営業職「誰もやらない」101の秘策

 【営業担当者としてパワーアップを図る】

営業職「誰もやらない」101の秘策

上司に情報を伝えるためのトレーニングとは?

営業担当者としてパワーアップを図る 【13】

上司に情報を伝えるためのトレーニングとは?

■組織、上司は何に興味があるのかについて考えて伝える

実は、「上司が興味のある情報をうまく伝えられない」というのは、組織で必要とされる論理力が不足していることが多いのです。組織には、組織特有の「ものの見方」が存在します。金融業なら金融業的な見方、製造業なら製造業なりの見方が存在します。組織特有の「ものの見方」とは、すなわち「自社において大切なこと」は何か?ということです。上司に情報を伝えるときは、あらかじめ、上司と「自社において大切なこと」は何か?ということについてすり合わせておくことが重要です。そうすることによって、組織にとって「論理的な」説明をすることができます。

■5W1Hが明確な情報を伝える

ビジネスにおいて、数字や日付などの、いわゆる5W1Hの情報は、非常に重要です。

5W1Hが欠落することによって、その情報は、だらだらととりとめなく長くなってしまったり、相手に誤った情報を伝えてしまうことがあります。これらを改善するためには、最低限以下の3点の重要性が分かっていなければなりません。

・「伝えるべき内容」を事前に考えておくこと
・「伝える内容」が過不足ないか確認しておくこと
・「伝える時間」が適切であること

■論理力と説明力を同時に鍛える要約説明トレーニング

これら2つを同時に鍛えるためには、「文書要約」と「1分間の説明演習」が極めて簡単で効果的です。そこで今回は、「要約説明」を中心に据えた、「伝える力トレーニング」を行います。

文書要約と要約説明のトレーニングをすることで、自分の「ものの見方」を明らかにすることができます。それが、他メンバーの解答と一致していれば、組織において求められる論理力を持っていると言えます。また、違っていた場合には、他メンバーと「違う点」を認識することで、「自社において大切なこと」が何かまた、「過不足」を明確に知ることができます。

要約を何度も繰り返すことで、だんだん、ものの見方のズレはなくなっていきます。また、要約した内容は忙しい上司に伝えることを考え、おおよそ1分程度で説明できる分量、つまり200文字程度にまとめます。200字程度にす るのはかなり苦しいですが、内容を取捨選択することは説明準備に有効です。完成した要約文を1分間で説明する練習を何度も何度も実際に繰り返し、声に出して行います。練習することで説明の技術は確実に向上します。

営業力強化研修


おすすめ研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー