後継者の決まっていない中小企業が5割超

2019年11月29日

後継者の決まっていない中小企業が5割超

 中小企業で後継者が決まっていない「後継者不在率」は55.6%と、半数以上の企業に及ぶことが東京商工リサーチの調査で分かった。

 後継者不在率を産業別にみると、情報通信業が74.1%で最も高かった。この要因について東京商工リサーチでは「ソフトウェア開発などIT関連業種が含まれるため、業歴が浅い企業が多く、代表者の年齢も比較的若いことが影響しているとみられる」と指摘する。

 次いで、サービス業他が61.6%、小売業が59.3%と続き、全10産業中、農・林・漁・鉱業(48.9%)と製造業(48.3%)を除く8産業で5割を上回った。

 人手不足による影響が深刻な業種では、小売業が59.3%、不動産業58.4%、建設業は54.9%だった。

 後継者不在率を業種別にみると、最も高かったのは、インターネット付随サービス業の89.7%だった。このほか上位の10位に、通信業や情報サービス業、インターネット通販などの無店舗小売業などが並んだ。これら業種は、ビジネスモデルの成長に加え、代表者の年齢が比較的若いことが影響しているとみられる。

 一方、下位は信用組合などが含まれる協同組織金融業の24.1%だった。そのほか、熱供給業や銀行業、ガス業、鉄道業などが揃い、金融や社会インフラ系を担う企業がランクインした。

 後継者「有り」の企業8万4579社のうち、同族への承継を予定している企業は5万7187社(67.6%)で約7割を占めた。次いで、従業員へ承継する「内部昇進」が1万5006社(17.7%)、社外の人材に承継する「外部招聘」が1万2156社(14.3%)で、いずれも20%を割り込んだ。

 調査は、東京商工リサーチの企業データベース(379万社)のうち、2017年以降の後継者に関する情報が蓄積されているデータから19万521社を無作為に抽出、分析した。「後継者不在率」は、営業活動を行い事業実態が確認できた企業のうち、後継者が決まっていない企業の割合を示す。

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

人事のお役立ちコンテンツ

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。