クレーム対応の勘所

 【クレーム対応のイロハからお詫びメールまで押さえておきたいポイント34】

クレーム対応の勘所

長期間、同じクレームを受け続けていたら

クレーム対応のイロハからお詫びメールまで押さえておきたいポイント34 【22】

長期間、同じクレームを受け続けていたら

クレームは決してなくなりません。これはあらゆる業界を通じて共通しています。
日常的に発生するクレームの多くは、一定の手順を覚え、お客さまの心情を理解し、冷静に対応すれば、必要以上にあわてる必要のないものです。
それどころかしっかりしたクレームの「作法」を身につければ、クレームを自分の味方にすることもできます。

◇9/17出版!

「クレーム対応の基本がしっかり身につく本」<改定版>


今回の改訂では、「お客さまとの円滑なコミュニケーションの方法」や、みなさまからのご質問の多い「激しく正当性を主張されるお客さまへのクレーム対応」「クレームeメール対応」を新たに追加しました。

前回の読者の方にも、初めて本書を手にされる方にも、新しい気づきを得ていただけることと思います。
この出版を記念いたしまして、今週もその本の一部をメルマガにてご紹介いたします。

─────────────────────────
●事例● 1年間も対応し続けたケース

「以前修理した外壁が漏水する」とのことで、あるお客さまから過去1年間、雨が降るとたびたび過去の修理不具合についてクレームが出されています。
担当者がいくら調査をしても原因も被害の程度もはっきりしません。
担当者は責任感の強いタイプで、お客さまの都合に合わせて、何度も深夜作業をした結果、「もう限界」と言い残して入院してしまいました〈工務店〉。
─────────────────────────

■担当者レベルでがんばりすぎないこと

このケースでは、たびたびの夜間の訪問要求や、急な呼び出しにも、担当者は一人で最大限、誠意をもって対応していました。

しかし、現場担当者の対応だけでは、限界がある場合もあります。
あまりにも長期間に及ぶクレームには一人で対応しようとせず、上司などに支援要請することも必要です。
同時に周りも気づいて支援すべきです。


■組織対応で徹底した調査とクレーム情報共有を

住宅や家電などの耐久消費財の商品を扱う場合には、一定期間が経ってからのクレームがあったり、クレーム期間が長引いたりするケースが多く見られます。
クレームを長引かせないためにも、早期に調査を実施し、クレームの原因がどこにあるのか、修理の必要性があるかないか、修理の責任はどこにあるかをはっきりさせることが必要です。

その際は社内の専門家(場合によっては社外の専門家)を交え、原因究明を徹底して実施しましょう。

さらに、クレームの内容やその対応策を記したカルテを作り、情報を蓄積します。
定期的にクレーム対策会議(毎月1回1時間程度)を開き、「ケーススタディ」として組織全体で共有すると効果的です。

組織として同じ轍てつは踏まない、長引くクレーム事例をつくらないことを目指しましょう。

おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



1名から参加できるクレーム対応研修

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー