loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

ナレッジマネジメント研修~暗黙知を伝承する

ナレッジマネジメント研修~暗黙知を伝承する

個人がもつ知識を抽出し、組織や他のメンバーに伝承していくための手段やスキルを身につける

研修No.1040200

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層

・個人の知識やノウハウを組織全体で共有する方法を学びたい管理職・経営層の方
・大量定年退職や人材の流動化等に起因する知識・ノウハウの流出の対策をお考えの方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 業務が属人化しているため、担当者が不在のときに仕事が進まない
  • 世代間・メンバー間の知識に差がある、ノウハウ共有ができていないと感じる
  • ベテラン社員が異動(もしくは退職)するため、業務効率が下がる恐れがある
  • マニュアルが作成・活用されておらず、口頭でノウハウを伝えているため、知識の共有が進まない

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、顕在化・潜在化しているナレッジ(知識)やノウハウを共有する意義と、その手法を理解し、実際に共有するための具体的な方法や運用方法を学びます。

◆研修のポイント
①ナレッジマネジメントとは~知識伝承と知識創出の重要性を考える
②ナレッジの種類~暗黙知と形式知の違いを理解する
③ナレッジの管理~知識を言語化・図解化して明示する、マニュアルを作成する
④現場の運用方法~メンバーへの指導、ナレッジの更新、ミーティングの活用に取り組む

◆ワークのポイント
・知識の格差により発生している職場での問題を考える
・伝承したい知識を洗い出し、実際にマニュアルを作成することで、具体的なナレッジ伝承の手法が身につく

到達目標goal

  • ①特定の個人が持つ知識を形にすることのメリットを理解する
  • ②業務内容を分析し、形式知化すべき暗黙知やノウハウを洗い出すことができる
  • ③形式知化した知識をもとに業務マニュアルを作成し、「新たな知識・ノウハウの創出」に応じて更新を行うことができる

研修プログラムprogram

  内容 手法
 
  • 1.ナレッジマネジメントを考える
    (1)現状のナレッジマネジメントを考える
    【ワーク】職場における世代間の知識や技術格差で発生する問題を考える
    (2)ナレッジマネジメントへの関心が高まる背景
    ①「知識」こそが価値創造の源泉 ②組織の人員構成の変化と「知識」の流出・喪失
    ③ITの進化による「知識」まわりのインフラが整う
    (3)既存の「知」の伝承と、新たな「知」の創出
    (4)ナレッジマネジメントを進める手順
    (5)ナレッジマネジメントを進める上での注意点
    ①システムの導入によって全てがうまくいくと誤解している
    ②ナレッジの提供手段が、活用シーンを想定したものとなっていない
    ③ナレッジを共有し、活用しようという組織風土が育っていない
講義
ワーク
  • 2.なぜ、ナレッジマネジメントが必要なのか
    【ワーク】ナレッジに関して何らかの対策が必要と思われる点は?
ワーク
  • 3.ナレッジマネジメントによって何を実現するのか
    (1)成果を上げるためのナレッジとは
    ①「手順・進め方」 ~成果を上げるための手段
    ②「コツ・ポイント」 ~成果を高めるための秘訣
    (2)目的に応じてマネジメントするナレッジは変わる
    ①効率的に業務の引き継ぎをしたい場合
    ②判断やバランスによって成果に差がつく仕事の場合
    ③喪失しかねない貴重なナレッジを残したい場合
    (3)伝承したい知識・ノウハウを洗い出す
    【ワーク】様々な仕事・分野から、伝承したい知識・ノウハウを洗い出す
    (4)優先順位付け
    【ワーク】洗い出した知識・ノウハウを、「影響度」と「頻度」の2軸で優先順位づけする
講義
ワーク
  • 4.ナレッジの抽出
    (1)暗黙知と形式知
    (2)ナレッジのタイプとその伝わり方
    ①「暗黙知」を「暗黙知」のまま伝える ②「暗黙知」を「形式知」化して伝える
    (3)暗黙知の表出化
    ①ヒアリング ~「手順」と「判断基準」に分けて洗い出す
    ②行動分析 ~観察を通じて必要な情報を補う
講義
  • 5.ナレッジの保存 ~マニュアルを作る
    (1)マニュアルとは何か
    ①マニュアルの現代的意義 ②良いマニュアルの条件
    (2)マニュアル作成の手順
    (3)マニュアル作成のポイント
    ①媒体の選定 ②マニュアルの様式・レイアウトなどの検討・決定
    ③マニュアルの基本構成 ④マニュアルの構造体系
    ⑤マニュアルの階層構造 ⑥フロー図の活用
    ⑦マニュアルに望まれる表現方法 ⑧マニュアルに記載すべき内容
    【ワーク】伝承したい知識・ノウハウを1つ選び、実際にマニュアルを作成する
講義
ワーク
  • 6.ナレッジを伝える
    (1)伝える技術とは
    (2)マニュアルをベースに指導、学習
講義
  • 7.ナレッジを更新する
    (1)ナレッジは変化するもの
    (2)SECI(セキ)モデル
講義
  • 8.ミーティングの活用のすすめ
    (1)マニュアル作成の問題点
    ①手間がかかる
    ②読まれるかどうかわからない
    ③継承者のニーズとずれる可能性がある
    (2)ミーティングを活用した簡易マニュアル作成方法
    ①定例的(週1回、月1回など)に「知識管理・伝承」ミーティングの開催
    ②ミーティングの形式 ③ポイント
講義
  • 9.伝承の実践に向けて
    【ワーク】ナレッジ伝承シートの作成
ワーク

企画者コメントcomment

「高い売上を継続する営業社員の方」「仕事を効率よくこなす事務職の方」といった優れた人材は、長年の経験・ノウハウ・直感・イメージといった「暗黙知」を持っているものです。この優れた人材が持つ「暗黙知」を分析し、マニュアルなどに落とし込むことができれば、組織の大きな発展につながります。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.1%

講師:大変良かった・良かった

93.4%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2021年6月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
83.3%
参加者の声
  • 生産性の向上を意識する必要があると改めて認識した。活用シーンを明確にして、暗黙知や形式知を更新しつづけることを心掛ける。
  • 見直しされていないファイルサーバにある過去の貴重なデータを共有できていないので、見える化し誰でもすぐ検索できるよう整理する。また属人化されているデータもメンバーで共有し、メンバーが交代した後も確実に伝承できるような仕組みをつくる。
  • 「暗黙知を暗黙知のままで伝承する」「新たな暗黙知を形成することも循環の一環」というポジティブな発想は目からうろこだった。組織にとって有効なデータを抽出し、共有する仕組みづくりを構築する。
  • 明確な目的意識を持って、重要度と緊急度の高いものから優先的に形式知化に取り組むこと、暗黙知のまま伝承していく方が効率的な業務を洗い出し、OJTなど伝承方法を検討することを実践します。
  • ナレッジマネジメントの目的や目標が何なのかが曖昧だったことにも気づけた。今回の学びを活かし、暗黙知を含む様々なナレッジをうまく社内に循環していけるような仕組み・風土作りに反映する。

実施、実施対象
2020年11月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 感覚で対応していた部分について、しっかりと言語化する努力をし、全ての暗黙知を伝えることは難しくとも、できるものから、コツコツとチーム全体を巻き込んで、実践していきます。
  • 暗黙知を洗い出して、チーム内共有をすることで、自分の業務が楽になるように今後活用していきたいと思いました。
  • 属人化を防ぐための、ナレッジに優先順位づけをし、業務に取り入れたいと思います。
  • 切口と事前の考え方を踏まえて取り組もうと思いました。共有は組織で行い更新していくものということを忘れずに進めたいです。

実施、実施対象
2020年9月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 他部署で内部監査の検出課題でナレッジマネジメントに関するものがありました。前任者が退職し引き継ぎされていなかったものでした。引き継ぎの場を設けてもらう事を提案してみたいと思います。
  • 各種業務のマニュアル化、Q&A集等の作成など、携わる業務は暗黙知である事が多いので個人ではなく会社としてマニュアル作成する必要があると思いました。トレーニングの4ステップは意識して行っていきたいと思います。
  • 見える化したマニュアルを作成し、ベテランの経験を生かしたノウハウの入ったものを作りたいと思います。伝えているつもりでも、相手には伝わっていない場合がある事があるので、具体的な見た目で分かるものを作成したいです。
  • ナレッジを共有する意義を改めて認識できました。計画を立てて、マニュアル作成や教育を進めていきたいと思います。
  • 現業務を1人で担当している為、人事異動や急な入院時等私の不在時でも業務が回る様にしておきたいです。

実施、実施対象
2020年7月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今後の業務で、マニュアルの整備・見直し、知識共有化のための枠組み作りへの取り組みに活かしたい。
  • MIXへの事象の落とし込みを行い、棚卸しからsmall startを行うと思います。コミュニケーションのコツ等も教えてもらえたので、職場で実施してみたいです。
  • システム構築のため、MECIモデルを自分だけではなく、他の社員に定着させていきたい。

実施、実施対象
2020年3月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 業務知識の共有の使い方について学ぶことができた。本日の考え方、資料を用いて社員間のスキル向上に努めていきたい。
  • 業務改善は自分の視点でしか考えていませんでしたが、全体に活かすという視点で受講できてよかったです。
  • 業務知識の共有の仕方について学ぶことができた。本日の考え方、資料を用いて、社員間のスキルの向上に努めていきたい。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.1
講師がとても良い・良い
93.4

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修