営業職「誰もやらない」101の秘策

 【営業担当者としてパワーアップを図る】

営業職「誰もやらない」101の秘策

報告書作成のポイント

営業担当者としてパワーアップを図る 【14】

報告書作成のポイント

報告書の形式・分量、内容は「誰に」「何の目的で」報告書を提出するのかによって大きく違ってきます。それぞれ目的にあった「まとめ方」が必要です。


■提出する相手に着目する

≪トップ・役員へ提出する報告書≫

【内容】大口の商談、大きなトラブル、重大な環境変化、重大な情報(ライバル社の重大な動向)等。
【形式・分量】 A4用紙1枚程度で要旨のみ(約200字程度)。
【特徴】所見は必ずつける。また、すみやかに提出する。

トップ・役員は忙しいので、少ない文字数で専門用語など極力控えて、分かやすく書きます。また、経営判断にかかわる内容であるので、報告書はいち早く提出する必要があります。

所見をかならずつけ、判断の助言をします。トップ・役員は現場の詳細なことまで知らないことが多いので、現場担当者の意見をまず聞くことが多いためです。


≪上司、先輩など部署内に提出する報告書≫

【内容】商談、業務内容、出張、研修、トラブル、ライバル社の動向 等、通常業務における報告。
【形式・分量】 要旨をA4用紙1枚程度、詳細内容を書く必要があれば、2~3枚作成。
【特徴】所見は必要に応じてつける(必要かどうか聞く)。提出は翌日、遅くとも数日以内が基本。

報告目的にもよりますが、「簡単に書くように」と言われれば、「内容要旨」のみ(要旨のみで可)、もし、「詳細に知りたい」と言われれば、「内容要旨」+「詳細内容」とします。


■文字量に着目する

文字量を気にしながら報告書を作成すると、目的にあった上手な報告書が書けます。

ア.一言で報告する場合=50字(=12~13秒)にまとめる
イ.簡潔に1分で報告する場合=200字
ウ.一般的な報告書を作る(要旨+詳細内容)
 =A4用紙1枚で要旨、2枚~3枚で詳細内容


■文章表現の注意点

一気に文書を書き上げた場合には、特に見直しが必要です。必ず読み返して、チェックしましょう。

・「ですます調」と「である調」を混同しない。
・助詞の重複を避ける⇒文章を分割するなど、構成や表現を変えましょう。
・句読点の打ち方⇒その読点がないと、読みにくくなる場合や誤読される恐れがある場合には必ず打ちましょう。


営業力強化研修



おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー