loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

労務管理研修

労務管理研修

「労働法」「タイムマネジメント」「メンタルヘルス」の基礎知識を習得し、快適な職場環境を形成する

研修No.1940000

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層
  • ・管理職の方
  • ・役職を問わずメンバーやスタッフの勤怠を管理を行っている方
  • ・新しく部下を指導、管理する立場になった方

よくあるお悩み・ニーズ

  • メンバーやスタッフの管理をする立場になったので、労務管理について1から学びたい
  • 働き方改革の文脈の中で、いま求められている労務管理について把握しておきたい
  • 法律は一応押さえてはいるが、現場で具体的にどのようにすればいいのか、よく分かっていない

研修内容・特徴outline・feature

労務管理は、管理職に求められる必須の知識です。本研修では、労働基準法等の基本知識およびワークライフバランス(仕事と生活の調和)を理解の上、組織の生産性や業務効率を高めるべく、リーダーとしてのタイムマネジメントの手法も習得していただきます。
また、メンタルヘルスのラインケアについても学び、職場での実践へとつなげていただきます。

到達目標goal

  • ①労働基準法の基本知識を理解する
  • ②働き方改革の中で求められるリーダーのタイムマネジメントスキルを習得する
  • ③メンタルヘルス(ラインケア)の基礎知識を身に付ける

研修プログラム例program

  内容 手法
 
  • 1.労務管理の基本
    【ワーク】業務の中で労務管理の疑問や知りたいことを書き出す
    (1)労務管理とは
    (2)労働政策の変遷とその背景
    (3)労務管理に関するトピックス
    (4)管理者としての心構え
講義
ワーク
  • 2.労働基準法の基本
    (1)労働基準法(労基法)とは 
    (2)労基法の最低限押さえてほしいポイント
講義
  • 3.労働安全衛生法
    (1)労働安全衛生法(安衛法)とは
    (2)安衛法のポイント
    (3)メンタルヘルスケア等の健康障害防止に関する制度
    【参考】過重労働の抑制に関する社会的要請
講義
  • 4.リーダータイムマネジメントと残業削減の取り組み
    【ワーク】残業の現状と課題について考え共有する
    (1)リーダーのタイムマネジメントのポイント
    (2)人員の適正配置
    (3)労務管理上のタイムマネジメント
    (4)業務ごとの標準時間の設定
    (5)部下に対する適切な行動管理
    (6)残業を抑制するために取り組んでいること、今後取り組みたいことを共有する
    【ワーク】超過勤務の抑制策を共有する
講義
ワーク
  • 5.リーダーのメンタルヘルス(ラインケア)
    (1)メンバーの特徴・傾向を知る
    【ワーク】自部署メンバーの特徴・傾向を整理する
    (2)職場環境の問題点の把握と改善
    【ワーク】自部署メンバーの業務の現状を整理する
    (3)予兆の把握
    (4)話を聴く
    (5)話すことの効果
    (6)「聴く」(傾聴する)意義
    (7)傾聴のポイント
講義
ワーク
  • 6.ワーク・ライフ・バランスとは
    (1)ワーク・ライフ・バランスの展開とその取り組み
    (2)ワーク・ライフ・バランスの必要性が高まった背景
    (3)「仕事」と「生活」の調和とは
    (4)ワーク・ライフ・バランスに期待される効果
講義
  • 7.まとめ
    【参考1】労働関係法の変遷
    【参考2】労働基準法に違反した場合の主な罰則
講義
ワーク

企画者コメントcomment

本研修は、ただ労働基準法などの知識を頭に詰め込むのではなく、職場環境づくりのために「現場で具体的にどのように活用すればいいか」を考えていただけるよう作成いたしました。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.7%

講師:大変良かった・良かった

95.3%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2021年3月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 心身の健康やワークライフバランス、仕事のやりがい等、何のために労務管理を行っていく必要があるのか、という目的の視点が大切であることが分かり、今後の指針になりました。
  • 部内全体のワークバランスの偏りを改善します。改善することで残業軽減はもちろん、人材育成にももっと目を向けられる部署に成長すると思いました。
  • 労働基準は、人の体や心への影響を鑑みた大切なものだと改めて認識できました。従業員だけでなく家族など周りの人にも影響する「ワークバランス」もとても大事だと改めて感じました。
  • 部下とのコミュニケーションを見直します。頻度と質の両面で改善が必要だと認識できました。
  • 正社員・派遣社員・パート含む従業員が働きやすく風通しの良い職場づくりを目指し、各個人の能力・特性を把握して業務効率化に繋げていきます。

実施、実施対象
2021年2月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.9%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 業務遂行のため、また健康のために積極的に部下とコミュニケーションをとりたいと思います。日常化している業務も改めて細分化し、よりよい労働時間となるようにしたい。
  • コミュニケーションは質と量だと思った。まずは気軽な会話でよいので、量を増やし、仕事での価値観を共有することが重要だと理解できた。
  • 労務管理に関する法律の概要、残業削減の取り組みへの考え方、メンタルヘルスケアに関する一般的な知識について、概要を頭に入れることができた。
  • 業務の悩みは人間関係が8割~9割であることから、話の最後と最後はプラスで終わらせることを意識したい。指摘をする場合は間に入れること、見えないものを見える化するなどを実践したい。
  • 上司と部下で相違がないよう、情報を目に見える形にしたり口頭でも伝え、ヌケモレがないよう共有する。

実施、実施対象
2021年1月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
88.9%
講師:大変良かった・良かった
88.9%
参加者の声
  • 組織の共通認識として法律や制度を知ったうえで業務にあたることが大切だと感じました。労務管理の重要性を改めて認識したので明日から意識を改めます。
  • 教育という大変だが大事なものから力を入れ、業務分担を再度考え残業時間削減にあたります。部下への教育を第一に、業務の優先順位付けをします。
  • 組織のビジョンを明確にし、それに向けた業務計画を立て、遂行していきます。また、部下へのフォローを密に行うことを心がけます。

実施、実施対象
2020年12月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • コミュニケーションを取ることが業務効率を上げ、ミスを防げることがあらためて確認できたため業務に取り入れます。メンタルヘルスケアをこれまで以上に身近なものとして実行します。
  • コミュニケーションのとり方の再確認、メンタルヘルスに関する理解、残業や労働時間の改善を行っていきます。職場で活かせる情報も多く、大変有意義でした。
  • 自部署のメンバーについてメンタルケア、ストレスケアについては研修の内容を活かし、アンテナを高くはるよう心がけていく。他部署の管理職への啓蒙についても図りながら、会社として労務管理のレベルアップ、課題解決につなげていく。
  • 安全配慮、コミュニケーション、メンタルヘルスなど、活かしていきます。労務管理という広いテーマなので、できる所から取り組みます。

実施、実施対象
2020年11月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 業務管理について、業務の洗い出しをして何が大事なのかを把握し直していきます。労務管理は、自部署の人達のことをどれだけ見ているか、把握しているかが重要と思えたので心掛けます。
  • 労務管理におけるコンプライアンス問題は、会社にとって大きなダメーシになることを意識し、対応するようにします。また、タイムマネジメントを検証して、生産性が少しでも上がるようにグループメンバーと共有します。
  • 労務の基礎知識を学べたため労務の実務に活かします。部下の立場で受講したので、管理者がどのように考えているのかきくことができてよかったです。
  • 標準時間の設定、実績の記録など今後実行していきます。また、部下への声かけ、ヒアリングを意識的に行います。
  • 部署内の業務見える化と共有ができるように制度として考えていきます。また、時間管理について、分析を徹底していきます。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.7
講師がとても良い・良い
95.3

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
58,332
開催数※1
8,445
講座数※2
2,859
WEBinsource
ご利用社数※2
13,492

※1 2019年10月~2020年9月

※2 2020年9月末時点

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修