loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

生産性向上研修

生産性向上研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

限られた資源で最大限の成果をあげる

「働き方改革」のキーワードは、「同一労働同一賃金」「長時間労働の是正」「多様な働き方の受容」です。社会は今、「限られた時間の中で、最大の成果をあげる人」を評価する、成果主義的で、きわめてシンプルな仕事の仕組みを作っていくことに重きを置き始めています。「労働生産性の向上」はビジネスパーソンにとって喫緊の課題であり、組織で働く一員として、これまで以上に意識するべきものと言えます。

生産性向上は、組織の利益を拡大させ、事業の成長をもたらします。一方、個人にとっての生産性向上は、昇給・昇格のチャンス拡大、ワーク・ライフ・バランスの実現、職業人としての充実につながります。こういった社員が増えれば、さらに組織への帰属意識が高まり、良い循環が生まれるのです。

仕事の本質を突き詰め、業務を改善・改革していくことに終わりはありません。また、生産性向上への切り口は、業務改善・変革、タイムマネジメント、コミュニケーションなど多岐にわたります。インソースでは、組織の課題がどの部分にあるのかをヒアリングしたうえで、最適なサービスをご提案します。


生産性向上研修のポイント

メンバーの立場で生産性向上のためのスキルを習得する

メンバーの立場における生産性を上げる具体的な方法には、PDCAサイクルの活用方法や、自分の仕事のムリ・ムダ・ムラをなくす分析方法、自分の仕事の流れを書き出して業務状況の把握・問題点の洗い出しを行うといったものがあり、「業務の進捗スピードや静画物の質の向上に直接的に寄与する技術・知識」の獲得を目指すことが求められます。文書を早く作成するためのビジネス文書研修や、Microsoft Officeを使いこなすExcel研修、PowerPoint研修、手戻りの発生を防ぐオペレーションミス防止研修や探し物の時間を短縮する整理力向上研修なども有効です。

管理者の立場で生産性向上のためのスキルを習得する

マネージャー・リーダーの立場であれば、チームや部署内に不要、もしくはボトルネックになっている業務がないかを数値化や工程分析によって見える化し、業務そのものの廃止、改善の検討を行うなど「全体最適化のための資源配分」の方法や管理の仕方を習得します。
かんばん方式やAIの活用など、業務手順そのものを変える・新たなシステムを導入するといった高い視座を持つことができるようになるための研修がおすすめです。

「よりよい明日」を実現する、様々なサービスをご提案

インソースには、受講者の皆さまの行動変容を促す研修以外にも、総務・人事の方に変わってストレスチェックや評価業務を運用代行するサービスや、組織内の業務マニュアルをスライド化・動画化するサービスなどもございます。
ナレッジの属人化とヒューマンエラーを防止し、組織全体の生産性向上にダイレクトに貢献いたします。


{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

生産性向上研修のご提供コンテンツ

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!