営業職「誰もやらない」101の秘策

 【内気営業「中島」のマル秘営業テクニック】

営業職「誰もやらない」101の秘策

「肩書き」は必ず付ける・間違えない

内気営業「中島」のマル秘営業テクニック 【63】

「肩書き」は必ず付ける・間違えない

■「○○部長」と呼ばなきゃだめだよ

以前私のお客様で、「部長」の肩書きをお持ちのお客様がいらっしゃいました。いつもかわいがってくださり、仲良しだったこともあり、何も考えずに「○○さん」と呼んでいたら、上司から「『○○部長』と呼ばなきゃだめだよ」と注意されたことがありました。それ以来、肩書きを意識するようにしています。


■肩書きがなかったら「普通の人」になってしまう

こんなこともありました。ある社長様にメールを送る時、「代表取締役」という肩書きを付け忘れて文面を作り、上司に見せにいったら、しっかりつけるようにいわれました。それというのも、この「代表取締役」という肩書きがなかったら、「普通の人」になってしまうことになり、大変失礼に当たるのだそうです。


■【アドバイス】「肩書き」は努力の成果

「肩書き」はビジネスパーソンにとって、長年の努力の成果です。ですから、粗末に扱うことはできません。社内外の人の肩書きの変化にたえず関心を持ち、抜いたり間違えたりしないようにしましょう。ここで、役職名と職位の話について再確認です。


<<役職名の例>>

会社では職務上の権限の大きさによって役職名が決められています。たとえば次の通りです。

(例)経営陣(社長・専務・常務・取締役など)‐執行役員‐本部長‐部長‐次長‐課長‐係長‐主任

最近は、カタカナの役職名も目立ってきました。
(例)CSO、COO、マネージャー、チーフ など。


<<職位と資格>>

役職名のランク=序列のことを職位といいます。また、社内だけで決められた資格制度があり、経験や能力に応じて上がっていきます。たとえば、ある会社では支社長と部長、支店長と本社の次長は、役職名が違いますが、同一資格となっています。いずれにしても、その組織の方に最初に仕組みを聞いておきましょう。いらぬ恥をかかなくてすみます。


(今回のアドバイスは、インソース発行書籍『やり過ぎぐらいでちょうどいい!印象に残るビジネスマナー+α』よりお送りいたしました。良い本ですので、ぜひご覧ください。)

☆このメルマガが本になりました!ぜひご覧ください↓
 『内気でも活躍できる営業の基本』


おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー