loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

労務管理研修

労務管理研修

「労働法」「タイムマネジメント」「メンタルヘルス」の基礎知識を習得し、快適な職場環境を形成する

研修No.1940000

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層
  • 部長・経営層
  • ・管理職の方
  • ・役職を問わずメンバーやスタッフの勤怠を管理を行っている方
  • ・新しく部下を指導、管理する立場になった方

よくあるお悩み・ニーズ

  • メンバーやスタッフの管理をする立場になったので、労務管理について1から学びたい
  • 働き方改革の文脈の中で、いま求められている労務管理について把握しておきたい
  • 法律は一応押さえてはいるが、現場で具体的にどのようにすればいいのか、よく分かっていない

研修内容・特徴outline・feature

労務管理は、管理職に求められる必須の知識です。労働基準法等の基本知識およびワークライフバランス(仕事と生活の調和)を理解の上、組織の生産性や業務効率を高めるべく、リーダーとしてのタイムマネジメントの手法も習得していただきます。
また、メンタルヘルスのラインケアについても学び、職場での実践へとつなげていただきます。

到達目標goal

  • ①労働基準法の基本知識を理解する
  • ②働き方改革の中で求められるリーダーのタイムマネジメントスキルを習得する
  • ③メンタルヘルス(ラインケア)の基礎知識を身に付ける

研修プログラム例program

研修プログラム例
  内容 手法
 
  • 1.労務管理の基本
    【ワーク】業務の中で労務管理の疑問や知りたいことを書き出す
    (1)労務管理とは
    (2)労働政策の変遷とその背景
    (3)労務管理に関するトピックス
    (4)管理者としての心構え
講義
ワーク
  • 2.労働基準法の基本
    (1)労働基準法(労基法)とは 
    (2)労基法の最低限押さえてほしいポイント
講義
  • 3.労働安全衛生法
    (1)労働安全衛生法(安衛法)とは
    (2)安衛法のポイント
    (3)メンタルヘルスケア等の健康障害防止に関する制度
    【参考】過重労働の抑制に関する社会的要請
講義
  • 4.リーダータイムマネジメントと残業削減の取り組み
    【ワーク】残業の現状と課題について考え共有する
    (1)リーダーのタイムマネジメントのポイント
    (2)人員の適正配置
    (3)労務管理上のタイムマネジメント
    (4)業務ごとの標準時間の設定
    (5)部下に対する適切な行動管理
    (6)残業を抑制するために取り組んでいること、今後取り組みたいことを共有する
    【ワーク】超過勤務の抑制策を共有する
講義
ワーク
  • 5.リーダーのメンタルヘルス(ラインケア)
    (1)メンバーの特徴・傾向を知る
    【ワーク】自部署メンバーの特徴・傾向を整理する
    (2)職場環境の問題点の把握と改善
    【ワーク】自部署メンバーの業務の現状を整理する
    (3)予兆の把握
    (4)話を聴く
    (5)話すことの効果
    (6)「聴く」(傾聴する)意義
    (7)傾聴のポイント
講義
ワーク
  • 6.ワーク・ライフ・バランスとは
    (1)ワーク・ライフ・バランスの展開とその取り組み
    (2)ワーク・ライフ・バランスの必要性が高まった背景
    (3)「仕事」と「生活」の調和とは
    (4)ワーク・ライフ・バランスに期待される効果
講義
  • 7.まとめ
    【参考1】労働関係法の変遷
    【参考2】労働基準法に違反した場合の主な罰則
講義
ワーク

企画者コメントcomment

単に労働基準法を頭に詰め込むのではなく、職場環境づくりのために必要な要素を現場で具体的に使っていただけるように、カリキュラムを作りました。

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.7%

講師:大変良かった・良かった

96.7%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年8月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • スタッフからの質問にもスムーズに答えられるように、今日の研修をきっかけに、より一層知識の向上に努めていきたいと思います。
  • 勤務シフトや勤怠管理、労務管理に関してとても勉強になりました。今後のスキルアップにつながりました。
  • 労基法・安衛法を理解して、職場の労務を管理し安全で事故のない環境を作っていきたいです。職場のコミュニケーションを大切にしていきたいです。

実施、実施対象
2020年3月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 従業員の意欲を上げることで、業務のパフォーマンスを上げ、残業が減るように健全な労務管理につなげていきたい。
  • 単に数字のみの残業時間の減少ではなく、業務内容全体を見直していきたい。
  • 残業が減らない理由を知り、具体的な方法を考えて展開したい。周りを巻き込んだ取り組みにするために今後も情報収集に努めたい。
  • 改めて会社の制度(就業規則)の内容を把握したいと考えました。

実施、実施対象
2020年2月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 残業削減のために、スケジュール管理だけではなく、スキル確認も含めた要員の適正配置を注意して行うようにしたいです。
  • 労務管理をきちんと行っていくことで会社の利益また部下を含めた従業員にもメリットがあると感じました。今回の研修内容から業務の見直しなど、優先順位を考えながら業務に活かそうと思います。
  • 部下の管理の前に自分の管理をまず行いたいです。メンタルヘルス、傾聴は非常に大切なことなので常に気を付けたいです。
  • 相手の話が終わるまできちんと聴くという傾聴を意識して日々の業務に臨みたいと思います。
  • 働きやすい職場を目指すには労務管理は極めて重要だということが分かりました。特にリスクマネジメントについては労基法の基本と併せてテキストを見直したいです。

実施、実施対象
2020年1月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 法令など自身で理解していない部分を深めることができました。また、法令だけでなく社内で活用していくための工夫を考えることもでき、大変有意義な研修となりました。
  • 労働基準法等の法令について理解を深められたので、部署内で共有をしていきたいです。業務内容を再度把握し直し、改善をしていきたいです。
  • 自分自身は管理職ではありませんが、管理者だけでなく社員一人ひとりの意識が重要であることを学びました。残業時間の削減に努めたいと思います。
  • 法令で決められている事項、社内就業規則を理解し、労務管理を行っていく。多種多様なメンバーがいる中で、個人に合った接し方、業務分担を考えていきたい。
  • 労基法etcの知識をもって業務に臨むとともに、周囲へも認識を広めていきたいと思います。

実施、実施対象
2019年9月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 労務管理について、会社のルール(就業規定等)を再確認し、具体的な策や課題に取り組んでいきたいと思います。
  • 労務管理や部下との接し方など、基本的なことを全体に説明いただきありがとうございます。
  • 部下との接し方(コミュニケーション)について参考になったので、今後の業務に活かしていきたい。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.7
講師がとても良い・良い
96.7

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修