クレーム対応の勘所

 【「現場のクレーム対応」より】

クレーム対応の勘所

メール・インターネット掲示板のクレーム対応

「現場のクレーム対応」より 【第6話】

メール・インターネット掲示板のクレーム対応

---------------------------------------------------------
■今週のポイント
 電子メールのクレームにはすばやく対応し、直にお客さんに会って
 対応する。掲示板でのクレームには必要なもののみ対応する。
---------------------------------------------------------
■電子メールは連絡事項での利用に限定する
基本的には、文書の場合と同じ対応を取ることになります。極力、
対面応対に誘導するか、対面確認・電話確認を行った上で
、電話での回答をすべきです。
ただし、手紙などの文書と違って、どちらかというと、安易な文書に
なりやすい点は注意する必要があります。特に携帯電話を使った
電子メールは、そもそも特有の文体になることが多く、揚げ足取り
になる危険性があります。
そこで、電子メールでのやり取りは、クレーム内容には触れず、
電話でお話したい旨の依頼やアポを取るなどの事務的連絡事項に
限って、利用するのが良いと思います。
また、メールは受信されたかどうかが確認できないため、メールを
出したお客さまが不安に思っている場合もあるので、なるべく
24時間以内にお客さま宛てに、受信した旨などの内容でメールを
返信するのが得策です。
■掲示板でのクレーム対応のポイント
 ~特殊クレームか不祥事として対応するか
掲示板あるいはホームページ(ブログも含む)でのクレームは、
クレーム主張者の手から第三者にエスカレートし、匿名ということも
手伝って、場合によっては、あることないことまで
書かれてしまうことがあります。
このような誹謗・中傷専門の匿名掲示板に対しては、いちいち
相手にする必要はなく、「落書き」だと考え無視するのが得策です。
特に、言いがかりであれば、下手に反論・交渉などせず、
プロバイダーあるいは名誉毀損など、法的な手段に訴えるほうが
よいでしょう。いわゆる「特殊クレーム」として対処すべきです。
他方、会社にとってクレームの内容につき、真摯に対応せざるを
得ないもの(商品の欠陥など)は、事実関係を公開し、謝罪すべき
ものは謝罪するなど、誠実な対応をとるのがよいと思います。
ここまできた場合は、会社として専門部署だけでなく、
経営者の判断が必要になってきます。
◇クレーム対応研修 ~基本編(1日間)
◇クレーム対応研修 ~クレーム2次対応編(1日間)
           *    *    *
●クレーム対応研修 公開講座ラインナップ
【公開講座】クレーム対応力向上研修 ~基本マスター徹底編(1日間)
【公開講座】ハードクレーム対応研修
【公開講座】クレーム2次対応研修
【公開講座】クレームEメール対応研修
【公開講座】クレーム電話対応研修
●その他、講師派遣型のラインナップはこちらから
●CS向上コンサルティングも承っております

おすすめ研修

エントリー

ご登録はこちら

下記の登録フォームにメールアドレスを入力後、登録(または購読)ボタンをクリックしていただきますと購読のお申込みができます。

日本初・世界最大級のメールマガジン (メルマガ)ポータル。

「まぐまぐ!」購読規約

▼その他メルマガサイトからの登録はこちら
(※配信内容は各サイト同一の内容です)

 

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



1名から参加できるクレーム対応研修

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー