営業職「誰もやらない」101の秘策

 【内気営業「中島」のマル秘営業テクニック】

営業職「誰もやらない」101の秘策

マナー上級編~お客様を初めてのお店にお連れするとき

内気営業「中島」のマル秘営業テクニック 【67】

マナー上級編~お客様を初めてのお店にお連れするとき

■お客様とお酒を飲みにいったことがあります

当社はあまりお客様とお酒を飲みにいくことはないのですが、私は一度だけ、行ったことがあります。お客様がお酒がお好きな方でお誘いくださり、お客様のおすすめのお店に、上司と一緒に行ってきました。そのときはお客様が慣れている方だったので、良かったのですが、もし自分がお客様をお店にお連れしなければならない立場だったら、一体何に気をつけたら良いのだろう?と思いました。そこで、当社の営業の先輩に質問してみました。


■【アドバイス】お客様を、初めてのお店にお連れするときのマナー
(営業の先輩 谷村)

相手に不快な思いをさせずに、満足してもらえるように気を配れることができたら、ビジネスマナーの上級者といえます。基本を身につけたら、一歩進んだ大人のマナー習得にも挑戦してみましょう。このマナーは、お客様でなく上司に置き換えても有効なので、ぜひお読みください。


■お客様を、初めてのお店にお連れする際にやっておくべきこと

お店のことやメニューなど、何かお客様に聞かれたときに、「いやぁー、私も初めてなので知りません」では、お客様に失礼です。大切なことは、事前に自分で下見をしておくことです。また、お客様の好きな食べ物や飲み物や、アレルギーのあるなしをお聞きしておくことも重要です。(わからなければ、事前にはっきり聞いても失礼にあたりません。)


■ステップ1.お店を下見して、予約を取る

1.責任者の方と名刺交換し、仲良くなっておく。
その際に、今回利用する目的を伝えておく。
2.お店の雰囲気、座る場所などの確認。
いい席があれば、リクエストしてみる。(間違っても、入口近くにならないように気をつける)
3.トイレなども確認する。(当日に、自分が案内できるようしておく)
4.当日お客様が迷ってもある程度案内できるように周辺を探索しておく


■ステップ2.お店がお勧めするメニューや人気メニューを把握する

1.自分の好みは考えない
2.タイプのちがうもの3種類は把握する。揚げ物、煮物、洋風、和風など、当日のお客様のご要望に応じてすすめられる程度に知っておく


■ステップ3.(当日)行く前には、一度連絡をいれる

1.遅れる場合はもちろん、遅れない場合でも今から行くと連絡しておく。
すると、スムースに席につけます。
2.遅れる場合は、必ず何分くらい遅れるかを連絡する。
3.メニューを決めるときに、まごつかない。
なかなか決まらない場合は、1、2品を自分で決めてオーダーし、その後ゆっくりと選んでもらいましょう。



■ステップ4.帰るときは、スムースにお店を出る

1.支払いでお客様を待たせない
(トイレに行ったついでなどに、支払いは済ませておく)
2.お客様の忘れものがないか最後確認する


おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー