クレーム対応の勘所

 【基本手順】

クレーム対応の勘所

当事者意識を持つ

基本手順 【1】

当事者意識を持つ

前回まで、遭遇しがちな「よくある、困ったクレーム事例」の場面ごとの
対応のポイントについてご紹介しました。今回は、その様々な
クレーム対応の基本となる原則についてご紹介していきたいと思います。

クレーム対応には、手順があります。お客様の気持ちを鎮め、クレームを
激化させないためには、この基本手順を守る必要があります。ぜひ、この
基本手順をマスターし、皆様の現場でご活用ください!


■基本手順1:当事者意識を持つ

お客様のお申し出に対し、自分は関係ないという態度は絶対に
許されません。自分が直接関与していないことでも、お客様に対しては
自分が責任者であるという意識をもって対応します。
多くの人が、クレームに直面してしまうと驚いてしまい、つい以下のような
応対をしてしまいがちです。

お客様:「おたくに作ってもらったシステムが急に止まってしまって
困っているんだけど・・・」
応対者:「その件は、Aの担当ですね」

自分が直接関係ない案件のトラブルに関して、責任を負いたくないと
思うのは至極当たり前な感情です。しかし、困りきって電話をした
お客様は、やっとつながった応対者に「自分は関係ない」と言われて
どう感じるでしょうか?自分は当事者ではないという責任逃れの態度は、
お客様の気持ちを全く無視することになるのです。

逆に、「自分が責任者であるので何でも言ってほしい」という態度で
応対すると、お客様は、「自分は顧客として大切にされている」と
思ってくれます。

■応対のポイント

1.「自分は会社の代表である」という意識を強く持つ
2.お客様が今頼れるのは自分だけという意識を強く持つ

☆次回へ続く


おすすめ研修

エントリー

ご登録はこちら

下記の登録フォームにメールアドレスを入力後、登録(または購読)ボタンをクリックしていただきますと購読のお申込みができます。

日本初・世界最大級のメールマガジン (メルマガ)ポータル。

「まぐまぐ!」購読規約

▼その他メルマガサイトからの登録はこちら
(※配信内容は各サイト同一の内容です)

 

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



1名から参加できるクレーム対応研修

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー