クレーム対応の勘所

 

クレーム対応の勘所

責任逃れをしてクレームになったケース

責任逃れをしてクレームになったケース

■責任逃れをしてクレームになったケース

うちの関連会社A社がトラブルを起こしました。A社の取引先であるB社
の専務から、クレームがあったのですが、A社を担当している上司が
不在だったんです。私はこのように、B社の専務にお伝えしました。

「私は関与しておりませんのではっきりとは分かりかねますが、
A社のほうで問題があったようでして・・・」

すると、X専務は怒り出してしまい、「一体どういう管理をしているんだ!
もう取引を切る」と言われ、取引停止となってしまいました。


■組織の代表としての自覚が足りなかった

A社の担当である上司が不在にしていたので、いい加減なことは
いえないと思ったんですよね。

メールのやり取りが効率的だと思っていたこと、メールを送るのを失念
していたわけではないこと、などをお客様にわかっていただきたかった
のですね。

この場合、言えるのは、「顧客の気持ちを考えていなかった」
ということと、「組織の代表としての自覚が足りなかった」
ということです。A社の問題を自社の問題として対応しなかった
ためにクレームが激化してしまいました。


■「自分には関係ない」態度をとってしまいがち

自分の役割以外のことには手を出さず、責任を持たない傾向が
強い人ほど、「自分には関係ない」態度をとってしまいがちです。
自社が受注している案件で、「関係ない」、「わからない」ということが
あってはいけません。協力会社がどこであろうと、窓口が自分で
なかろうと、「自社案件としての責任」があることを自覚することが
必要です。


■まずは素直にお詫びすること

クレームの電話がかかってきた時点で、まずは、顧客の事情を
察して、「不便をかけていること」に対して迅速にお詫びしましょう。
そして、とにかく「責任逃れ」をしないようにしましょう。「ご迷惑を
おかけして、大変申し訳ございません。原因の追求は責任を
持ってやらせていただきます。」と、全力で謝罪することが重要です。
それから、可能であれば、「なぜこういうことになったか」、先方と
一緒に事実確認をします。

今回のケースにおける最も重大な問題は、顧客の心情を考慮に
入れず、自分の責任回避のみを考えて行動してしまったことです。
まず考慮すべきなのは、X専務の心情です。「自分には関係ない」こと
のアピールにばかり目がいき、「3ヶ月以上も納期が遅れたら、
X専務がどうなるか」ということに考えが及ばなかったのでしょう。
組織の代表として責任を持って対応してX専務に安心してもらうこと
が先決です。それから改めてX専務の心情を聴き、会社としての
解決策を探っていきましょう。X専務との関係を構築し、この案件が
結果としてうまくいかなくても、「よく対応してくれた」と、
今後の取引につなげられるようにしていくべきです。

ここでのポイントは、自社の案件として最後まで対応するということです。
厳しい対応をされたとしても、めげずにコミュニケーションを
とり続けましょう。


おすすめ研修

エントリー

ご登録はこちら

下記の登録フォームにメールアドレスを入力後、登録(または購読)ボタンをクリックしていただきますと購読のお申込みができます。

日本初・世界最大級のメールマガジン (メルマガ)ポータル。

「まぐまぐ!」購読規約

▼その他メルマガサイトからの登録はこちら
(※配信内容は各サイト同一の内容です)

 

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



1名から参加できるクレーム対応研修

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー