大学生向け研修

大学生向け研修

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

研修の目的・特徴

「社会人としての意識」を早期に身につける

少子高齢化や「働き方改革」の影響もあり、ここ数年”新卒の売り手市場”と評される傾向にありますが、依然として就職活動は大学生(大学院生)の方にとっては非常に厳しい試練となっています。また、折角その試練を乗り越えても理想と現実のギャップという悩みから生まれる「早期の離職」という新たな社会現象が問題となっており、就職に関する学生の悩みが尽きることはありません。

インソースは、学生の方が社会に出る準備をご支援し、入社・入庁まで目標を持って充実した準備期間にしていただきたいと考えています。社会人としての進路が決まる「内定」を境として、内定前の期間に受けていただきたい研修=「大学生向け研修」、内定後の期間の期間に受けていただきたい研修=「内定者研修」と位置づけています。「大学生向け研修」では、「就活支援研修」「今後のキャリア・ライフプランを考える研修」「社会に出た後、役立つスキルを身につける研修」などをご用意しております。

各研修とも、グループワークを多く取り入れ、受講者一人一人にしっかりと考えていただくことで、「社会人として働く」ということの意味を、大学生のうちから意識していただく内容としています。

大学生向け研修のポイント

就活における「面接」に役立つスキルが習得できる

就職活動において、多くの大学生がぶつかる壁が「面接」です。身だしなみなどのマナー、面接官の質問の意図の理解と応対、論理的思考力、分かりやすく伝える力など必要なスキルを身につけていただきます。

大学生のうちに今後の「キャリア」について考える

今後のキャリアを考える上で重要な「ワーク(仕事)」、「ライフ(生活)」、「マネー(お金)」に関する知識を学び、将来像を描いて人生の計画を立てていただきます。

社会に出てから役立つスキルを学生のうちに身につける

入社・入庁してすぐに即戦力として働けるスキルを社会に出る前から習得しておくことで、同期入社の仲間から一歩リードして仕事に向き合うことができます。

全力Q&A

「大学生向け研修」は、いつ頃行うのがいいでしょうか?

実質的な就活が始まる大学3年生の3月~4年生の6月の間に、「面接」や「就活マナー」について学ぶことをおすすめめします。 近年、「就活」のスケジュールは、大学3年生の3月に説明会解禁、4年生の6月に採用面接など選考解禁、が一般的になっています。就活を有利に進めるために、1・2年生のうちからインターンシップに参加する学生も増えています。

・大学生向けインターンシップ支援サービス

大学院生を対象とした研修はありますか?

「大学院生向け研修」のご用意がございます。
大学院生の方には、今後社会で活躍するために、自分の研究成果を分かりやすく、効果的に説明したり、社会人(ビジネスパーソン)としての常識・マナーなどを身につけて、自らの“有用”さをアピールし、自分を魅せる能力が必要とされています。

インソースの「大学院向け研修」では、プレゼンテーション、コミュニケーション、時間管理、ファシリテーションなどのスキルを身につける研修をご提案させていただきます。

・大学院生向け研修

内定者を対象とした研修はありますか?

「内定者向け研修」のご用意がございます。
多くの学生は入社前に「働きやすい職場かな」「上司や先輩とうまくやれるかな」「仕事についていけるだろうか」などの不安を抱えています。内定者のこれらの不安を放置してしまうと、内定辞退や早期離職に直結してしまいます。

インソースは内定者の不安を解消するべく、入社前の教育をおすすめしています。

インソースでは、研修やビジネスゲーム、eラーニングなど、様々な手段で内定者教育を支援して参りました。課題・目的に応じて最適なご提案をいたします。

・内定者向け研修

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

大学生向け研修のご提供コンテンツ

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①その他お問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!