営業職「誰もやらない」101の秘策

 

営業職「誰もやらない」101の秘策

パソコン操作を速くする

パソコン操作を速くする

たことは、「パソコン操作を速くする」ということ。そこで、どのようにすればパソコン操作を速くできるのか、先輩に聞いてみました。


■【アドバイス】「こういう機能があったら便利だな」から始める

(営業の先輩 関川)
「パソコン操作を速くする」。良いことだと思います。職場でよく使われる、ワードやエクセル1つであっても、ちょっとしたテクニックで間違いなく速く作業できるようになるんですよ。今回は、方法の1つとして、知っていたら間違いなく仕事の効率化につながる「Word操作のテクニック」をご紹介します。


■PCはビジネスパーソンの「仕事道具」!

具体的な話の前に私のエピソードを1つ。私の職場の先輩で、パソコン(以下PC)の操作が非常に早い人がいました。その先輩曰く、「大工は皆、大工道具を使いこなす。エンジニアは機械の操作を、美容師はハサミの使い分けを熟知している。俺たちビジネスパーソンにとって、PCは大事な仕事道具だ。仕事道具の使い方

■資料作りに時間がかかり、営業活動がおろそかになりがち

私はもともと喋りが苦手なので、お客様にお見せする資料を工夫するようにしていました。そうすると必然的に、作らなければならない資料の数が普通の人よりも多くなります。そうすると、資料作成や事務作業に時間が取られ、肝心の訪問や電話といった営業活動ができなくなってしまいます・・・。仕方がないので思いついを学ぼうとしないでどうする」とのことでした。新人だった私は、その言葉に感動し、Word、ExcelなどのPC操作を学ぼうと思いました。PC操作は「仕事ではないけれども、仕事に役立つ」部類に入るので、私にとってうってつけのスキルでした。


■どんどんフォーマットに追加する

具体的なトレーニング方法をお伝えします。下記の様なフォーマットのシートを用意します(私はExcelで管理しています)。あとは、普段仕事をしていて「こんなショートカットがあれば便利だな」と思ったらインターネットで検索して調べ、シートにどんどん追加していきます。

<操作>       <ショートカット> <こんな時に役立つ>
・書式のコピー    Ctrl + Shift + C  「所定の書式を複数箇所設定」
・書式の貼りつけ   Ctrl + Shift + V  「所定の書式を複数箇所設定」
・直前の操作をくり返す   F4      同じ操作を何回も繰り返すとき

◇実際に関川が使っているフォーマットをダウンロードできます(無料)
(エクセルで開きます 17.5 KB)


■「こういう機能があったら便利だな」から始める

PCスキルを高める上で、大事なのは以下の3点です。
(1)「こういう操作・こういう機能があったら便利だな」と効率化向上に対する意識を持つ
(2)疑問があったらその場ですぐに調べる
(3)調べた結果は必ずリストなどに蓄積させ、同じ内容を何回も調べないようにする

部署内で共有すれば、先輩など他の社員・職員が良く使う操作を共有でき、部署全体での仕事の効率化にもつながります。是非とも実践してみてください。


☆次回もお楽しみに。


おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー