営業職「誰もやらない」101の秘策

 【内気営業「中島」のマル秘営業テクニック】

営業職「誰もやらない」101の秘策

テレアポがしにくいと思うとき

内気営業「中島」のマル秘営業テクニック 【30】

テレアポがしにくいと思うとき

テレアポがしにくいと思うとき
  ~内気営業「中島」のマル秘営業テクニック

  テレアポがしにくいと思うとき、どうしていますか?私の上司は、
手にガムテープを巻きつけてがんばる」や「終わるまで立って
電話をしていると、疲れてくるので早くかけたくなる」(笑)と、言
っていました。私の工夫は以下の通りです。


■自分のなかで納得できるアポイントの理由を作っておく

私が一番電話する気になったのは、運良くお客様に繋がったと
きに話す内容を、明確にしておくことです。例えば、「こんな資料
を作ったので、ぜひ○○様にお持ちしたいと思いまして、お電話い
たしました」や、「最近の研修検討のご状況をお伺いしたいので、
ご挨拶させてください」など。そうすると、電話しなければ損という
気持ちになって、テレアポしやすくなります。


■いつもテレアポの理由を探す

アポイントの理由を探すため、電車の広告や看板はいつも良く見
ていました。知っている会社があったら、「電車でたまたま広告を
見たので、お電話してみたいと思いまして」と言えるようにしてい
ました。また、ご飯を食べにいくお店なども気にしていました。「行
ってみたらおいしかったので、ぜひお会いしたいと思いましてお電
話しました」と準備します。

本当は、新聞や雑誌から記事を見つけて、「きょう日経新聞に載っ
ていましたね。この記事の内容についてもっと話をお聞きしたいと
思い、お電話しました」と言えれば良いのですが(代表はいつもこ
れを勧めますが)、私にはそのような賢いことがいえません。仕方
なく、すぐ見えるものに注意を払うことにしていました。

なお、「行ってみたらおいしかったので~」のセリフは、実際に使って
みてアポイントをいただいたのですが、訪問は失敗しました。妙に緊
張してしまって、うまく話ができなかったからです。一応、お客様には
「いつもはお断りするんだけど、あんなふうにいわれたら、断れなくて
ね」と言ってもらえました。が、それ以降は、忙しいそうでお会いでき
ていません。・・・こんなこともありますよね。


■今の上司・松木からのコメント~リストを作ってみましょう

理由を探すというのは良いことです。テレアポする目的が明確になり、
相手にとっても会う会わないの判断が付き易くなります。漠然と挨拶
をとテレアポするのではなく、相手にとってメリットが感じられるアポの
目的を伝えることが大事です。

目的が決まったら、架電先リストを作成しましょう。特に短時間でたくさ
ん架電したいのであればこのリストは必要不可欠アイテムとなります。
このリストは業種、地域、アプローチ頻度などにより抽出して作成しま
す。抽出する際の視点はテレアポする目的とつながっていることが望
ましいです。これでどこに何のテレアポするかが決まります。よって、後
はひたすら架けるのみです。
「今日はこの50件だけやって、残りは明日やろう」とか、「あと1時間で
この10件だけかけよう」など、目標を設定してください。イメージできる
目標ができるとやる気も達成感も増して楽しくなります。


おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー