管理職研修~マネジメントの本質を理解し、現場の実践を振り返る編(2日間)

2304管理職研修~マネジメントの本質を理解し、現場の実践を振り返る編(2日間)

B NMG322-0500-2304

18/09/06 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

本研修の「ねらい」

■組織として高い成果を生み出すマネジメント力

成長する組織の管理職には、自己の仕事のみならず組織全体の仕事のクオリティを高め、人材を育て、リスクを排除し、高い目標を達成するマネジメントスキルが求められます。

■「あるべき管理職像」を明確にする

本プログラムでは、1日間の研修を通して、今御社で求められている「あるべき管理職像」の一つ一つを明確にします。
その上で、管理職としての自分自身の仕事を振り返り課題点を把握していただくことを通して、管理職としてのマネジメントスキルを習得していただきます。


研修プログラム例

B NMG322-0500-2304

研修プログラム例
 
内容
手法
 
  • 1.管理職としての「意識改革」
    (1)【グループディスカッション】立場を変えて考える
     ①あなたが経営者(もしくは上司)なら自分に何を求めるか?
     ②あなたが部下・後輩なら自分に何を求めるか?
     ③あなたがお客様なら自分に何を求めるか?
    (2)管理職に求められる心構えとは?
     ①管理職の責任範囲を知る
      ~チームのパフォーマンスにコミットする
          /部下の失敗は自分の共同責任
     ②管理職の影響範囲を知る ~部下の人生に影響力をもっている
     ③心得ておくべき行動基準
      ~「ぶれない」「迎合しない」「素直で謙虚」
       常に部下は管理職の行動を見ている
    (3)マネジメントの本質を理解する
     ①マネジメントの目的とは?~個人ではなく組織で成果を挙げること
     ②3つのマネジメント項目~人・業務・リスク
    (4)マネジメントの本質はPDCA
     ①マネジメントは「結果」と「プロセス」を管理する
     ②マネジメントの実践
    (5)これまでの自分自身のマネジメントを振返る
     管理職として「今後出来るようにならなくてはならないこと」を明確
     にして、今回の研修の目標を整理していただきます。
講義
ワーク
  • 2.人のマネジメント~人材を育てチームパフォーマンスを高める
    (1)現場での教育・指導(OJT)とは?
    (2)人材育成のポイント ~戦略的に育成する
    (3)人材が育ち個々のパフォーマンスを高める「職場」を作るためには
    (4)教える、指示を出す
    (5)ほめる~日常的に部下・メンバーをほめて育成する
     【グループワーク】ほめ力実践講座
    (6)「叱る・指導する」ということの理解
     【グループワーク】 「叱る・指導すること」実践講座
    (7)報告させる、相談を受ける~報告したくないことを報告させる工夫
     【グループワーク】報告の受け方実践講座
講義
ワーク
  • 3.業務のマネジメント ~モチベーションとパフォーマンスをコントロールする
    (1)チームのタスクコントロールとPDCA
     ①やりがいのある仕事を作り出す仕事の任せ方と管理方法
     ②部下の自主性を引き出すためにマネージャーがすべきこと
     ③情報共有のポイント
    (2)業務フローの策定・運用・改善
     ①業務管理の基本 ~業務プロセスの見える化
     ②業務管理の3つのポイント
     ③業務プロセスを見直す6つの視点
     【個人ワーク】自部署の課題を6つの視点で洗い出す
    (3)「業務のマネジメント」における判断のポイント
     ①判断のポイント ~重点志向、層別、ばらつき
     ②求められる判断の軸を確立する
講義
ワーク
  • 4.リスクのマネジメント ~予めリスクを排除し、チームパフォーマンスを高める
    (1)リスクマネジメントの必要性
    (2)リスクの予測と評価 ~管理職として管理すべきリスクとは?
     ①業務リスク(業務ミスや非効率など)
     ②人的リスク(人事・労務問題)
     ③法的リスク(コンプライアンス・関係法令)
    (3)リスク発生直後の対応  (4)リスクは組織で管理する
    (5)リスクマネジメント実践演習
    【グループワーク】業務で使う「リスク管理シート」作成
     ~リスクの洗い出しと予防策・対応策を考える
講義
ワーク
  • 5.まとめ ~より自部署のパフォーマンスを高めるために
    研修内容を踏まえ、マネージャーとしての「出来ていること」「出来ていないこと」を整理し、より自部署のパフォーマンスを高めるために何をすべきか?を考え、グループ内で「明日からの行動目標」として発表・コミットメントしていただきます。
講義
ワーク

 

研修プログラム例
 
内容
手法
 
  • 1.前回の課長研修からこれまでの現場実践を振返る
    (1)課長としての取り組みを振返る
     ①「小さな成功体験を積み重ねる」
      課長として自分はこの期間にどのようなことに取り組んだか?
      その結果としてどのような成果が得られたか?を考える
     ②事前課題をもとに意識・行動・環境・組織の変容について、
      全体の成功体験や工夫・ノウハウを共有する
    (2)現場で実践をする中で自身課題だと感じたことは何かを共有する
    (3)各グループ毎に共有・洗い出した課題対する解決策を考える
講義
ワーク
  • 2.前回の研修の振返り
    ※前1(3)で出てきた内容を踏まえつつ、前回の研修内容を振返る
講義
ワーク
  • 3.会社を強くするための経営リーダーシップを鍛える
    (1)"課題解決力"を鍛える
    (2)強い組織(チーム)をつくる~リーダーシップを発揮する
    (3)インプルーブメント(改善)機能を発揮する
    ~業務改善を通じて、難局を乗り切る方法を考える
    (4)イノベーション(新規創造)機能を発揮する
    ~業務改善では超えられない壁を「新規創造」を通じて考える
講義
ワーク
  • 4.課長として今後解決すべき課題
    事前課題を元に課長層に不足しているスキルや考え方を体得
    例①:コーチングをはじめとした「リーダーコミュニケーションスキル」
    例②:労務・法務管理をはじめとした「リスクマネジメントスキル」
    例③:組織的な課題を解決するための「課題解決力」
講義
ワーク
  • 5.実践ケーススタディ
    事前課題を元に課長が今直面している課題に対して実践的なケーススタディを作成し、皆様に取り組んでいただきます。

    ケース例①:
    私の部下は、非常にわがままです。普段は優秀でいいのですが、手間のかかる業務や苦手な業務をお願いすると、表情を曇らせたり反抗的な態度に出ることがよくあります。どう対処したら良いでしょうか?
    ケース例②:
    ある民間企業の労務管理失敗例から学ぶ
    ケース例③:
    現状会社として取り組むべき課題を洗出し、優先順位付けをするとともに課長として取り組むべき課題を特定し、解決策をたてる。
講義
ワーク
  • 6.まとめ
    今後よりマネージャーとしての「出来ていること」「出来ていないこと」を再度整理し、改めて「明日からの行動目標」を発表・コミットメントしていただきます。
講義
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:https://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

実績と受講者の声

実施、実施対象
2017年 11月     20名
業種
サービス業(BtoC)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.0%
講師:大変良かった・良かった
90.0%
参加者の声
  • 今回学んだ、コミュニケーションの取りやすい環境作りや仕事の教え方、指示の出し方を今後の業務に活かしたいと思います。
  • 管理職としての役割を再認識し、今後の自分の業務の方向性を考えることができました。特にリスクマネジメントは管理職だけでなく、部署に戻り職場全体で考え、共有していかなければならないと思いました。
  • リスクは今後検討しなければいけないことが多くあることに気づかされました。常にさまざまなことのリスクを考えて業務を行い、併せて対応策を考えておく事が重要だと思いました。

実施、実施対象
2017年 2月     34名
業種
不動産
評価
内容:大変理解できた・理解できた
97.1%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相手を理解することが大事だと感じたので、部下としっかりと対話し、個々に対して成長を促すことができるように行動しようと思いました。ディスカッションをすることでいつもより深く考えることができました。定期的に自分自身で振り返ろうと思います。
  • 自分がどのように部下を育てていくのか、また、会社が求めていることに応えられているのか、多くの事を考えながら、日々の業務に活かしていきたいと思います。色々な意見を聞くことができてとても役に立ちました。
  • 部下の育成を行ううえでの接し方や、問題解決のヒントとして本日の研修を活かしたいです。マネジメントの重要さを学ぶことができ、自分の行動を振り返る良い機会となりました。

実施、実施対象
2017年 1月     23名
業種
サービス業(BtoC)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.7%
講師:大変良かった・良かった
82.6%
参加者の声
  • 自分の業務を見直すことができるいい機会でした。役割分担をはっきりさせて、任せられるものは任せていき、業務に対してのモチベーションを上げることができるようにしていきたいです。皆で協力して働きやすい環境づくりをしたいと思います。
  • 普段漠然と考えていることが整理できたような気がします。部下へ仕事を割り振る際に、今回学んだコミュニケーションの取り方を参考にします。
  • 人間関係の構築によって職場環境をよくするために、今後は、今まであまり出来ていなかった「ほめる」ということを実行していきます。自分以外でも出来る仕事を部下へ振ることで、成長させていかなければならないと一番感じました。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修のプロがお答え {{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

{{list[0]['categoryBottom']}}関連のよくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



新任管理職研修の評価
年間総受講者数
47,125
内容をよく理解・理解
94.2
講師がとても良い・良い
92.9

※2017年4月~2018年3月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■マネジメント基礎
■強化項目別
■ニーズ別マネジメント
<関連サービス>
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

成長企業の人材育成

リーダーコミュニケーション研修を語る

Gammbatte管理職

お仕事歳時記

人材育成の7つのポイント

スピード見積もり

インソース採用情報