loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ナレッジマネジメント研修

ナレッジマネジメント研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

「組織の知」を確実に伝承するために

合併や吸収などにより大規模な体制の変更がなされたり、労働力不足から構成員が多様化していったりしていく中で、組織内の業務の進め方や知識・ノウハウはかつてのように人から人への口伝による伝承が難しくなってきています。

多くの組織で、従業員個人がそれぞれに持っている知の資産を「組織の知」として形にして残し、さらにそれを次の世代に伝えていく仕組みを作ることが喫緊の課題として挙げられています。

インソースでは組織としてのナレッジマネジメント体制そのものを構築するためのコンサルティングから、業務における様々な「知」を洗い出し、形式知化するマニュアルの作成、さらにそのマニュアルを用いた伝承・展開していく方法を習得する研修の実施、文章化されたマニュアルの動画化・スライド化の支援まで、お客さまの課題に即したサービスをご提案いたします。


ナレッジマネジメント研修のポイント

ナレッジマネジメントがなぜ必要なのかを正しく理解する

「通常業務の処理だけで手いっぱい」という現場では、なかなかナレッジマネジメントのための時間を確保できないという方も少なくありません。しかし、その状況そのものがリスクであることを認識してもらうことで、前向きな危機感を醸成します。

伝承すべきナレッジに優先順位をつけ、適切に明文化する

とはいえ限られた時間の中で、すべての業務のノウハウを文書化するなど現実的ではありません。インソースのナレッジマネジメント研修は、伝承すべきナレッジを洗い出し、実施することで得られる効果が高いものから優先的にマニュアル化していくことをおすすめしています。
具体的なマニュアルの作成手順だけでなく、短時間で作成するコツや更新のしやすさを踏まえたポイントをお伝えします。

伝え方にも工夫が必要

マニュアルを作成したとしても、それがメンバーにうまく伝わらなければ意味がありません。定期的なミーティングを設定して情報共有の時間をつくる、マニュアルを用いてOJTに活用するなど、「伝え方」についても言及できるのが、インソースの研修の強みです。


{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

ナレッジマネジメント研修のご提供コンテンツ

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!