営業職「誰もやらない」101の秘策

 【営業担当者としてパワーアップを図る】

営業職「誰もやらない」101の秘策

上手に「話す」ために

営業担当者としてパワーアップを図る 【7】

上手に「話す」ために

■プレゼンテーションは短くが基本~話しすぎない


時間を浪費するプレゼンテーションは嫌われます。社長や大企業の幹部などは特に、時間がないことに加え、要点だけを端的に伝えて欲しいと考えています。なので、説明に関しては、「1分」「5分」「10分」と時間を決め、短時間で話せるように練習しましょう。


■話すスピードはゆっくりを心がける


自分では何度も話している内容でも、相手にとっては初めての内容である場合がほとんどです。よって、分かり易さを考えると比較的ゆっくり話すことが必要です。ただし、ゆっくりなだけではこちらの意図が伝わらないことがあります。強弱・繰り返し・スピードを意識しましょう。


■ワンセンテンスを短めに話す(点・丸・句読点をつける)


ワンセンテンスを20~40字で区切るように話すと、相手は、聞きやすくなります。


■専門用語はできるだけ使わない


自分では使い慣れた専門用語も、お客さまにとってはわかりにくい場合がよくあります(意識的に「ひらがな」を多用すること)。


■イメージが浮かぶように


例示「例えば・・・」など、時々、分かりやすく言い換えましょう(例示が多すぎると逆に分かりにくくなります)。


■あいまいな言い方はしない

「~と思います」「~だそうです」という言い方は、説明の信憑性を自ら落とすことになります。よく調べて、自信を持って話すようにしましょう。


■お客さまに関心を持っていただくこと


特にセールスにおいては、お客さまが「話を聞かなければ」と思うような「きっかけ」が大切です(例:「本日は、御社にとって、とても大事なお話をいたします」)。


■「一般常識」と「業務知識」を持って話すこと


業務知識が深く、よく準備されたプレゼンテーションは聞く人の心を打ちます。また逆に、例えば人権、弱者への配慮、法令遵守(コンプライアンス)、説明責任(アカウンタビリティ)などの一般常識が欠如したものは、どんなに饒舌であっても評価される事はありません。


■内容は絞り込むこと!


言いたいことを徹底的に絞り込めば、アピールしやすいのです。シナリオ(ペーパー)を作る段階で、言いたいことは徹底的に絞込みます。


おすすめ研修

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。