クレーム対応の勘所

 【クレーム対応のイロハからお詫びメールまで押さえておきたいポイント34】

クレーム対応の勘所

お客さまが泥酔していて対応に困ったら

クレーム対応のイロハからお詫びメールまで押さえておきたいポイント34 【27】

お客さまが泥酔していて対応に困ったら

クレームは決してなくなりません。これはあらゆる業界を通じて共通しています。日常的に発生するクレームの多くは、一定の手順を覚え、お客さまの心情を理解し、冷静に対応すれば、必要以上にあわてる必要のないものです。それどころかしっかりしたクレームの「作法」を身につければ、クレームを自分の味方にすることもできます。

◇9/17出版!

「クレーム対応の基本がしっかり身につく本」<改定版>


今回の改訂では、「お客さまとの円滑なコミュニケーションの方法」や、みなさまからのご質問の多い「激しく正当性を主張されるお客さまへのクレーム対応」「クレームeメール対応」を新たに追加しました。

前回の読者の方にも、初めて本書を手にされる方にも、新しい気づきを得ていただけることと思います。この出版を記念いたしまして、今週もその本の一部をメルマガにてご紹介いたします。

─────────────────────────
●事例● 1時間以上も話を聞き続けたケース

店員の接客態度についてお客さまから苦情のお電話がかかってきました。どうやらかなりの量のお酒を飲んでいらっしゃるようで、なかなか話を終えてくれません。そのうち苦情の内容はほかの問題にまで広がっていき、もう1時間以上も話し続けていらっしゃいます〈小売業〉。
─────────────────────────

■一定時間話を聞いたら後日対応

泥酔状態のお客さまの話は二転三転する上、事実と異なる場合もあり、要領を得るのがむずかしいものです。また、こちらの話もなかなか伝わらない上に、とにかく自分の意見を通そうとするので、まともに相手をしようとすると疲れてしまいます。

かといって、こちらから電話を切ったり、お引き取りいただくこともなかなかできません。

まずは相手の話を一定時間、10分なら10分と決めてひたすら聞きます。ある程度話すと満足して解放してくれる場合もあります。それ以上に話が長引きそうな場合は、電話番号をお聞きし、翌日、ご連絡する旨を伝え、その日はとにかく会話を切り上げます。


■対応はお客さまの酔いがさめてから

みなさんにも経験があるかもしれませんが、お酒が入ると、普段の自分では考えられないようなことを言ったりしてしまうことがあります。自分のしたことや言ったことを忘れてしまったり・・・。

たいていの場合、お客さまの酔いがさめて冷静になってから説明すると、案外すんなり納得していただけるものです。翌日、お電話を差し上げ、前日お客さまにいただいたご意見、ご要望と、それに対するこちら側の見解や対策をお伝えします。


■どうにもならないときは?

お客さまの怒りが激しすぎる場合は、若手や女性による応対に限り、早いうちに白旗を上げてしまうこともよいでしょう。

「大きな声で怖くて対応できません」
「私にはもう対応できません」

などと言うと怒りのボルテージが下がる場合があるものです。

当然ですが、お客さまが酔って暴れる場合は、危険ですから、警察に連絡をして支援してもらいます。

☆来週もお楽しみに。


おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



1名から参加できるクレーム対応研修

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー