クレーム対応の勘所

 【クレーム対応のイロハからお詫びメールまで押さえておきたいポイント34】

クレーム対応の勘所

軟禁状態になったり、監禁されたら

クレーム対応のイロハからお詫びメールまで押さえておきたいポイント34 【29】

軟禁状態になったり、監禁されたら

クレームは決してなくなりません。これはあらゆる業界を通じて共通しています。日常的に発生するクレームの多くは、一定の手順を覚え、お客さまの心情を理解し、冷静に対応すれば、必要以上にあわてる必要のないものです。それどころかしっかりしたクレームの「方法」を身につければ、クレームを自分の味方にすることもできます。

「クレーム対応の基本がしっかり身につく本」<改定版>

今回の改訂では、「お客さまとの円滑なコミュニケーションの方法」や、みなさまからのご質問の多い「激しく正当性を主張されるお客さまへのクレーム対応」「クレームeメール対応」を新たに追加しました。

前回の読者の方にも、初めて本書を手にされる方にも、新しい気づきを得ていただけることと思います。この出版を記念いたしまして、今週もその本の一部をメルマガにてご紹介いたします。

─────────────────────────
●事例● 融資を断って軟禁されたケース

取引先の社長から「大至急融資してほしい」との依頼がありました。「ご希望額の半分ならすぐご融資できます」と回答して、融資申込書を持参したところ、「希望額全額を融資してほしい」と強く言われました。支店長しか決裁できないと告げると、「支店長を呼べ、来るまで帰さない」と言われ、応接室から出してもらえなくなりました。上司に電話で相談したところ、同僚が多数駆けつけてくれ、話し合いの結果、解放されました〈金融業〉。
─────────────────────────

■話をとことん聞いて冷静になっていただく

お客さまのお宅を訪問し、商談がこじれ、会社に帰してもらえなくなる。実は、想像以上に「よくあること」です。ほとんどの場合、一見さんではなく、以前からのお客さまとの間で発生しています。よって、予見しにくいものです。

まずは、冷静に対応することを心がけます。加えて、通常の場合以上に、相手の話をとことん聞く覚悟で対応すべきです。そうした中で、お客さまに冷静さを取り戻していただくのが第一です。


■毅然と対応し安易な約束はしない

自分がパニックになりおびえると、お客さまは一層激しい態度を取るようになります。毅然とした対応を心がけましょう。

お客さまからの依頼事項があれば、「持ち帰って検討」「上司の判断が必要」と回答すべきです。安易な約束はできるだけしないようにしましょう。法律的には拘束状態で強要された契約は無効です。

また、監禁、軟禁されることは予測できないことですし、テレビドラマや映画のように窓から脱出なんてことは現実にはまずできません。ですから、職場の誰かに気づいてもらうのが一番現実的です。

その意味からも、日ごろから直属の上司、同僚に「なん時に、なんの目的で、誰のところに行く」のか、ということを連絡して外出すべきです。こうすることで異変に気づいてもらいやすくなります。


■危険性が高いときは最低でも3名で訪問

クレームへの事情説明やお詫びなどの訪問で、最初から危険性が想定される場合には、複数人数、最低でも3名で訪問し、原則、玄関でお話しします。

中で話す必要があれば、うち1人は外で待機させておきます。その際、事前に携帯の呼び出し方などで、異変が起きたことがわかるサインを決めておくと安心です。

万一、身体に危険が迫っている場合は、迷わず、手段を選ばず、その場から逃げましょう。また、自社や警察に連絡し、救援を呼びましょう。

☆来週もお楽しみに。


おすすめ研修

エントリー

ご登録はこちら

下記の登録フォームにメールアドレスを入力後、登録(または購読)ボタンをクリックしていただきますと購読のお申込みができます。

日本初・世界最大級のメールマガジン (メルマガ)ポータル。

「まぐまぐ!」購読規約

▼その他メルマガサイトからの登録はこちら
(※配信内容は各サイト同一の内容です)

 

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



1名から参加できるクレーム対応研修

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー