3月時点で進路確定した2018年卒学生は9割半ば、前年上回る

2018年8月06日

3月時点で進路確定した2018年卒学生は9割半ば、前年上回る

 調査を実施した3月時点で、卒業後の進路が確定した大学生・大学院生はともに9割半ばと前年を上回っていることが、全国求人情報協会が実施した「2018年卒学生の就職活動の実態に関する調査」で明らかとなった。

 卒業後の進路が確定した大学生は96.5%で前年比2.0ポイント増、大学院生は96.8%で前年比0.4ポイント増となった。

 大学生の文理別にみると、文系は95.8%(前年比0.7ポイント増)、理系は98.1%(同4.6ポイント増)。

 地域別にみると、関東は97.2%(前年比5.1ポイント増)、中部は96.1%(同1.9ポイント減)、近畿は95.8%(同1.0ポイント減)、その他は95.4%(同1.0ポイント増)だった。

 大学生の就職確定者の就職先への満足度は、「満足している」と「どちらかといえば満足している」を合計して89.1%となった。

 文理別にみると、文系(88.6%)よりも理系(90.3%)の満足度が高い。

 2017年調査と比べると、理系で満足度が上昇し(2.4ポイント増)、特に私立大学の理系(4.8ポイント増)でその傾向が強い。一方、国公立大学の文系大学生では満足度が低下(5.8ポイント減)している。

 大学院生は、「満足している」が54.6%から39.3%へと大きく減少した。

 大学生について就職予定先の当初の志望状況は、「当初から第1志望(群)だった」が最も多く44.9%となった。属性別にみても、文理別、地域別のいずれも「当初から第1志望(群)だった」が最も高い。

 2017年調査と比べると、「当初はまったく志望していなかった」が減少し、「当初から第1志望(群)だった」の割合が増加している。

 大学生の志望勤務地は、「都市部・首都圏派」が43.5%で最も高く、次いで「こだわらない派」が20.2%、「都市部・非首都圏派」が14.6%、「地方派」が14.3%となった。

 2017年調査と比べると、「都市部・首都圏派」の割合が3.5ポイント増加し、「地方派」の割合が10.6ポイント減少している。

 志望勤務地別の特徴は、都市部・首都圏派は「関東」居住者が多く、全員が「首都圏で就職したい」と回答している。こだわらない派は、居住地の特徴はみられないが、「海外勤務できる企業に就職したい」が4割台半ばと、他のクラスターよりも高い。都市部・非首都圏派は「近畿」、地方派は「中部」の居住者が多かった。

 調査は、2018年3月17日~28日、民間企業・団体への就職活動を在学中に経験した全国の大学4年生・大学院2年生を対象にインターネットで実施し、904人を集計した。

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

人事のお役立ちコンテンツ

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。