loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

業績向上のための組織づくり研修~OODAループで目的を達成する編

業績向上のための組織づくり研修~OODAループで目的を達成する編

迅速かつ臨機応変な判断力と実行力を強化し、業績を上げる組織とリーダーのあり方を追求する

研修No.3230110

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層

組織、部署、チームをマネジメントする管理職、リーダーの方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 計画通りに部署の業績が上がらず、改革を検討している
  • 現在の組織の仕事の進め方が遅く、目的・目標に対して不十分だと感じる
  • PDCAの強化など、成果を挙げるチームのあり方を模索している

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、環境変化のスピードが激しさを増しているビジネスの世界において、確実に業績を上げる組織を作るための新しい考え方、「OODA(ウーダ)ループ」について学んでいただきます。

「OODAループ」とは、柔軟かつ迅速な意思決定の流れを4つのプロセスに分けてわかりやすく 理論化したものです。

①「O」(観察)→②「O」(方向付け)→③「D」(決断)→④「A」(行動) 以上の4つのプロセスからサイクルは構成されています。

OODAループ

OODAループをふまえ、刻々と変わる状況に臨機応変に対応するには、組織はどのようなあり方が理想で、リーダーはどのように振る舞うべきなのか、事例を用いた講義とワークを通じて考え、現場における実践的な活用に繋げていただきます。

※本研修における「OODAループ」は、米国海兵隊の行動様式をインソースにて研究したものです。


到達目標goal

  • ①目的達成に最適な即断、即行動の理論「OODA(ウーダ)ループ」を学ぶ
  • ②確実に業績を上げられる、臨機応変な組織についての理解を深める
  • ③自らがリーダーとしてどのように振る舞うべきか追求し、実践につなげる

研修プログラム例program

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.OODAループ ~目的達成のための意思決定理論
    【ワーク】自組織の業績目標を達成するための課題を考える
    (1)ビジネスと戦争・戦闘の類似性
    (2)ビジネスにおいてOODA(ウーダ)ループを活用する
    (3)OODAループを活用するメリット
    (4)第1のプロセス:観察(Observe)~ありのままに状況を受け止める
    (5)第2のプロセス:方向付け(Orient)~直観的に方針を決める
    (6)第3のプロセス:決断(Decide)~決断をためらわない
    (7)第4、最後のプロセス:行動(Act)~速度と集中が最大の効果を生む
    (8)OODAを高速で回し、業績目標を達成する
講義
ワーク
  • 2.OODAを実現する組織のあり方
    (1)企業におけるOODA活用事例
    (2)組織目標・ミッション共有
    【ワーク】自組織の業績目標は何か、チームのミッションは何か考える
    (3)組織のカルチャー・人間関係
    【ワーク】自組織のカルチャー・人間関係を考える
    (4)組織メンバー全員への徹底したトレーニング
    【ワーク】自組織にどのような共通訓練・教育を行うべきか検討する
    (5)組織構造
    【ワーク】自組織の構造はどうあるべきか考える
講義
ワーク
  • 3.OODAを実現するリーダーのあり方
    (1)リーダーとしての立ち振る舞い~「サムライ」としての品格を持つ
    (2)「Observe」優れた観察者であること
    (3)「Orient」経験から課題解決の方向を示す
    (4)「Decide」困難な状況に立ち向かい決断する
    (5)「Act」行動する
    (6)人材育成者であること~「OODAに耐えうる部下」を育成する
    【ワーク】OODAを実現するリーダーとして、どうあるべきか考える
講義
ワーク
  • 4.まとめ
ワーク

企画者コメントcomment

ビジネス環境の変化が激しくなる現代では、戦略だけでなく、今まさに起こっていることに対する、現場での判断力が勝敗を分けます。刻々と変わる状況に対して迅速かつ柔軟に対応するため、アメリカ軍の意思決定理論である「OODA(ウーダ)ループ」をビジネスに取り入れることで、組織の業績向上に寄与したいと思い、本研修を開発しました。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

本テーマの評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.6%

講師:大変良かった・良かった

95.5%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年2月     26名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.3%
講師:大変良かった・良かった
80.8%
参加者の声
  • 優れた観察者であるようにする。決断と行動は「スピード」を重視する。
  • OODAを意識しながらメンバーと意見交換していくと、何かはまるものがあるかもしれない。目標・ビジョンの共有をやっていきたい。
  • メンバーへのビジョン・ミッションを明確に指導すること、意思決定のスピードを上げるよう観ること、の2点を特に意識していきたい。
  • 決める、行動するを速くしてループを回すことを意識し、スピード感を持って課題解決にあたりたいと思います。
  • 何事にもスピード感を意識して行動していきたい。短いサイクルで繰り返し試してみたい。

実施、実施対象
2019年11月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ストア売上を上げるために各々業務があるので、そこにOODAを取り入れられるかなどを具体的に検討していきたい。
  • まず自分で実践し、OODAをもっと理解していきたいと思います。また、実践に移す速さこそがOODAの原点だと思いました。
  • 身近な小さい業務から実践していく。属人化しないように気をつけてフォローをしていく。

実施、実施対象
2019年8月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 部下、若手への教育・育成について悩んでいた部分がありました。今回の内容はそのような場面に活かせるテーマなので、自分で今一度理解を深めて伝えていきたいと思います。
  • 管理職ではありませんが、OODAループについて学びたくて参加しました。さっそく業務に取り組んでいく内容を検討したいと思います。
  • 自分のチーム・プロジェクトに照らし合わせたときに、まずはツールとしてのOODAやKPIを実践していきたいと思った。それと共に、本質的なOODAへの考え方をもう少し自分の中で咀嚼して「目的達成するための意思決定」を実践したいと思う。
  • 日々の業務で発生する諸問題解決や、部下の育成を通じた組織の意思統一を進めていくうえで、この理論を展開・応用させていきたい。
  • OODAの実践的な考え、手法まで学ぶことができた。リーダーとしての意識が重要と改めて得た気づきもあり、今後マネジメントにおいて有効活用し、早速実践していきたい。

実施、実施対象
2019年6月     13名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.3%
講師:大変良かった・良かった
92.3%
参加者の声
  • PDCAサイクルに限界を感じていたので、「OODAループ」の意思決定論を研修で学び、新しい視点が増えました。
  • OODAループの実践方法を得ることができたので、今後の活動に活かしていきたいと考えました。
  • 中期経営計画達成のため、人財育成カリキュラムに組み込みます。自分が理解して、経験談を語りたいと思います。組織づくりのために、OODAを会社にフィットさせたいと感じました。

実施、実施対象
2019年1月     17名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.1%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 情報の共有化・早い判断が必要だと実感した。情報を共有化する事で判断の精度が上がるとのことだったので試していきたい。
  • OODAループに関して、ネット等で調べても分かりづらいことが多かったが、研修を受講することで理解することができた。
  • 自分のチームを運営していく指針となる内容であった。自チームの掟や目標を設定し、部下に自分の経験を伝えるところから着手し、チームとして一貫したポリシーで動けるようにしていきたい。
  • 組織が成果をあげるためには、最低限のルールと自主性・行動を起こすことが重要であることを改めて実感しました。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
97.6
講師がとても良い・良い
95.5

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修