応が発表されるわけですから、それを聞いているだけで、どんなマニュアルを読むより、クレーム対応技術の向上につながります。当然ながら、クレームに関しては、もらさず記録を取っておくようにし、書面をもとに発表します。その後改善策を検討し、クレーム対応ロールプレイングを行います。

☆来週もお楽しみに。


おすすめ研修

エントリー

ご登録はこちら

下記の登録フォームにメールアドレスを入力後、登録(または購読)ボタンをクリックしていただきますと購読のお申込みができます。

日本初・世界最大級のメールマガジン (メルマガ)ポータル。

「まぐまぐ!」購読規約

▼その他メルマガサイトからの登録はこちら
(※配信内容は各サイト同一の内容です)

 

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



1名から参加できるクレーム対応研修

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー