最低賃金は平均27円引き上げ、東京・神奈川は初の1000円超え

2019年8月21日

最低賃金は平均27円引き上げ、東京・神奈川は初の1000円超え

 中央最低賃金審議会の小委員会は、全国最低賃金の引き上げ額の平均を27円と、1978年に目安制度が始まって以降の最高額とする方針を決定した。

 全都道府県で20円を超える目安額となっており、引上げ率に換算すると3.09%(前年度3.07%)となっている。

 引き上げ額の目安は、各都道府県を経済実態に応じてABCDの4ランクに分けて示されており、Aランクは28円、Bランクは27円、Cランクは26円、Dランクは26円となっている。

 この目安をもとに、各都道府県の審議会で引き上げ幅が決定される。各都道府県に適用される目安のランクは次の通り。

ランクA:埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪

ランクB:茨城、栃木、富山、山梨、長野、静岡、三重、滋賀、京都、兵庫、広島

ランクC:北海道、宮城、群馬、新潟、石川、福井、岐阜、奈良、和歌山、岡山、山口、徳島、香川、福岡

ランクD:青森、岩手、秋田、山形、福島、鳥取、島根、愛媛、高知、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

 2018年度の最低賃金をもとに目安通りに引き上げられた場合、最も高いのは東京で1013円、次いで神奈川1011円となり、1000円を超える。

 ほか、大阪は964円、京都909円、兵庫898円、北海道861円、福岡840円などとなる見通しだ。

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

研修コスト削減サービス

全力Q&A

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修